ライセンス

料金プラン

クラウド

オンプレミス

クラウドライセンス

運用を楽に、
手軽に使いたい方に
ライセンス詳細

サブスクリプション
ライセンス

自社サーバーで
一定期間運用したい方
ライセンス詳細

買取ライセンス

自社サーバーで
運用したい方
ライセンス詳細
プラグイン名 サービス利用料(10ユーザー/月)   ライセンス料(10ユーザー/月)   ライセンス費用(10ユーザー/年 初年度)   サポート料(10ユーザー/年 次年度~)
Lycheeベーシック【必須】
プロジェクトテンプレート
プロジェクトビュー
¥500   ¥500   ¥15,000   ¥4,500
Lycheeスケジュール管理
ガントチャート
チケットボード
・かんばん
・バックログ
・チケットセット

チケットセット
¥4,000   ¥4,000   ¥120,000   ¥36,000
Lychee工数リソース管理
プロジェクトテンプレート
プロジェクトビュー
¥3,000   ¥3,000   ¥90,000   ¥27,000
Lycheeプロジェクトレポート ¥4,000   ¥4,000   ¥120,000   ¥36,000
Lychee EVM ¥1,000   ¥1,000   ¥30,000   ¥9,000
Lycheeカスタムフィールド ¥1,000   ¥1,000   ¥30,000   ¥9,000
Lycheeチケット関連図 ¥500   ¥500   ¥15,000   ¥4,500
サーバー基本利用料 ¥20,000~ / 月【必須】

サーバースペックにより価格が異なります。
下記サーバー基本利用料をご参照ください。

     
販売単位 10ユーザー   10ユーザー   10ユーザー
最低契約期間 3ヶ月~   3ヶ月~  
標準サポート
・サポート用Redmineにて
チケット(Q&A)対応
・プラグインのバージョンアップ
サービス料に含む   ライセンス料に含む   ・初年度ライセンス料に含む
・次年度以降ライセンス料の30%
納品物(初回) 接続先URLとログイン情報
契約証書
納品書
  ダウンロードURL
ライセンス・サポート証書
納品書
  ダウンロードURL
ライセンス証書
サポート証書
納品書
納品物(更新) 契約証書   ダウンロードURL
ライセンス・サポート証書
納品書
  ダウンロードURL
ライセンス証書
サポート証書
納品書
導入相談をする   導入相談をする   導入相談をする

※プラグイン利用数カウント方法:次ページのライセンス数カウント方法を参照
※Lychee工数リソース管理 タイムマネジメントの【Googleカレンダー連携】は、有償オプションになります。
(・クラウド、タイムド:¥500/10ユーザー月 ・買取:¥15,000円 )

サーバー基本利用料(消費税別)

サーバスペック   推奨ユーザ数(※)   金額 サーバスペック   推奨ユーザ数(※)   金額

1vCPU 2GB mem(サーバ1台)

  1~100  

¥20,000

8vCPU 32GB mem(サーバ2台)

  301~500  

¥80,000

2vCPU 3.75GB mem(サーバ1台)

  101~300  

¥40,000

16vCPU 64GB mem(サーバ2台)

  501~1000  

¥160,000

※ユーザー数:Redmineに登録されているユーザーのメールアドレス数

■買取のライセンスを追加した場合について

追加ライセンスの次回、サポート更新期間は、最初に購入したライセンスのサポート更新の契約期間に揃えます。

例)2018年1月に最初の買取ライセンスを購入し、7月に20ユーザー追加、10月に30ユーザー追加した場合

オプションサービス

問い合わせサービス(Lychee以外のRedmine全般)

  サービス   内容   詳細
Q&A   トータルサポートプラン   ¥200,000/10件/ 年  

年間10件まで お問い合わせ専用Redmineでのお問い合わせに対応します。
Lychee Redmineに限らないRedmine全般の内容について回答いたします。
技術的な内容については2件以上消費する場合がございます。
OSSプラグインの仕様についてなどは、調査ボリュームによっては別途お見積りとなります。

研修・定着化支援サービスお客様のご希望の各種プランを組み合わせて、ご利用いただけます。(消費税別途)

  サービス   内容   詳細
研修   Lychee Redmine 基礎講座

・座学
・動画公開中
https://bit.ly/2z6WpYW
※いつでも視聴できます!

