ガントチャート ガントチャート

もっとシンプルに。もっとスピーディーに。
「見るだけ」ガントチャートが、「さわれる」ガントチャートに。

取説いらずで直感的に操作可能。早い・便利・使いやすいを実現。
「シンプル」が嬉しい、それがLycheeガントチャートです。

plugin_mainimg_gantt-chart

機能詳細ガントチャート

  

表計算ソフトのように、チケットを連続追加

「チケット追加モード」では、表計算ソフトのような操作感で連続してチケット追加が可能。
チケットを直感的に追加でき、WBSを容易に作成できます。

表計算ソフトのように、チケットを連続追加

ドラッグするだけで、ガントバー作成

開始日・期日が入力されていないチケットのガントエリアをドラッグするだけで、
ガントバーを作成。WBS作成がさらに簡単になります。

ドラッグするだけで、ガントバー作成
日付変更も、ガントチャート上で思いのままに。 日付変更も、ガントチャート上で思いのままに。

日付変更も、
ガントチャート上で思いのままに。

わずらわしい日付変更も、ガントチャート画面上でラクラク操作。カーソルの形に合わせてドラッグするだけで、カンタンに期間や開始日を変更できます。もうチケット画面で期間や開始日を打ち込む必要はありません。

クリック一つで、
先行・後続の関連設定可能。

先行・後続の関連設定も、ガントチャート上で可能。
グラフにカーソルを合わせて、
紐づけるチケットをクリックするだけ。
今までチケット画面でチケット番号を指定していた面倒な作業が、クリック一つでカンタンに。

クリック一つで、先行・後続の関連設定可能。
マイルストーンの表示

マイルストーンの表示

重要なマイルストーンやイベントを分かりやすく表示

親子関係も、設定ラクラク。
クリックでカンタン、失敗なし。

親子関係も左ペインで変更。
親チケットを選択した状態で、子チケットにチェックを入れて右クリックすると、「親子関係」の項目が現れます。
あとは、必要に応じて項目を選択するだけ。
チケット情報がどんなに多くても、クリック一つで変更できるから失敗なし。
もちろん、ガントチャートにすぐに反映。

親子関係も、設定ラクラク。クリックでカンタン、失敗なし。

ベースライン(基準計画)

過去の時点の計画を表示、比較しながら現在の計画を立てることができます

ベースライン(基準計画)

クリティカル・パスの表示

スケジュール全体の期日を決定づけるクリティカル・パスを表示

クリティカル・パスの表示
実開始日・終了日の管理

実開始日・終了日の管理

実開始日・終了日を入力できるようになり、ガント上に実線で表示されます

思いついたときに、思いつくままに。
スピーディーにチケット情報を変更。

ガントチャート上でチケット情報も編集可能。
カーソルを合わた際に表示される鉛筆アイコンから、タイトルやステータスなど各項目の編集ができます。
情報の変更や関連の削除も自由自在。
チケット画面でのみ操作できた右クリックによるコンテキストメニューも、
ガントチャート画面で表示できるようにしました。
チャートを見ながら、すぐに修正・反映ができます。

思いついたときに、思いつくままに。スピーディーにチケット情報を変更。
大きく見える、広く使える。ボタン一つでフルスクリーンに。

大きく見える、広く使える。
ボタン一つでフルスクリーンに。

全画面モードボタンをクリックすると、ガントチャートがフルスクリーンで表示。
作業領域が広がり、大画面で操作できます。
見やすさ・操作しやすさがアップしました。
細かい文字も一目でチェック。

スクロールしてもヘッダーはそのまま。
どれだけチケットが増えても大丈夫。

スクロールするたびにヘッダーが隠れてしまっては作業しにくい。
そこで、ヘッダーを固定して、スクロールしても日付や曜日を参照できるようにしました。
どれだけチケットが増えても、ヘッダーを見ながら作業はラクラク。

スクロールしてもヘッダーはそのまま。どれだけチケットが増えても大丈夫。

ガントチャートで工数見える化


『工数見える化』は、『Lycheeスケジュール管理』+『Lychee工数リソース管理』をご購入いただくことで利用できる便利機能です。

「リソースマネジメント」の機能が「ガントチャート」に追加されました!
スケジュール管理をしながら、日別の負荷状況が一目で確認/調整できるようになります。

ガントチャートで工数見える化

リアルタイムに工数を見ながら負荷をカンタン調整

負荷の調整も「ガントチャートをさわって」楽に行えます。

リアルタイムに工数を見ながら負荷をカンタン調整

便利なオートスケジュール機能

スケジューリングしたいタスクを複数選択し、開始日を指定するだけ。
メンバーの負荷状況とプロジェクト計画時に見積もった工数をもとに
タスクを自動スケジューリングします。

ガントチャートのオートスケジュール機能

ガントチャートについて、問い合わせをする

リリースノート

4.6.3(2020-08-03)

機能改善/仕様変更:

  • ・マイルストーン表示時の表示速度を改善しました。

4.6.2(2020-07-16)

機能改善/仕様変更:

