「フィジビリティスタディが何か知りたい」

「フィジビリティスタディをはじめる方法を知りたい」

新しいプロジェクトをはじめるときに使われる「フィジビリティスタディ」をご存じですか。

会議で耳にしたことはあるものの、どのような活用方法があるのかわからない方も多いと思います。

当記事では、フィジビリティスタディの詳細から進め方を詳しく解説します。

実際にフィジビリティスタディをした具体例も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

フィジビリティスタディとは

フィジビリティスタディとは
フィジビリティスタディとは、新規事業や計画をはじめるための実行可能性や採算性を調査するビジネス用語のひとつです。

「FS」や「F/S」という略語で呼ばれ、ビジネスマーケティングの世界で使われることが多いです。

調査する内容はプロジェクトによって異なり、代表的な調査対象は投資対効果や市場調査、業界の動向などがあります。

フィジビリティスタディを実施する期間は規模によって数週間から数ヶ月、数年までかかります。
実行前に事前調査することで企、業に最適な方向性を見つけてリスクを回避することが可能です。

プロジェクトを成功に導くためにも、フィジビリティスタディは欠かせない作業となっています。

関連記事はこちら>>ブレインストーミングのやり方を知っていつも通りの会議から脱却!

フィジビリティスタディの役割

ビジネスのプロジェクトにおけるフィジビリティスタディの役割とは、はじめに必要な土台です。

はじめる事業や計画に対して、どんな競合がいて世間的な状況はどうなっているのかなどの調査は必要不可欠です。
そのためにも、プロジェクト対象になる市場を調査して目標を明確化していかなければなりません。

ほかにも考えられるリスクやトラブルを想定し、法的なルールや人員を当てはめていきます。
必要な調査をしておけば、途中で方向性がブレることなく目標に向かって進められます。

プロジェクトが会社にとって有益なものになるかを判断するためにも、フィジビリティスタディは重要っsな役割となっているのです。

フィジビリティスタディの歴史

フィジビリティスタディは、1933年にアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌の対策としてテネシー川流域開発公社(TVA)を設立した事例がはじまりです。

テネシー川流域開発公社では、個々の事業を展開するために技術や経済の実現可能性を調査し、環境や政治の調査がおこなわれました。

結果として失敗のリスクを大幅に減らすことに成功して、現在ではダムや空港、ごみ処理場などをはじめ民間企業でも多く実践されています。

フィジビリティスタディとPoCの違い

フィジビリティスタディとPOCの違いビジネスマーケティングでは、フィジビリティスタディとPoCが混合されがちですが、正確にはまったく違う意味をもちます。

PoCとは「Proof of Concept」の略で概念実証や実験という意味です。
技術開発や生産に使われることが多く、導入前に技術やコスト、運用などが可能かを実際に検証します。

