カスタムフィールドがより見やすくなり、
管理効率が大幅にアップします。

カテゴリ分けすることで、カスタムフィールドがスッキリわかりやすくなります。
リストの選択肢で必須設定ができたり、プロジェクト毎にリスト値の変更ができることで、より見やすいカスタムフィールドが実現します。

カスタムフィールドをカテゴライズ

任意のカテゴリを作成し、カスタムフィールドを纏めることができます。

カスタムフィールドをカテゴライズ

選択肢ごとに必須項目を設定

キー・バリュー・リストの選択肢によって、
カスタムフィールドの必須/非必須入力を設定することができます。
(キー・バリュー・リスト限定)

選択肢ごとに必須項目を設定

プロジェクト毎にリスト値の変更可能

プロジェクト毎にリスト値の変更可能

リリースノート

1.1.1(2018-4-16)

サポート:

  • ・Agilewareライセンスマネージャープラグインのインストールが必須になりました。

バグ修正:

  • ・Lycheeカスタムフィールドプラグインがインストールされている場合、「管理」>「カスタムフィールド」画面でキー・バリューリストの選択肢を削除するとエラーになる問題を修正しました。
    ・「カスタムフィールド必須設定」で一度でも必須に設定されたカスタムフィールドは削除できなくなる問題を修正しました。

1.1.0(2018-03-22)

機能改善/仕様変更:

  • ・プロジェクトの「設定」にある「プロジェクトごとのKVs」のタブを「プロジェクトごとのリスト」タブに統合し、操作方法も統一しました。

バグ修正:

  • ・「リスト」「キー・バリュー リスト」のプロジェクトでのリスト値変更画面を統一しました。
    ・Internet Explorer 11で書式「日付」のカスタムフィールドの右側に、カレンダーアイコンが表示されない問題を修正しました。
    ・書式「長いテキスト」のカスタムフィールドで「ワイド表示」を有効にしていると、チケット詳細画面で同じカスタムフィールドが複数個表示される問題を修正しました。
    ・チケット詳細画面で、書式「長いテキスト」のカスタムフィールドで「ワイド表示」が有効になっているものは他のカスタムフィールドよりも後ろに表示するように修正しました。
動作環境
(サーバー)

OS:Linux / Windows
Redmine 3.2 〜 3.4.x

Ruby 2.0 〜 2.4.x

動作環境
(クライアント)
Internet Explorer 11
Google Chrome / Firefox
動作保証 ・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格 オープン価格
お問い合わせ →こちらのフォームからお問い合わせください