  • ・Shiftキーを利用したチケットの複数選択が可能になりました。
    ・チケット詳細ダイアログを開いた時点で「作業時間の記録」ボタンを表示させ、作業時間を手早く登録できるようにしました。
    ・Lychee CCPMを利用している場合、プロジェクトの設定>CCPMタブで指定したプロジェクトやバージョンの期間・バッファ残日数がガントチャートに反映されるようになります。 

バグ修正:

  • ・ユーザーの言語設定が英語の場合、実開始日・実終了日が正常に表示されない問題を修正しました。
    ・ruby2.6環境でOSSプラグインのredmine_jstoolbar_extとLycheeスケジュール管理(ガントチャート)4.5.1を同時に利用した場合に、エラーが発生する問題を修正しました。
    ・「他のユーザーの作業時間の入力」の権限が有効になっている場合、作業時間を登録した際にエラーが発生する問題を修正しました。

4.6.1(2020-07-01)

機能追加:

  • ・オートスケジュール機能を追加しました。
    従来手動で行っていたメンバーの負荷具合の確認や調整の時間を自動スケジューリングにより大幅に削減することができます。
    スケジュール対象のチケットと最初の開始日を指定すると、基準時間(8時間/日)をもとに自動スケジューリングされます。
    ※Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)を利用している場合、各担当者の割当稼働時間をもとに自動スケジューリングされます。

    <操作手順>
    ・スケジューリングしたいチケットを複数選択します。(担当者・予定工数を事前にセットしておきます。)
    ・チケットを選択した状態で、右クリックメニューから「オートスケジュール」を選択します。
    ・ダイアログで最初のチケットの開始日を指定すると表示が上のチケットから順に開始日・期日が設定されます。
    ・オートスケジュールの結果を反映する場合は「保存」ボタンで確定となります。

バグ修正:

  • ・ユーザーの言語設定が英語の場合、実開始日・実終了日が正常に表示されない問題を修正しました。
    ・Ruby2.6環境でOSSプラグインのRedmine jsToolbar ExtensionとLycheeスケジュール管理(ガントチャート)4.5.1を同時に利用した場合に、エラーが発生する問題を修正しました。

4.5.1(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

バグ修正:

  • ・右クリックメニューの編集をクリックしても編集画面が表示されない問題を修正しました。
    ・チケット連続追加モードで、子チケット作成時にエラーが発生する問題を修正しました。

4.5.0(2020-05-20)

機能追加:

  • ・チケット編集フォームがパワーアップしました。
     コメントの閲覧や編集ができるようになり、チケット編集に関するあらゆる操作がガントチャート上で完結します。

4.4.0(2020-04-02)

サポート:

  • ・Redmine4.1に対応しました。

バグ修正:

  • ・特定の操作を行うとガントチャートが表示されなくなる問題を修正しました。
    ・ベースライン表示中に画面をリロードするとガントチャートが動かせなくなる問題を修正しました。
    ・Lycheeカスタムフィールドで設定したプロジェクト毎のキーバリューリストの設定が正しく表示されない問題を修正しました。
    ・ユーザーのプロフィールアイコンが表示されない問題を修正しました。

4.3.0(2020-03-12)

機能改善/仕様変更:

  • ・プロジェクトが階層表示されている状態でも、親プロジェクトやサブプロジェクトそれぞれのマイルストーンを表示・編集できるようになり、プロジェクト全体のスケジュールを把握しやすくなりました。
    マイルストーンはプロジェクトの期間表示のバー上をクリックすることで作成できます。

4.2.5(2020-01-22)

機能改善/仕様変更:

  • ・既に進行中のチケットのステータスを変更した際は、実開始日が空であっても本日の日付をセットしないようにしました。
    ・画面スクロール時の描画速度を改善しました。

バグ修正:

  • ・ガントチャートをPDF出力した際に、マイルストーンが重複して表示される場合がある問題を修正しました。
    ・カスタムクエリが適用された状態のURLに直接アクセスした場合に、カスタムクエリが適用されていない問題を修正しました。
    ・シミュレーションモード中に、子チケットをドラッグ&ドロップで別の親チケットの下に移動させた場合、キャンセルしても元の状態に戻らない問題を修正しました。
    ・シミュレーションモード中に「親チケット」の項目をダブルクリックで編集してブランクにしても、画面表示上残ったままになる問題を修正しました。

4.2.3(2019-12-23)

バグ修正:

  • ・新しいチケットを作成した後にUNDOしてもチケットが削除されない問題を修正しました。

4.2.2(2019-11-19)

バグ修正:

  • ・ベースライン表示の際に、ベースラインのチケットのステータスが正しく表示されない問題を修正しました。
    ・チケットの階層の深さやチケット数によって、階層の一括開閉に時間がかかることがある問題を修正しました。
動作環境
(サーバー)

OS:Linux(64bit) / Windows(64bit)
Redmine 3.3 〜 4.1.xまで
※Redmine3.3系は2020年9月を目処にサポート終了とさせていただく予定です。

Ruby 2.3〜2.6.x

動作環境
(クライアント)
Google Chrome / Firefox
Chromium版 Edge / Internet Explorer 11
動作保証 ・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格 オープン価格
お問い合わせ →こちらのフォームからお問い合わせください

ページ上部へ