  無料 (1.0H)  

Lychee Redmine の基本的な機能をご説明いたします。
・Redmineとは ・Lychee Redmine機能説明
 Lychee ベーシック(プロジェクトビュー、プロジェクトテンプレート)
 Lychee スケジュール管理(ガントチャート、カンバン、チケットセット)
何名様でも何回でもご参加いただけます。

  Lychee Redmine ハンズオン
基礎講座

・オンサイト
・日時指定可能
・ハンズオン

  ¥200,000/ 回(4.0H)  

お客様ご指定場所にご訪問して、Lychee Redmineの基本的な機能を使用して、プロジェクトの作成からPMによる計画、担当者のチケット運用、進捗確認をハンズオン形式で学習していただきます。
  Lychee ベーシック(プロジェクトビュー、プロジェクトテンプレート)
  Lychee スケジュール管理(ガントチャート、かんばん、チケットセット)
・10名まで
・Lychee Redmine 基礎講座(座学)を含む場合は、+1.0h追加となります。

  Lychee Redmine ハンズオン基礎講座

プラグイン追加オプション

  +¥100,000 /回(2.0H)  

Lychee Redmineハンズオン基礎講座の研修内容に下記のプラグインを追加します。
  Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント、リソースマネジメント)
  Lycheeプロジェクトレポート
  Lychee EVM

  一般ユーザー研修プラン

・オンサイト
・日時指定可能
・座学

  ¥200,000 /回(4.0H)  

・Redmine及びLychee Redmineの利用に関する説明会(購入したプラグインが対象)の実施
・30名までの、主に一般ユーザーを対象にRedmineの基本的な使い方・操作を中心に半日コースで研修します。
・追加費用:30名追加毎に追加¥200,000
・大規模研修の場合は、別途ご相談。

  運用管理支援プラン

・オンサイト
・日時指定可能
・座学

  ¥300,000 /回(4.0H)  

・Redmine及びLychee Redmineの運用管理に関する説明会(購入したプラグインが対象)の実施
・20名までの、主に管理者を中心としたユーザーを対象にRedmineの効果的な運用管理の方法について、質疑応答を中心に半日コースでご支援します。
・追加費用:20名追加毎に追加¥300,000
・大規模の場合は、別途ご相談。

定着化
支援
  導入支援
コンサルティングプラン

  ¥500,000 /2ヶ月  

・Redmine運用経験豊富なコンサルタント2名で1日1回3時間,2回訪問(ヒアリング、提案)を基本とします。
・以下の流れを基本に、Redmine導入後の御社の業務状況や定着の度合いに合わせてRedmine運用全般についてご支援します。
ヒアリングとスピードを重視した現状課題の解決を優先とするため、成果物は、お客様と都度協議の上で必要に応じて提出します。
 第1フェーズ:ヒアリング
 第2フェーズ:提案&フィードバック
 第3フェーズ:運用開始

※ご訪問のプランの場合、大阪近郊以外は、交通費・宿泊費が別途精算になります。

購入までのプロセス

お支払い方法は、ご契約時に銀行振込一括払いとなります。分割払いは、分割回数 1回あたり¥1,000 / 回が別途発生いたします。

ディスカウントについて

両方適用ですと、10%OFFとなります。
導入事例、ロゴは以下のように弊社ホームページで掲載させていただきます。
https://lychee-redmine.jp/case/

長期契約割引(クラウド・タイムドのみ)について
2年以上の継続契約のご注文で、プラグイン価格を割引します。
・タイムドライセンスの場合は、ライセンス料に適用。
・クラウドの場合は、サービス(プラグイン)利用料に適用。
(サーバー基本利用料、オプションには適用されません。)

クラウド セキュリティ・運用体制

システム要件

1〜100ユーザー 101〜300ユーザー 301〜500ユーザー 500〜1,000ユーザー
マシンスペック CPU 2vCPU 2vCPU 4vCPU 8vCPU
メモリ 2GB 4GB 16GB 32GB
ディスク容量(*1) 100GB
基本サービス
メール送信機能
SCM(ソースコード管理)(*2)
データバックアップ 7世代(日次)
HA構成 要相談
サービス監視(*3)
リソース監視(*4)
サポート メールサポート 2営業日以内一次対応
電話サポート(*5)
(営業時間内)
保守 Redmineバージョンアップ(*6)
プラグインバージョンアップ(*7)
OS/ミドルウェアバージョンアップ(*8)
オプション ログファイルの提供 ¥30,000 / 月
(年間契約)
Lycheeクラウド の監査ログを取得し、ご要望いただいた際に提供いたします。システムログには対応しておりません。最大月1回となります。ログ整形のご要望は、別途、個別見積もりとなります。
サードパーティ製プラグイン追加 5個まで無料
6個以上は、
¥1,000 / 5件毎 / 月
Lycheeクラウドへご指定いただいたサードパーティ製プラグイン(OSSプラグイン)を追加します。5個まで無料となります。
 例)
 プラグイン06〜10個 1,000円/月
 プラグイン11〜15個 2,000円/月
・インストールされているプラグインが5個以下の場合は、導入後(使用途中)での追加、入替え依頼も5個まで無料で対応いたします。
既存Redmineデータ移行 ¥50,000〜 / 回 お客様から下記のRedmineのデータをお送りいただき、Lycheeクラウドで利用できるようセットアップします。
・Redmineのデータベースのdumpデータ (PostgreSQL、MySQLのいずれか)
・添付ファイルデータ (Redmineのインストールディレクトリのfiles以下)

