プロジェクトビュー

「プロジェクト」画面を、各プラグインへのポータルページに。

各プロジェクトやプラグインへのリンクを表形式で掲載。
目的の画面に素早く移動できます。

目的の画面に直接ジャンプ

「お気に入りプロジェクト」や関係するプロジェクトをひと目で確認。
各ショートカットアイコンから、目的のプラグインへ直接移動することができます。

目的の画面に直接ジャンプ

バージョンスタートデイト

バージョンの期間を明確に

バージョン開始日の設定が可能になります。
期間が明確になるので、計画が立てやすくなります。

バージョンの開始日が設定可能に

バージョンの終了日だけでなく、開始日を設定することができます。
チケットに依存することなく、開始日の固定ができるので、バージョンの計画が立てやすくなります。

管理者権限がなくても、プロジェクトのコピーが可能

イージーアサイン

チケットの担当者選択をスムーズに。

担当者リストがグループごとに表示されるようになります。
グループを指定すれば、グループに所属している人だけが担当者リストに表示されるので、担当者選択に時間がかかりません。

担当者をグループから選ぶ

チケットの担当者をグループから選ぶことが可能になります。
担当者リストもグループ単位で表示されるので、指定する担当者がすぐ見つかります。
グループを指定すれば所属メンバーのみがリスト表示されるので、さらに担当者を見つけやすくなります。

管理者権限がなくても、プロジェクトのコピーが可能

ワークデイズ

独自の休日を設定し、稼働日を明確化

休日を設定し、Lycheeガントチャートで稼働日を見える化します。
正確な稼働日を確認できるので、無理のないスケジュールを組むことができます。

年間休日テンプレートのダウンロードはこちら→  2020年休日設定  2021年休日設定

休日を設定し、Lycheeガントチャートで稼働日を見える化

設定した休日がLycheeガントチャート上に反映されるので、稼働日が明示的になり、
無理のない正確なスケジュールを組むことができます。

休日を設定し、ガントチャートで稼働日を見える化
 

チケットスプレッドシート

チケット一覧で項目をかんたんに編集

チケット一覧画面で、チケット項目を直接編集できます。
わざわざチケット詳細画面にいかなくても、一覧画面からかんたんに編集できるので、たくさんのチケット編集も手間がかかりません。

チケット一覧画面でチケット項目を直接編集できます

項目内容をダブルクリックすると編集モードになり、かんたんに編集が可能です。
もちろん編集した内容は、チケット詳細に即時反映されます。

チケット一覧で項目をかんたんに編集
 

ステータスカラー

ステータスが色で表示され、チケットのステータス状態が一目瞭然に

Lycheeチケットボード(バックログ)のステータス色を独自に設定することができます。
ステータスが色で表示されるため、チケットのステータス状態が一目で確認できます。

バックログのチケット背景色でステータス状況が一目瞭然になります。

チケットのステータス色で表現されるため、スプリント内のタスクの状態が一目でわかるようになります。

バックログのチケット背景色でステータス状況が一目瞭然
 

プロフィールアイコン

ユーザー名がアイコン表示になり、担当者が認識しやすくなります。

Redmine内でユーザー名がアイコン化され、担当者が一目瞭然に
設定されたアイコンはチケット画面・ガントチャート・かんばん・バックログ画面で表示され、担当者が視覚的に識別しやすくなります。

Gravatar(※1)サービスを利用しなくてもRedmine内でユーザーのアイコンが設定できるようになります。

設定されたアイコンはチケット画面・ガントチャート・かんばん・バックログで表示され、
担当者がひと目で把握できます。
優先順別かんばんやバックログでは、アイコンのドラッグ&ドロップで簡単に担当者の割り当てが可能です。
※1 Gravatarについてはこちらをご参照ください。 http://redmine.jp/faq/administration/gravatar/

バックログのチケット背景色でステータス状況が一目瞭然
 

通知

先行チケットの完了通知でワークフローも予実管理もスムーズに!

先行チケットが完了になれば、後続チケットの担当者にタスクが始められる状態になったことが通知されます。
後続チケット担当者への通知機能が実装されることで、ワークフローの面ではスムーズに後続担当者へとタスクの受け渡しが可能になり、予実管理の面では各担当者ごとの予実管理が可能になるため、今までよりも様々なチケット管理方法に対応できるようになりました。

先行チケットが完了になると、後続チケットの担当者に通知されます。

後続チケット担当者へ通知されることで、ワークフローの面ではスムーズに後続担当者へとタスクの受け渡しが可能になります。また、予実管理の面では各担当者ごとの予実管理が可能になり、今までよりも様々なチケット管理方法に対応できるようになります。

先行チケットの完了通知でワークフローも予実管理もスムーズに
 

リリースノート

Lycheeベーシック(ワークデイズ)

1.2.2(2020-10-01)

機能改善/仕様変更:

  • ・ 会社休日設定画面で、会社休日一覧の説明欄をあとから編集できるようにしました。

Lycheeベーシック(通知)

1.0.1(2020-10-01)

機能追加:

  • ・先行チケットが完了になれば、後続チケットの担当者にタスクが始められる状態になったことが通知がされる機能を追加しました。

    Redmineでは、ひとつのタスクを複数の担当者が担当する場合、
    担当者を変更しながら着手していくケースが多いです。

    この運用では、担当者が変わることで別の担当者に通知が飛び、タスクに着手することができましたが、
    予定工数は全担当者分の合算となり、各担当者ごとの精緻な予実管理が難しい状況でした。

    今回の後続チケット担当者への通知機能が実装されることで、
    1つのタスクを各担当者毎に分割し、先行後続関係で結ぶことにより、
    ワークフローの面ではスムーズに後続担当者へとタスクの受け渡しが可能になり、
    予実管理の面では各担当者ごとの予実管理が可能になるため、
    今までよりも様々なチケット管理方法に対応できるようになりました。

Lycheeベーシック(ライセンスマネージャー)

1.7.3(2020-09-01)

機能改善/仕様変更:

  • ・匿名ユーザーをプロジェクトメンバーに追加できないようにしました。
    これまで匿名ユーザーはLycheeライセンスのカウントに含まれていなかったため、適正な制約を設けました。

Lycheeベーシック(ライセンスマネージャー)

1.7.2(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

Lycheeベーシック(ステータスカラー)

1.1.1(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

Lycheeベーシック(イージーアサイン)

1.1.1(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

Lycheeベーシック(プロフィールアイコン)

1.2.1(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

Lycheeベーシック(プロジェクトビュー)

1.5.2(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

Lycheeベーシック(ワークデイズ)

1.2.1(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。

Lycheeスケジュール管理(プロジェクトテンプレート)

1.4.2(2020-06-08)

サポート:

  • ・Ruby2.6に対応しました。
動作環境
(サーバー)

OS:Linux(64bit) / Windows(64bit)
Redmine 3.4 〜 4.1.xまで
※Redmine3.3系につきましては2020年9月末日をもってサポートを終了させていただきました。

Ruby 2.3〜2.6.x

動作環境
(クライアント)
Google Chrome / Firefox
Chromium版 Edge / Internet Explorer 11
動作保証 ・購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
・購入日から1年経過後もお得な年間保守サービスがあります。
販売価格 オープン価格
お問い合わせ →こちらのフォームからお問い合わせください

ページ上部へ