そのためフィジビリティスタディで調査をおこなったあとに、PoCで検証するのが正しい流れです。

例えば食品開発会社では、新しい食品を開発しようと決める段階がフィジビリティスタディとなり、実際に試作食品をつくるのがPoCとなります。

正しい意味を理解しておけば話し合いの場で迷わなくなるので、ぜひ把握しておきましょう。

関連記事はこちら>>ビジネスパーソン必見!プロジェクト管理の基本を徹底解説

PoCの注意点について

PoCはプロジェクトによって多くの検証をおこなうため、本来の目的を見失いがちです。

実際にはじめる前に、PoCの段階で時間やコストをつぎ込んで失敗してしまうことも少なくはありません。

PoCはあくまで実現できるかを確かめるためのテストなので、本来の目的を忘れず先を考えておこないましょう。

フィジビリティスタディの進め方4STEP

フィジビリティスタディの進め方4STEP

フィジビリティスタディを進めるときは、以下の4つのステップでおこないましょう。

  1. 課題の明確化
  2. 要求事項のリスト化
  3. 代替案の明確化
  4. フィジビリティスタディの結果を評価

それでは順番に解説します。

1.課題の明確化

はじめにプロジェクトに関する課題を明確化します。
新しい作業の実現性や人員、予算、業務、リスクなどの問題を明確にしましょう。

考えられる問題を洗い出しておけば、解決するための期間やコストも特定ができます。

問題点はなるべく具体化することがポイントです。

2.要求事項のリスト化

課題を明確化したあと、課題解決のための要求事項をリストアップします。

例えば効率化するための新しい組織やシステム、業務、技術などをリスト化しましょう。

リスト化すれば課題解決までにかかるプロセスやコストも必然的に特定できます。

3.代替案の明確化

PoCの段階で考えていた案が、実現できないことも少なくはありません。

そのためにもいくつかの代替案を用意しておき、万が一に備えておくことが大切です。

実現可能な代替案を明確化し、問題がなければ実行へと移していきます。

効率良くフィジビリティスタディを進めるためにも代替案は用意しておきましょう。

4.フィジビリティスタディの結果を評価

最後にフィジビリティスタディを実行したあと、結果を評価します。

例えば、実行中に発生した問題や成果などの記録をもとに結果を出します。

結果はプロジェクトの関係者や融資している企業や投資家に関与する重要な部分なので、必ず評価して報告書へまとめましょう。

もし問題点があっても、最終的な利益を得られるかどうかが評価の基準です。

フィジビリティスタディの評価領域

フィジビリティスタディは、以下の領域を評価します。

  • 技術能力
  • 予算
  • 適法性
  • リスク
  • 運用上の実行可能性
  • 期間

上記項目はどれも評価の基準として重要で、報告に必要となります。

とくにプロジェクトの実現可能かを判断するため、技術能力とリソースの確認は必須です。

ほかにも実行するための資金や法的要件、リスクなどもチェックが必要です。

企業にとって組織のニーズを満たしているか、指定した期間内に完了できるかという点も評価しなければいけません。

一見面倒に感じる評価ですが、融資している企業や投資家がいる場合は必ずクリアすべき領域です。

フィジビリティスタディを利用した具体例

フィジビリティスタディを利用した具体例これまでフィジビリティスタディを利用した事例はいくつもあり、実際に成功している企業は少なくありません。

例えば、アジアとアフリカの現地ネットワークを活用したフィジビリティスタディの支援をしている「イースクエア」では、タンザニアの干し芋の製造・販売に関する調査でフィジビリティスタディが使われた事例があります。

タンザニアで干し芋の製造・販売が実現可能かを調査する内容でしたが、はじめに価格調査や市場調査して需要性や検証できるかを調査しました。

そして国際見本市に出展して干し芋のテストマーケティングをおこない、小売店やスーパーでテスト販売となりました。

検証の結果、現地に干し芋の製造向上を設立できるかを特定することに成功し、工場の設置が可能となっています。

ほかにもバングラディシュでは、無電化地域の低所得者層を対象に発電および蓄電装置が実現可能かをテストし、実現可能な事業モデル構築の足掛かりをつくることに成功しました。

現地の問題や要望から実現可能かをフィジビリティスタディで調査し、成功した事例はいくつもあります。

効率的な業務管理にはプロジェクト管理ツールがおすすめ

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「フィジビリティスタディをどのようにはじめればいいのかわからない」

マーケティング担当者のなかには、このような悩みをもっている方もいるでしょう。

フィジビリティスタディの調査には難しい工程が多いため、独自の方法ではじめるには苦労します。

そんなときに効率良く業務管理できるプロジェクト管理ツールが「Lychee Redmine」です。無料プランを用意しているのでまずは使い勝手をお試ししてみてはいかがでしょうか。

Lychee Redmineは社内のプロジェクト状況を把握できるだけでなく、レポートを自動作成して報告に必要なデータを簡単にまとめられます。

またプロジェクトレポートを作成して必要な情報をチーム全体で共有することも可能です。
個別プロジェクトだけでなく複数のプロジェクトを一括管理できるので、同時進行するときにも便利です。

プラン 月額料金 ユーザー数 チケット数 機能
フリー 0円 無制限 5,000件 タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード 800円 無制限 無制限 タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム 1,200円 無制限 無制限 スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ 要問合せ 無制限 無制限

全ての機能

フィジビリティスタディで最適な調査をはじめましょう

フィジビリティスタディで最適な調査をはじめましょう今回は、フィジビリティスタディの詳細について解説しました。

新規事業や計画をはじめるために実現可能かを調査することは、プロジェクトの成功を判断する重要な役割です。

プロジェクトによって範囲や期間は異なりますが、調査は必要となります。

市場調査や競合調査など幅は広いため、プロジェクトごとにどんな調査をしなければいけないかを判断しなければいけません。

当記事で紹介したフィジビリティスタディの進め方を参考に、新しいプロジェクトをはじめてみてください。

効率よく始めたい場合は、Lychee Redmineの導入がおすすめです。

今なら何人でも無料で使えるフリープランと有料プランも30日間無料のトライアル期間を用意しているので、まずはご自身の手で使い勝手を試してみてはどうでしょうか。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加