スタンダード
ガンチャート

プロジェクトの全体像を把握
タスクやプロジェクトの進捗が一目瞭然に

すべてのタスクやプロジェクトの進捗が、状況により色分けされた棒グラフで表され一目で把握し、問題になりかねない作業をすばやく発見できます。

ガントバー
ドラッグ&ドロップで簡単
ガントバー作成

日付が設定していないチケットのガントエリアをドラッグ&ドロップするだけで、ガントバーを簡単に作成できます。

チケット連続追加
複数のチケットを
すばやく追加

「チケット追加モード」にすると、表計算ソフトのような操作感で連続してチケットを追加が可能です。

日付変更
スケジュールを見ながら
直感的な操作で日付を変更

カーソルの形に合わせてドラッグするだけで、簡単に期間や開始日を変更できます。

先行・後続の設定
作業同士の関連性が見え
チーム連携がスムーズに

作業の先行・後続を簡単に紐付できます。作業同士の関連性が見えるので、チーム内の作業連携がスムーズになります。

工程の大切なポイントをおさえながら
迅速かつ柔軟にスケジューリング

さまざまな指標を見ながらプロジェクトの状況が把握でき、ドラック&ドロップでスピーディーにガントバーの作成と変更ができます。直感的なインターフェースにより、急なスケジュール変更にも迅速かつ柔軟に対応できます。

他の機能との連携でさらに便利に

カンバンとの連携

各メンバーが登録した「カンバン」の課題進捗等の情報が、ガントチャートに集約されます。
リーダーはガントチャートを見るだけで、メンバーのタスク状況がリアルタイムに把握できます。

カンバン の詳細を見る→

Lychee工数リソース管理との連携

「Lychee工数リソース管理」との連携をおこなうと、工数を意識したスケジュールの組み立てが可能になります。 (「Lychee工数リソース管理」を同時購入いただくと利用できる機能です。)

Lychee工数リソース管理 の詳細を見る→

工数を見ながら負荷を簡単に調整

ガントバーと工数が連動して見えるので、ガントバーをスライドするだけで、負荷の無い適切なスケジュールを組むことができます。

負荷状況を考慮して自動でスケジューリング

オートスケジュール機能は、開始日を指定するだけ。負荷状況とプロジェクト計画時の工数をもとに自動でスケジューリングします。

30日間無料で始められます

きっと、あなたのプロジェクト管理の改善の一助になります
まずはトライアルを始めてみませんか

ページ上部へ