機能

POINT1

未読・既読が分かる!担当チケットの確認漏れを解消!

通知されたチケット内容を「受信箱」で管理します。
「受信箱」内は 未読・既読 管理を行い、確認漏れによる作業の停滞等を防止します。
また、通知情報より、その場でチケットの編集も可能です。

   
通知チケット内容表示・その場で編集

POINT2

リマインダーを設定して作業忘れを防止!

未完了チケットに対して、再通知設定を行うことができます。
設定を行うことにより、期日間近・遅れチケットの確認が容易になります。

   
条件指定による再通知機能

POINT3

Slack連携でリアルタイムに伝わる!

通知されたチケット内容を「受信箱」で管理するだけではなく、グループ内で使用しているSlackに通知をすることができます。
アサインされた場合など、すぐに気づくことができ、素早い対応も可能となります。
プロジェクト毎にチケットのステータスによる通知設定が可能で、進捗状態の把握や情報の共有化を図ることができます。

   
Slack連携機能:個人設定

Lycheeチャネル

 

新たな機能のご要望をお聞かせください

 
ご請求

こんな機能が欲しい!というご要望をお聞かせください。
ひとつの意見では実現しなかった機能も、たくさんの賛同があれば実現する可能性が広がります。
欲しかった機能の実現に向けて、一歩踏み出しましょう。

要望を伝える
 

ご支援・ご要望お待ちしています