Lycheeスケジュール管理(ガントチャート)

3.4.1(2017-11-17)

機能改善/仕様変更:

  • ・ドラッグ操作でのガントバー作成の誤操作を防ぐため、クリックしただけではガントバーが作成されないようにしました。

バグ修正:

  • ・チケット一覧からガントチャートへ画面遷移した時に、クエリが初期化される問題を修正しました。
    ・ツールチップの合計作業時間のリンクをクリックするとエラー表示される問題を修正しました。
    ・チケットタイトルや説明欄で、文字列の間にスペースを入力して保存すると「+」が表示される問題を修正しました。

Lycheeスケジュール管理(チケットボード)

2.1.2(2017-11-17)

機能改善/仕様変更:

  • ・バーンダウンチャートの予定線で、休業日を考慮するようにしました。
    ・開始日を経過した未着手のチケットについて、かんばん画面と同様にバックログ画面でも警告アイコンを表示するようにしました。

バグ修正:

  • ・InternetExplorer11で、ツールチップのテキスト入力欄をダブルクリックしないとキャレットが表示されない問題を修正しました。
    ・FireFoxで右クリックからチケット作成ができなかった問題を修正しました。

Lycheeスケジュール管理(チケットセット)

1.5.1(2017-11-17)

バグ修正:

  • ・子チケットを持つチケットセットを削除できない問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント)

1.0.0(2017-11-16)

機能追加:

  • Lycheeタイムマネジメントをリリースしました。

    Lycheeタイムマネジメントは、直感的な工数入力により業務改善をサポートするプラグインです。

    カレンダー画面上で、チケットと作業分類をドラッグ&ドロップするだけで工数を入力できるので、
    現場担当者の工数入力の負荷を大きく軽減することができます。

    また、今日の予定は翌日には実績となるため、予定と実績の入力が1回で完了します。

    現場の工数入力が促進されることで正確なデータが蓄積され、
    マネージャはそれらを分析することで業務改善に繋げることができます。

     <主な機能>
     ・ドラッグ&ドロップによる工数入力
     ・直接作業、間接作業の入力
     ・各メンバーのスケジュール表示

Lycheeプロジェクトレポート

1.4.0(2017-11-17)

機能追加:

  • ・プロジェクトレポート画面で、表示する項目をクエリ保存できるようになりました。
    ・「チケットフィルタ」で、集計対象のチケットをフィルタリングできるようになりました。
    ・EVMでのPVを評価指標として扱えるように、カスタム指標に[過去期日の予定工数]が追加されました。
    ・カスタム指標で[作業時間]を選択した時、分母・分子それぞれで別の作業分類を指定できるようになりました。

機能改善/仕様変更:

  • ・集計値をより正確にするため、各指標の集計対象から親チケットを除外するようにしました。
    (管理>設定>チケットトラッキングの[親チケットの値の算出方法]で、進捗率が「子チケットから独立」になっている場合に限り、親チケットも集計対象になります。)
    ・プロジェクトレポートの各画面間で画面遷移できるようリンクを設置しました。
    ・指標設定の選択肢「カスタムフィールド」を「カスタム」に表記変更しました。
    ・単体プロジェクトレポート画面の[...more]を[もっと見る]に表記変更しました。

バグ修正:

  • ・他の画面からプロジェクトレポートの画面へ戻った場合に、表示項目が維持されるようにしました。

ページ上部へ