カレンダー形式の旧タイムマネジメントについて


この度、2022年10月で終了いたしました、
カレンダー形式の旧タイムマネジメントUI(以後、カレンダー形式タイムマネジメント)が
改めてLycheeの機能としてご利用いただけることが決定いたしました。

いろいろなご意見をいただき、誠にありがとうございました。
実装までには、まだお時間が必要となりますが、取り急ぎご報告をさせていただきます。

<リリース予定時期>
2023年8月ごろ

■今すぐカレンダー形式タイムマネジメントを利用したい方へ
現時点で今すぐカレンダー形式タイムマネジメントを利用したい場合は、弊社カスタマサポート宛へチケット起票をお願いします。

特別措置を実施し、カレンダー形式タイムマネジメントをご利用頂けるように対応いたします。
詳細については、頂いたチケットよりお伝えさせていただきます。

※なお、カレンダー形式タイムマネジメントと表形式タイムマネジメントの併用はできません。
 予めご注意下さい。

<カレンダー形式タイムマネジメント特別措置に対しての留意点>

特別措置につきましては、
以下の注意点があるため、ご確認ご了承の上チケットよりお申し込み下さい。

■予定作業時間
新タイムマネジメント→旧タイムマネジメントに移行した場合、新タイムマネジメントで記録した予定作業は消えてしまいます。

■実績作業時間
新タイムマネジメント→旧タイムマネジメントに移行した場合、新タイムマネジメントで記録した実績は旧タイムマネジメントのカレンダー上には表示されません。
(開始-終了時刻の情報を持っていないので配置できない)
ただし、作業時間自体のデータは残っているのでリソースマネジメントから見える実績時間は欠落しません。Redmineの作業時間も同様です。

以上、よろしくお願いいたします。

30日間無料お試し

導入企業7,000社突破!

進捗が見えるプロジェクト管理ツール

ガントチャート満足度No.1 Lychee Redmine

1分で簡単登録!無料で試す

製品カタログ・資料