<ご注意事項>
・SubversionとGitのデータは対象外となります。
・一つのRedmineのデータが移行対象となります。
・一部のデータ、特定のプロジェクトやユーザーのデータのみを取り出しての移行はできません。
・複数のRedmineのデータを一つのLycheeクラウドに集約することはできません。
追加ディスク 100GBあたり¥1,000 / 月 標準容量(100GB)を超えるディスク容量が必要な場合、100GB単位で追加可能です。
接続元IPアドレス制限 構築時無料
以降
¥3,000 / 20個毎 / 回
指定された接続元IPアドレスからのみ、Lycheeクラウドへのアクセスを許可します。
・グローバルIPアドレスのみ指定可能です。
・クライアント証明書との併用は出来ません。(別途、ご相談)
クライアント証明書 ¥50,000 / 証明書 / 年 クライアント証明書がインストールされた端末のみ、Lycheeクラウドへのアクセスを許可します。
・初期費用無し
・証明書の数は1枚
・クライアント数無制限
正常に稼働していることを管理するとともに、障害発生時に対応します。

証明書をアジャイルウェアが用意する/しないに関わらず、価格は50,000円

お客様都合による鍵交換は、別途、20,000円/回
例)
・有効期限を設定した場合の更新
・漏洩または紛失などした場合の証明書再発行

なお、サービス提供開始はご注文から1.5〜2ヶ月後となります。
1.日程調整
2.AW→お客様へクライアント証明書をお渡しする
3.お客様にてユーザーに配布(2週間程度の想定)
4.クライアント証明書の切替(4時間程度のサービス停止が発生)
切替時に4時間程度のサービス停止が発生いたします。基本的には平日日中帯の作業となります。平日夜間、土日作業の場合は、別途、費用が発生いたします。

・接続元IPアドレス制限との併用は出来ません。(別途、ご相談)
バックアップデータ提供 解約時1回のみ無料
検証環境は有償
¥50,000〜/回
Redmineのデータ (dumpデータ)
Redmineのチケット・wiki等への添付ファイル(インストールディレクトリのfiles以下をtar.gz形式で圧縮)
Subversionのデータ (dumpデータ)
30日間
お試し
無 料

オプションとして、更に高スペック、24時間365日電話対応プランもございます。

Lychee Redmineが不要なお客様にも対応いたします。ご相談ください。

(*1)ディスクはRedmine+SCM共有 (*2) Git、SVNから選択して利用可能 (*3)自動復旧対応:サービスダウン時自動で復旧を試みます
(*4)監視項目:CPU使用率/メモリ使用率/ディスク使用率 (*5)営業時間平日10〜17時
(*6)年二回程度(導入プラグインの動作保証バージョンによる) (*7)動作保証次第 都度(Redmineの動作保証バージョンによる)
(*8)月一回(緊急の対応が必要な場合は逐次)

セキュリティ

システム面のセキュリティ

  • ウェブアプリケーションの保護
  • ネットワークセキュリティ・脆弱性対策(IDS/IPS)
  • ウイルス・マルウェア対策
  • 改ざん検知
  • セキュリティログ監視
  • ファイアウォール
  • 定期的な脆弱性検査

脆弱性検査に関しては、以下のツールにて検査しております。

  • VULS
  • フューチャーアーキテクト社が中心に開発しているLinux用脆弱性スキャナ

  • Brakeman
  • Ruby on Rails用のセキュリティ静的コード解析ツール

その他、使用する製品名・技術などの詳細な情報は、セキュリティ上の観点で開示しておりません。

バージョンアップに関して

  • 当社Lychee Redmineプラグインは、原則毎月更新されます。
  • Redmineのバージョンアップは、ソフトウェア提供元のサポートバージョンを追随するように実施します。
  • 重大な脆弱性が確認された場合は、速やかにアップデートします。
  • バージョンアップ作業時は、サービスが停止します。

運用

バックアップ

  • Redmineのデータベース(1日1回、AWS RDSのスナップショットで7世代管理)
  • Redmineにアップロードされた添付ファイル(アップロード時即時、AWS S3に同期)

ログの保管

  • 対象:アクセスログおよびRedmineのログ
  • 期間:6ヶ月

ログファイルの提供に関して

  • 原則ログファイルの提供は行なっておりません。
  • ただし、セキュリティインシデント調査、裁判所の指示、法令・条例に基づく調査・捜査で提供する場合があります。別途ご相談ください。

サーバへのSSHアクセスに関して

  • 公開鍵暗号方式によるSSH接続
  • インターネットからは直接サーバへSSH接続ができず、当社管理の非公開プロキシサーバ経由で接続するようになっています。
  • 担当部門外からのSSH接続は許可しておりません。

監視

監視システムを使って24時間365日監視を行なっております。異常が見られれば、システム管理者宛に通知されます。継続的にサービスができないと判断した場合は、お客様担当者宛に連絡いたします。

  • 死活監視
  • パフォーマンス監視(CPU、メモリ、ディスクIO、ネットワーク、DBコネクション)
  • ディスク容量