1.7.2(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

1.4.5(2019-03-04)

サポート:

  • ・Redmine4.0系に対応しました。

バグ修正:

  • ・ライセンスマネージャー1.4.3にてRuby2.1に対応していなかった問題を修正しました。

1.4.3(2019-02-18)

機能改善/仕様変更:

  • ・管理>Lychee Redmine ライセンス管理>ユーザー数を確認する の画面で、各プラグインがどのプロジェクトで使用されているか確認できるようになりました。

バグ修正:

  • ・IE11で、CSVファイル出力するとファイル名がおかしくなる問題を修正しました。

1.4.2(2018-12-26)

機能改善/仕様変更:

  • ・プラグインごとのユーザー数を確認する画面のデザインを改善し、必要なライセンスの数が分かりやすくなりました。

1.4.1(2018-12-4)

サポート:

  • ・英語での表示に対応しました。

1.4.0(2018-11-19)

機能追加:

  • ・「管理」>「Lychee Redmine ライセンス管理」>ユーザー数を確認する で表示される「Lychee Redmine ユーザー数」で、各プラグインごとのライセンス対象のユーザーをCSVで一覧出力できるようになりました。

1.3.2(2018-7-20)

機能改善/仕様変更:

  • ・チケットセットのライセンスカウント方法を変更しました。
     チケットセットを使用してチケットを作成できる「チケットセットの有効化」権限を持つユーザーおよびRedmineのシステム管理者がライセンス対象となります。

1.1.0(2017-6-13)

サポート:

  • ・Lycheeアジャイル、Lycheeチケットセットのユーザー数をカウントできるようになりました。

機能改善/仕様変更:

  • ・正確なユーザー数をカウントできるようにしました。

ページ上部へ