プレミアムプラン
EVM(出来高管理)

プロジェクトの進捗・コストにおける健全性を予測し、問題をいち早く察知します

納期遅延や予算超過などの兆候にいち早くに気づき、正しい判断で素早いアクションに導きます。
コストマネジメントをおこなうには必要不可欠です。

EVM(出来高管理)

EVM(出来高管理)
EVMをリアリタイムで
計算しチャートグラフに

チケットに登録した期日や工数のデータを元にEVM(Earned Value Management:出来高管理)を集計し計算、グラフにします。
例えば、総コスト(EAC)が当初予算(BAC)の範囲に収まるか、現在の開発ペースから予測できます。
SPI+CPIでは、スケジュール・コストから見た効率化指数が示され、納期遅延や予算超過の予兆が検知できます。

EVM(出来高管理) EVM(出来高管理):SPI+CPI  

EVMの主な指標

PV(計画上の出来高) 各チケットの期日を基準とした「予定工数」の累計
AC(実際にかかったコスト) 各チケットの「作業時間の記録」の累計
EV(完成している実績値) 各チケットの進捗率と予定工数から算出した実績値の累計
BAC(プロジェクト完了時総予算) プロジェクト終了予定日のPV
EAC(ACから予測する完成時コスト) EAC = AC + { (BAC – EV) / CPI }
SPI(スケジュールから見た効率指数) SPI = EV / PV
CPI(コストから見た効率指数) CPI = EV / AC

ベースライン比較
2つの基準日で
EVMの指標を比較

「ベースライン比較」を使い、2つの基準日を設定すると、2つの基準日のEACなどのEVMを重ねて比較できます。仕様追加で予算変更があっても、変更に応じた必要な指標が得られます。

EVM(出来高管理):ベースライン比較

他の機能との連携でさらに便利に

チケット一覧との連携

チケット一覧画面で「Lychee EVM」にチェックを入れ設定すると、チケットごとのEVMの値 (PV、EV、SV、CV、CPI、SPI) が一覧で確認できます。

チケット一覧にEVMの値を表示 の詳細を見る→  
チケット一覧との連携

30日間無料で始められます

きっと、あなたのプロジェクト管理の改善の一助になります
まずはトライアルを始めてみませんか

ページ上部へ