ガントチャート ガントチャート

もっとシンプルに。もっとスピーディーに。
「見るだけ」ガントチャートが、「さわれる」ガントチャートに。

取説いらずで直感的に操作可能。早い・便利・使いやすいを実現。
「シンプル」が嬉しい、それがLycheeガントチャートです。

plugin_mainimg_gantt-chart

機能詳細ガントチャート

  

表計算ソフトのように、チケットを連続追加

「チケット追加モード」では、表計算ソフトのような操作感で連続してチケット追加が可能。
チケットを直感的に追加でき、WBSを容易に作成できます。

表計算ソフトのように、チケットを連続追加

ドラッグするだけで、ガントバー作成

開始日・期日が入力されていないチケットのガントエリアをドラッグするだけで、
ガントバーを作成。WBS作成がさらに簡単になります。

ドラッグするだけで、ガントバー作成
日付変更も、ガントチャート上で思いのままに。 日付変更も、ガントチャート上で思いのままに。

日付変更も、
ガントチャート上で思いのままに。

わずらわしい日付変更も、ガントチャート画面上でラクラク操作。カーソルの形に合わせてドラッグするだけで、カンタンに期間や開始日を変更できます。もうチケット画面で期間や開始日を打ち込む必要はありません。

クリック一つで、
先行・後続の関連設定可能。

先行・後続の関連設定も、ガントチャート上で可能。
グラフにカーソルを合わせて、
紐づけるチケットをクリックするだけ。
今までチケット画面でチケット番号を指定していた面倒な作業が、クリック一つでカンタンに。

クリック一つで、先行・後続の関連設定可能。
マイルストーンの表示

マイルストーンの表示

重要なマイルストーンやイベントを分かりやすく表示

親子関係も、設定ラクラク。
クリックでカンタン、失敗なし。

親子関係も左ペインで変更。
親チケットを選択した状態で、子チケットにチェックを入れて右クリックすると、「親子関係」の項目が現れます。
あとは、必要に応じて項目を選択するだけ。
チケット情報がどんなに多くても、クリック一つで変更できるから失敗なし。
もちろん、ガントチャートにすぐに反映。

親子関係も、設定ラクラク。クリックでカンタン、失敗なし。

ベースライン(基準計画)

過去の時点の計画を表示、比較しながら現在の計画を立てることができます

ベースライン(基準計画)

クリティカル・パスの表示

スケジュール全体の期日を決定づけるクリティカル・パスを表示

クリティカル・パスの表示
実開始日・終了日の管理

実開始日・終了日の管理

実開始日・終了日を入力できるようになり、ガント上に実線で表示されます

思いついたときに、思いつくままに。
スピーディーにチケット情報を変更。

ガントチャート上でチケット情報も編集可能。
カーソルを合わた際に表示される鉛筆アイコンから、タイトルやステータスなど各項目の編集ができます。
情報の変更や関連の削除も自由自在。
チケット画面でのみ操作できた右クリックによるコンテキストメニューも、
ガントチャート画面で表示できるようにしました。
チャートを見ながら、すぐに修正・反映ができます。

思いついたときに、思いつくままに。スピーディーにチケット情報を変更。
大きく見える、広く使える。ボタン一つでフルスクリーンに。

大きく見える、広く使える。
ボタン一つでフルスクリーンに。

全画面モードボタンをクリックすると、ガントチャートがフルスクリーンで表示。
作業領域が広がり、大画面で操作できます。
見やすさ・操作しやすさがアップしました。
細かい文字も一目でチェック。

スクロールしてもヘッダーはそのまま。
どれだけチケットが増えても大丈夫。

スクロールするたびにヘッダーが隠れてしまっては作業しにくい。
そこで、ヘッダーを固定して、スクロールしても日付や曜日を参照できるようにしました。
どれだけチケットが増えても、ヘッダーを見ながら作業はラクラク。

スクロールしてもヘッダーはそのまま。どれだけチケットが増えても大丈夫。

ガントチャートで工数見える化
どれだけチケットが増えても大丈夫。


『工数見える化』は、『Lycheeスケジュール管理』+『Lychee工数リソース管理』をご購入いただくことで利用できる便利機能です。

「リソースマネジメント」の機能が「ガントチャート」に追加されました!
スケジュール管理をしながら、日別の負荷状況が一目で確認/調整できるようになります。

ガントチャートで工数見える化

リアルタイムに工数を見ながら負荷をカンタン調整

負荷の調整も「ガントチャートをさわって」楽に行えます。

リアルタイムに工数を見ながら負荷をカンタン調整

ガントチャートについて、問い合わせをする

リリースノート

4.1.1(2019-06-25)

機能改善/仕様変更:

  • ・ガントチャートの表示オプションで、チケットがないバージョンの表示/非表示を切り替えることができるようになりました。
    チケットの無いバージョンを表示することでプロジェクトのマスタースケジュールを確認したり、他のプロジェクトとバージョンを共有している場合など見づらくなってしまう場合は非表示に切り替えることもできます。

バグ修正:

  • ・デフォルトのカスタムクエリを設定していても、カスタムクエリで指定された日付範囲指定が反映されないことがある問題を修正しました。
    ・バージョンの共有機能を使用して、親プロジェクトで作成したバージョンにサブプロジェクトのチケットを紐付けている場合、当該バージョンのガントバーや進捗率がサブプロジェクトのガントチャートでは表示されない問題を修正しました。
    ・フィルタ設定により表示されないチケットがあると先行・後続の関連付けができないことがある問題を修正しました。
    ・親子チケットをバージョンにドラッグ&ドロップしてバージョン設定した場合、Undoしても子チケットのバージョンが元に戻らない問題を修正しました。
    ・管理>設定>チケットトラッキングの設定で、親チケットの開始日/期日の算出方法を「子チケットから独立」に設定している場合に、親チケットの開始日/期日がガントバーのドラッグ操作で設定できない問題を修正しました。

