Lycheeコスト

プロジェクトの収⽀管理における課題、
Lycheeコストが収支の見える化で解決します!

  • 工数・予算/利益管理が別で⾯倒

    メンバーの⼯数管理はできていたが、メンバーによって単価が異なるため予算と利益管理は別に管理。複数のPJを担当しているため、⼆重管理のコストが⾼く⾯倒。

  • 経費も含めたPJの利益管理がしたい

    ⼯数的には問題ないPJも、途中で想定外の経費を使⽤しており、最終的に利益率が下がってしまい、課全体としても利益率が安定させづらい。

  • 収⽀報告⽤の作業を効率化したい

    PJが予定通り成功しても、しなくても収⽀報告⽤の資料を都度エクセルで作成し、数字の誤記がないようチェックして…という作業が⾮常に⼿間だった。

解決

  • ⾒える化
    1

    リソースごとのコストを
    ⾒える化

    各グループ別ごとに⼯数単価を設定
    「単価」✕「作業時間」でリソースごとにリアルタイムな『コストの可視化』が可能!

  • ⾒える化
    2

    経費の⾒える化

    プロジェクトごとに経費の登録が可能
    EVMやプロジェクトレポートに取り込み、より正確な収⽀を把握できる!

Lycheeコストはプロジェクトのコストを可視化し、
損益計算、改善を実現します

プロジェクトレポートでコストを見える化

プロジェクトレポートの全体画面で予算やコスト予想金額を見える化することで
進行中のプロジェクトの収支予測の俯瞰が可能になります。

各プロジェクトの「今」を、ひと目で確認できます

プロジェクトの経費を設定

プロジェクトで発生する経費を入力することができ、プロジェクトにかかる経費を一覧で見る事ができます。

どんな立場の人に対しても、プロジェクトが見える化されます

EVMでコスト分析

プロジェクトに係る費用をRedmineに集約し
金額ベースでEVMのグラフ表示が可能になります。

報告書作成も手間いらず

コストグループ単位で単価の設定が可能

コストグループ別の工数単価を設定できるようになります。
その単価をもとに、今まで工数でしか把握できなかったEVMが金額ベースで分析できるようになり、
プロジェクトに対する現在の状況や予測の分析がさらに容易になります。

グラフ化された指標で、変化も一目瞭然

リリースノート

1.0.6(2019-11-19)

お知らせ

  • Lycheeコストをリリースしました。

機能追加:

  • ・ユーザーごとの単価やプロジェクトにかかる経費を設定することでプロジェクトのコストを可視化し、収支状況をリアルタイムに確認することができます。
    Lychee EVMやLycheeプロジェクトレポートでも金額ベースでの表示が可能になります。
動作環境
(サーバー)

OS:Linux(64bit) / Windows(64bit)
Redmine 3.2 〜 4.0.xまで
※Redmine 3.2は2020年3月3日にサポートを終了させていただきます。

Ruby 2.1〜2.5.x

動作環境
(クライアント)
Internet Explorer 11
Google Chrome / Firefox
動作保証 ・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格 オープン価格
お問い合わせ →こちらのフォームからお問い合わせください

ページ上部へ