稼働時間、稼働率、生産性をグラフと表で
リアルタイムに把握できる。

ユーザーごとの稼働時間、稼働率、生産性を任意の期間、任意のプロジェクトで把握することができます。また、日単位、月単位やグループでまとめることも可能。様々な見方でリソースを把握し、マネージメントを支援します。

デモサイトで今すぐ体験30日間無料お試し
デモサイトで今すぐ体験30日間無料お試し

稼働時間

かんたんスケジュール管理で予実のマッチも実現可能。
グラフひとつで稼働状況が手に取るよう。

個人も全体も、グラフひとつで稼働時間が手に取るようにハッキリわかります。
スケジューリングも状況把握も、グラフの色を比べるだけでラクラク。

稼働率

「働きすぎ」をひと目でチェック。
空き状況も一発把握でアサインらくらく。

「今誰が空いている?」
「新規プロジェクトを依頼できる人は?」
――誰がどれだけ稼働しているのか今すぐ把握できるから、 無駄ゼロ、残業ゼロを叶えます。

生産性

プロジェクト達成の「質」にこだわること

――それが、生産性アップの秘訣です。
プロジェクトのスピード、コスト、そして成果をきちんと評価できていますか?
プロジェクトの成功のカギは、生産性にこだわることなんです。

リリースノート

1.7.3(2017-3-13)

機能改善/仕様変更:

  • ・Internet Explorerで日別/週別/月別人別の画面にて、グラフ上のチケットをドラッグ&ドロップできるようにしました。

1.7.2(2017-02-10)

機能改善/仕様変更:

  • ・日別/週別/月別人別の画面にて、グラフ上のチケットをドラッグ&ドロップできるようにしました。チケットの山崩しが直感的に行えます。(Internet Explorerをご利用の方は、次回リリースからご利用いただけます)

1.7.1(2017-01-16)

サポート:

  • ・Ruby2.3に対応しました。

1.7.1(2016-11-14)

機能改善/仕様変更:

  • ・チケット割り当て可能でないユーザを表示しないようにしました。
    ・ツールチップの表示をマウスオーバーからクリックで表示するようにしました。

バグ修正:

  • ・Google Chromeでツールチップの位置がずれることがある問題を修正しました。

1.7.0(2016-09-15)

サポート:

  • •Redmine3.3に対応しました。
    ※現時点はライブラリの都合によりRubyのバージョンは2.3未満の必要があります。

1.7.0 (2016-8-10)

機能追加:

  • •稼働時間のチケット内訳が月別に確認できるようになりました。
    (確認したい月の月の部分をクリックすると確認画面に遷移します)

1.6.1 (2016-5-16)

バグ修正:

  • •PostgreSQL使用時にエラーになっていた問題を修正しました。
    •クエリ適用時に警告を表示する対象ユーザ数の設定値を超えるユーザが表示対象になっていても警告のメッセージが表示されていない問題を修正しました。

1.6.0 (2016-3-07)

機能追加:

  • •稼働時間のチケット内訳が週別に確認できるようになりました。
    (確認したい週の日付の部分をクリックすると確認画面に遷移します)

バグ修正:

  • •特定環境における予定工数の算出方法の不具合を修正しました。
    •対象者の選択での不具合を修正しました。
    •Lychee Resource Managementにおける権限周りの不具合を修正しました。
    •週別、月別表示における背景色での問題を修正しました。

1.5.0 (2016-2-05)

機能追加:

  • •稼働時間のチケット内訳が日別に確認できるようになりました。
    (確認したい日付の日付の部分をクリックすると確認画面に遷移します)

1.4.0 (2016-1-12)

機能追加:

  • •条件をカスタムクエリとして保存できるようにしました。
    •稼働時間の背景色の閾値を設定できるようにしました。(リソースマネージメント画面の設定から行うことができます)

1.3.0 (2015-12-4)

機能追加:

  • •権限を以下のようにしました。
    ◦全プロジェクトのリソースマネジメントの管理(全プロジェクトのリソースマネージメントの閲覧、稼働時間の設定が行えます)
    ◦参加しているプロジェクトのリソースマネジメントの管理(参加しているプロジェクトのリソースマネージメントの閲覧、稼働時間の設定が行えます)
    ◦参加しているプロジェクトのリソースマネジメントの閲覧(参加しているプロジェクトのリソースマネージメントの閲覧が行えます)

サポート:

  • •PostgreSQLに対応しました。

機能改善/仕様変更:

  • •デフォルトの表示をログインユーザーの参加しているプロジェクトに変更しました。

バグ修正:

  • •予定・実績の背景色での不具合を修正しました。

1.2.1 (2015-10-16)

バグ修正:

  • •特定条件下における予定工数の計算の不具合を修正しました。

1.2.0 (2015-09-03)

機能改善/仕様変更:

  • •プロジェクト>モジュール>Lychee Resource Managementのチェックをonにしなくても、プロジェクトを絞り込む場合のプロジェクト一覧に表示するようにしました
    •休業日を赤色で表示するようにしました。

バグ修正:

  • •システム管理者以外で絞り込み表示ができない問題を修正しました。
    •実績工数がプロジェクトで絞りこまれない問題を修正しました。

1.1.0 (2015-08-21)

機能追加:

  • •csvダウンロード機能を追加しました。

サポート:

  • •Redmine Work Days pluginに対応しました。

機能改善/仕様変更:

  • •管理>プラグイン>Lychee Resource Management>設定でハイライトできる表示人数を設定できるようにしました。
    •生産性の表とグラフの表示幅を前30日にしました。

バグ修正:

  • •条件横の「▶」が機能していない問題を修正しました

もっと見る
動作環境
(サーバー)

OS:Linux / Windows
Redmine 2.4 〜 3.3.x

Ruby 2.0〜2.3.x

動作環境
(クライアント)
Internet Explorer 11
Google Chrome / Firefox
動作保証・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格オープン価格
お問い合わせ→こちらのフォームからお問い合わせください