Redmineに登録された有効なアカウント数をライセンス数(閲覧のみもユーザーとします)とします。
一般的なマネージャーだけが使うスケジュール管理ソフトとは異なり、Redmineの優れた機能を土台として、マネージャーとメンバーがスケジュール管理・タスク管理・ナレッジシェア等の双方向のやり取りをリアルタイムに行うことができることが最大の特長です。