タイムマネジメント

工数を簡単に入力できる直感的なインターフェース

タイムマネジメント

直感的な入力画面で、簡単に工数管理。
入力された実績で業務改善をサポートします。

直感的な工数入力

入力画面ではカレンダーが週表示され、
「直接作業」「間接作業」そして「チケット」をドラッグ&ドロップで割り当てできます。
チケットを一つ一つ開いて、工数を入力する必要はもうありません。

直感的な工数入力

メンバー全員の予定と実績を、ひと目で把握

他のメンバーが入力した工数も色別表示。
各メンバーの勤務予定や実績が浮かび上がります。

メンバー全員の予定と実績を、ひと目で把握

スケジュールをGoogleカレンダーに連携
【※有償オプション】

追加した予定をGooleカレンダーに連携することができます。
編集した内容も即時反映されます。

スケジュールをGoogleカレンダーに連携

【スポンサー募集中機能】
勤怠と工数実績との突き合わせが簡単に

勤務実績管理画面では、担当者別の勤務予定と実績が表示されます。

勤怠連携した時間と実績時間が、大きく異なる箇所が色付け表示されますので、
整合性の正しくない箇所がひと目でわかります。

【スポンサー募集中機能】勤怠と工数実績との突き合わせが簡単に

リソースマネージメント

「今誰が空いているかわからない」「予実をマッチさせたい」
「スタッフの負担がバラバラ」…そんなマネージャの悩みに
Lycheeリソースマネージメント。

Lycheeリソースマネージメント

稼働時間、稼働率、生産性をグラフと表で
リアルタイムに把握できる。

ユーザーごとの稼働時間、稼働率、生産性を任意の期間、任意のプロジェクトで把握することができます。また、日単位、月単位やグループでまとめることも可能。様々な見方でリソースを把握し、マネージメントを支援します。

稼働時間
かんたんスケジュール管理で予実のマッチも実現可能。
グラフひとつで稼働状況が手に取るよう。

個人も全体も、グラフひとつで稼働時間が手に取るようにハッキリわかります。
スケジューリングも状況把握も、グラフの色を比べるだけでラクラク。

稼働時間かんたんスケジュール管理で予実のマッチも実現可能。グラフひとつで稼働状況が手に取るよう。

マウス操作でチケットの山崩し

グラフ上のチケットをドラッグ&ドロップすることで、チケットの山崩しが直感的に行えます。
チケットを平準化することで、個人別のタスクの偏りを防ぐことができます。

マウス操作でチケットの山崩し

稼働率
「働きすぎ」をひと目でチェック。
空き状況も一発把握でアサインらくらく。

「今誰が空いている?」
「新規プロジェクトを依頼できる人は?」
――誰がどれだけ稼働しているのか今すぐ把握できるから、 無駄ゼロ、残業ゼロを叶えます。

稼働率「働きすぎ」をひと目でチェック。空き状況も一発把握でアサインらくらく。

生産性
プロジェクト達成の「質」にこだわること

――それが、生産性アップの秘訣です。
プロジェクトのスピード、コスト、そして成果をきちんと評価できていますか?
プロジェクトの成功のカギは、生産性にこだわることなんです。

生産性プロジェクト達成の「質」にこだわること

リリースノート

Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント)

2.3.2(2019-10-28)

バグ修正:

  • ・マイカレンダー画面でマイタスクに同一のチケットが重複して表示される問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)

2.2.1(2019-10-28)

バグ修正:

  • ・特定の環境で設定画面へのリンクに歯車アイコンが表示されないことがある問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント)

2.3.1(2019-10-04)

バグ修正:

  • ・管理しているプロジェクトが多い場合、マイカレンダーの表示に時間がかかってしまう問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)

2.2.0(2019-10-04)

機能追加:

  • ・集計対象項目に「作業分類」を選択できるようになり、たとえば『設計』や『実装』『テスト』など、作業の種類ごとにどれぐらいの時間を使ったのか分析できるようになりました。Lycheeタイムマネジメントを使用している場合は、直接作業だけでなく間接作業についても集計できます。

バグ修正:

  • ・チケット数が多い場合に集計に時間がかかることがある問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント)

2.2.5(2019-09-09)

機能改善/仕様変更:

  • ・マイカレンダー及びプロジェクトカレンダーをズームできるようになりました。これにより、15分単位での入力など小さな粒度で入力する場合も、拡大表示していただくことで入力しやすくなりました。
    ・マイカレンダーでプロジェクトの表示色を任意に選択できるようになり、プロジェクトが途中で追加された場合でも既存のプロジェクトの表示色を維持できるようになりました。

バグ修正:

  • ・マイカレンダーの右側で選択されているプロジェクトが削除されると、タイムマネジメントの画面が真っ白になり何も操作できなくなる問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント)

2.2.3(2019-08-07)

バグ修正:

  • ・タスクツリーで親子チケットの表示がおかしくなる場合がある問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)

2.1.4(2019-08-07)

バグ修正:

  • ・プロジェクトのカスタムフィールドのある値が「等しくない」フィルタを適用した場合に、チケットに紐付かない作業時間については条件に関係なく集計されてしまっていた問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)

2.1.3(2019-07-26)

バグ修正:

  • ・チケットが存在しないプロジェクトに記録されている作業時間が集計できない問題を修正しました。
    ・集計対象項目としてユーザーが選択されている場合、チケットに紐付かない作業時間を記録したユーザーが、フィルタ条件に関わらず常に集計結果に表示されてしまう問題を修正しました。
    ・Redmineを再起動するまで各種設定の変更が反映されない問題を修正しました。
    ・集計対象項目に対する結果が0の場合、画面では表示されないにも関わらず、CSVには出力される問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント)

2.2.2(2019-07-26)

バグ修正:

  • ・バージョンに紐づいているチケットのステータスが全て終了になっている場合、タスクツリーにバージョンが表示されない問題を修正しました。

Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)

2.1.2(2019-07-05)

機能改善/仕様変更:

  • ・チケット一覧画面と同様に、メンバー共通で使用する「カスタムクエリ」と自分だけの「マイカスタムクエリ」を分けて表示するように変更しました。
動作環境
(サーバー)

OS:Linux(64bit) / Windows(64bit)
Redmine 3.2 〜 4.0.xまで
※Redmine 3.2は2020年3月3日にサポートを終了させていただきます。

Ruby 2.1〜2.5.x

動作環境
(クライアント)
Internet Explorer 11
Google Chrome / Firefox
動作保証 ・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格 オープン価格
お問い合わせ →こちらのフォームからお問い合わせください

ページ上部へ