チケットセット

複数チケットを一括生成。
チケット漏れをなくして、プロセス遵守。

チケットセット

機能詳細チケットセット

複数チケットをテンプレート化

予め複数チケットをテンプレート化することで、
簡単に複数のチケットを生成できます。

複数チケットをテンプレート化

親子関係や先行・後続の設定も可能

チケットセットでは、親子関係や先行・後続の関連付けを設定できるので、
WBSがすぐに出来上がります。

親子関係や先行・後続の設定も可能

標準プロセスをテンプレート化

組織に必要な標準プロセスパターンを定義。
チケットの漏れをなくし、標準プロセスの遵守率向上に役立ちます。

標準プロセスをテンプレート化

チケットセットについて、問い合わせをする

リリースノート

1.6.1(2018-12-26)

バグ修正:

  • ・v1.5.8未満のバージョンからv1.6.0にアップデートしようとすると、インストール時にエラーが発生する問題を修正しました。
    ・定義されたチケットセット一覧を表示する際、表示順が一定でない問題を修正しました。
    ・チケットセットからチケット作成する際、IE11では実開始日・実終了日がカレンダー入力できない問題を修正しました。

1.6.0(2018-12-4)

機能改善/仕様変更:

  • ・チケットセットからチケットを作成する際、チケットの開始日を設定するとその日付が期日にもコピーされるようになり、期日を選択するときのカレンダーの移動が少し楽になりました。

バグ修正:

  • ・チケットセット内のチケットで親チケットのつけかえなどの操作をした場合、チケットの親子状態がおかしくなることがある問題を修正しました。

1.5.9(2018-11-19)

バグ修正:

  • ・チケットセットからチケットを作成する際、IEでは開始日や期日などの日付入力時にカレンダーピッカーが表示されない問題を修正しました。

1.5.8(2018−10−12)

機能改善/仕様変更:

  • ・チケットセット内のチケットの表示順を変更できるようになり、チケットが整理しやすくなりました。(Redmine3.3以降のみ)
    ・各プロジェクトの画面にある「+」タブに「チケットセットを使ったチケット作成」が追加され、サイドバーを非表示にしているような場合でもチケットセットを利用したチケット作成がしやすくなりました。(Redmine3.3以降のみ)
    ・チケットセットからチケットを作成する際、チケットの標準項目のうち開始日や期日なども設定できるようになり、これらの値が必須になっている場合でもチケットが作成できるようになりました。

バグ修正:

  • ・チケットセットの編集画面で、「使用するプロジェクト」の表示順がソートされていない問題を修正しました。

1.5.7(2018-08-10)

機能改善/仕様変更:

  • ・ライセンスのカウント方法に合わせて、「チケットセットの有効化」権限を持つユーザーのみがチケットセットを使用してチケットを作成できるようにしました。
    ・チケットセットの編集画面でチケットセットを使用するプロジェクトを選択できるようになりました。
    ・チケットセットからチケット作成時に、使用されている項目のみ表示するようにしました。
    ・「長いテキスト」形式でワイド表示をONにしたときのカスタムフィールドの見え方が、通常のチケット作成時と同様になりました。

バグ修正:

  • ・チケットセットからチケット作成時に、必須項目があるとチケット作成できない問題を修正しました。
    ・チケットセットからチケット作成時に横スクロールできない問題を修正しました。
    ・Redmine3.0系でチケットセットからチケットを作成しようとするとエラーになる問題を修正しました。
    ・チケットセットからチケット作成時に、設定済みのチケットの親子関係が反映されないことがある問題を修正しました。

1.5.5(2018-6-15)

サポート:

  • ・プラグイン名の変更に伴い、各画面のモジュール名を変更しました。
     変更前:Lycheeチケットセット
     変更後:Lycheeスケジュール管理(チケットセット)
     対象の箇所は以下のとおりです。
     - 「管理」>「ロールと権限」に表示されるモジュール名
      - 「プロジェクト」>「設定」>「モジュール」に表示されるモジュール名

機能改善/仕様変更:

  • ・チケットセットからチケットを作成する際、「カテゴリ」と「担当者」を入力できるようにしました。

バグ修正:

  • ・「管理」>「設定」>「チケットトラッキング」で「現在の日付を新しいチケットの開始日とする」のチェックを外しても、チケット作成時に現在の日付が「開始日」に設定される問題を修正しました。

1.5.4(2018-4-25)

バグ修正:

  • Ruby2.4.4の環境でチケットセットからチケット作成時にエラーになる問題を修正しました。

1.5.3(2018-4-16)

サポート:

  • ・Agilewareライセンスマネージャープラグインのインストールが必須になりました。

1.5.2(2018-2-16)

機能改善/仕様変更:

  • ・プロジェクトのモジュール設定で、チケットセットの有効・無効を切り替えられるようにしました。

1.5.1(2017-11-17)

バグ修正:

  • ・子チケットを持つチケットセットを削除できない問題を修正しました。
動作環境
(サーバー)

OS:Linux(64bit) / Windows(64bit)
Redmine 3.2 〜 3.4.x

Ruby 2.1〜2.4.x

動作環境
(クライアント)
Internet Explorer 11
Google Chrome / Firefox
動作保証 ・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格 オープン価格
お問い合わせ →こちらのフォームからお問い合わせください

ページ上部へ