4.1.0(2019-05-28)

機能改善/仕様変更:

  • ・工数見える化(担当者でグルーピング表示)モードの場合、チケットを担当者の行にドラッグ&ドロップするだけで担当者を設定できるようになりました。これで負荷の山崩しがより容易に行えます。
    ・工数見える化(担当者でグルーピング表示)モードの場合、担当者列は冗長になるため表示しないようにしました。
    ・チケットの並び順が変わった際のポップアップ通知を廃止し、ガントチャート右上の更新ボタンで適用できるようになりました。
    ・ガントチャートでは開始日や期日は月日のみ表示されていますが、マウスオーバーすることで年月日が確認できるようになりました。

バグ修正:

  • ・チケットの注記がひとつもない状態でガントチャートを表示すると、エラーメッセージが表示されることがある問題を修正しました。
    ・オプションの「自プロジェクトを含む上位プロジェクト」がOFFになっている場合、画面下部にある数字アイコンの階層ごとの一括開閉が正しく動作しない問題を修正しました。
    ・Redmine4.0.x系でオプションの「複数クリティカルパスを計算する」がOFFの場合、プロジェクト内に期日が設定されていないチケットがあるとクリティカルパスが正しく表示されない問題を修正しました。
    ・関連付けられないチケットに関連を設定しようとするとエラーメッセージが空白で表示されてしまう問題を修正しました。
    ・チケット追加モードをONにするとUndo/Redoが共にアクティブになる場合がある問題を修正しました。

4.0.0(2019-04-24)

機能追加:

  • ・「工数見える化」ボタンを有効にすることで、担当者ごとの工数が表示されるようにしました。(担当者をグループ条件にセットすることでも同様です。)
     負荷の調整もガントバーを移動するだけでリアルタイムに行うことができます。またこの機能はシミュレーションモード中でも行えます。
     (スポンサー様による機能追加です。ありがとうございます。)
     ※本機能をご利用いただくためにはLychee工数リソース管理(リソースマネジメント)のご契約が必要です。

機能改善/仕様変更:

  • ・出力されたPDFをAcrobat Readerで表示した際にナビゲーションパネルが表示されないように不要なしおりを削除しました。
    ・ガントチャートタブのLycheeアイコンを変更しました。

バグ修正:

  • ・ご利用されている環境によって、ソート条件を指定した場合に期待した並び順にならないことがある問題を修正しました。
    ・Redmine Bannerプラグインを使用している場合、ヘッダに表示されるはずのバナーがフッタ部分に表示されてしまう問題を修正しました。

3.9.6(2019-03-29)

バグ修正:

  • ・PostgreSQLデータベースを使用している環境で、オプションの注記吹き出しで日付を指定していない状態でPDF出力するとエラーになる問題を修正しました。
    ・シミュレーションモード中にチケットのドラッグ&ドロップで対象バージョンを変更できない問題を修正しました。
    ・長いテキスト型のカスタムフィールドでテキストの最短-最大長を0〜0に設定している場合、この項目をガントチャートのチケット編集フォーム上で変更しようとするとバリデーションエラーが発生する問題を修正しました。

3.9.5(2019-03-18)

バグ修正:

  • ・Redmine3.x系から4.0系にアップデートすると、既存のカスタムフィールドの編集画面を表示しようとした際にエラーになる問題を修正しました。
    ・チケット追加モード時に空欄ができたまま終了した場合、空欄がそのまま表示されてしまう問題を修正しました。

3.9.4(2019-03-04)

サポート:

  • ・Redmine4.0系に対応しました。

3.9.3(2019-02-18)

バグ修正:

  • ・一部環境でPDFが出力されない問題を修正しました。
    ・チケットのない終了バージョンは表示されないようにしました。
    ・Redmineを再起動すると、Lycheeベーシック(ワークデイズ)で設定された会社休日に色が付かない問題を修正しました。

3.9.2(2019-02-4)

サポート:

  • ・Redmine3.4.7以降の環境に対応しました。

3.9.1(2019-01-28)

機能追加:

  • ・シミュレーションモード中にその状態をPDF出力できるようになりました。
    (スポンサー様による機能追加です。ありがとうございます。)

3.9.0(2018-12-26)

機能追加:

  • ・手動ソートした状態をカスタムクエリに保存できるようになり、通常のソート機能だけでは実現できないチケットの並び順を他のユーザーと共有できるようになりました。(スポンサー様、ありがとうございます!)
    ・チケットをバージョンにドラッグ&ドロップすることで対象バージョンを設定できるようになりました。親チケットをバージョンにドラッグ&ドロップすると、子チケットのバージョンも一括で設定されます。(スポンサー様、ありがとうございます!)

機能改善/仕様変更:

  • ・プロジェクトのマスタースケジュールを確認できるように、バージョンはチケットと紐付いていない場合でも常時表示するようにしました。

バグ修正:

  • ・データ同期のポップアップウィンドウで[適用]ボタンを押すと、ガントチャート内のバージョンのバーが表示されなくなる問題を修正しました。
    ・ページをリロードすると注記吹き出しの大きさを変更できなくなる問題を修正しました。
動作環境
(サーバー)

OS:Linux(64bit) / Windows(64bit)
Redmine 3.2 〜 4.0.xまで
※Redmine 3.2は2020年3月3日にサポートを終了させていただきます。

Ruby 2.1〜2.5.x

動作環境
(クライアント)
Internet Explorer 11
Google Chrome / Firefox
動作保証 ・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格 オープン価格
お問い合わせ →こちらのフォームからお問い合わせください

ページ上部へ