「上手にプロジェクト管理をするためには、どんなスキルを伸ばせばいいのかな」
「プロジェクトを効率的に管理するために、おすすめの手法やツールがあれば知りたい」

近年はテクノロジーの発達により、開発プロジェクトがよりスピーディーにそして巨大化の一途を辿っています。
各エンジニアの技術やスピードもさることながら、プロジェクトを管理するマネージャーの力量も試されています。

一方で人手が不足しがちな現場では、いきなりマネージャーに抜てきされた方も多いはずです。
いきなりマネージャーになった方は、マネージャーとしてのスキルに不安を持っている方も多いでしょう。

今回はプロジェクトマネジメントに必要スキルを解説。
プロジェクト管理の代表的な手法やおすすめのツールもあわせて紹介します。
この記事を参考にし、プロジェクトマネジメントに必要なスキルの獲得を目指しましょう。

プロジェクトマネジメントに必要なスキル3選

この章では、プロジェクトマネジメントに必要なスキルを3つ紹介します。
紹介するスキルは、プロジェクトマネジメントをおこなう上で代表的なスキルばかりです。

今回紹介するスキル以外にも、プロジェクト全体を俯瞰する力や先を見通す力があれば、より理想的です。
まずは紹介する3つのスキルをおさえていきましょう。

関連する記事はこちら>>プロジェクトマネジメントとは一歩リードするための必須スキル

①スケジュール管理スキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルその1は、スケジュールを管理するスキルです。
スケジュール管理は、プロジェクトを管理する上で一番大きな要素でしょう。

ひと口にスケジュール管理といっても、内容は多岐にわたります。

スケジュール作成から始まり、担当者の割り振りや日々の進捗管理など実にさまざまです。
また遅れが発生した際のカバーリング案の策定などもスケジュール管理のひとつです。

②コミュニケーションスキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルその2は、コミュニケーションスキルです。

プロジェクト管理する上で、マネージャーは多くの関係者と話をする必要があります。
そのため、マネージャーにはコミュニケーションスキルが必要不可欠です。

一般的に誤解されがちですが、話すのが得意とコミュニケーションスキルには関連性がありません。
むしろ、聞く力こそコミュニケーションには必須といえるでしょう。

開発の状況やプロジェクトの問題をヒアリングする力こそ、プロジェクト管理に必要なコミュニケーションスキルです。

③課題発見スキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルその3は、課題を発見するスキルです。

プロジェクトの進行を妨げる対象を分析・発見するスキルはマネジメントクラスでは求められます。
とはいえ、進行の妨げとなる対象は目につきやすいので、発見は難しくありません。

例えば、日中に開発環境が停止するなど作業に影響がでるケースです。
このケースでは、開発環境が停止する時間帯を変えてもらえばよいだけですね。

むしろ、より効率が上げるにはどうすればよいかを分析・発見スキルがより良いマネージャーになるための近道です。

例えば、現場が日々の進捗管理を手入力でおこなっているとします。
タスク管理ツールを導入すれば、効率が上がるのはいうまでもないでしょう。

また課題を発見した後の対応として、自身で解決ができればベストの対応です。

しかし、自身での解決にこだわる必要はありません。
専門のプロやチーム内にいる高いスキルを持つメンバーに、解決をお願いするのもひとつの手といえます。

マネージャークラスに必要なスキルは、まず課題を発見するスキルです。

プロジェクトマネジメントの代表的な手法5選

この章ではプロジェクトマネジメントの代表的な手法を5つ紹介します。

どの手法も実用性の高い手法であるため、普段から使っているかもしれません。
改めて各手法のメリットを確認し、普段の業務に役立てましょう。

関連する記事はこちら>>ビジネスパーソン必見!プロジェクト管理の基本を徹底解説

①WBS

プロジェクトマネジメントの代表的な手法その1はWBSです。

WBSとはWork Breakdown Structureの略であり、日本語に訳すると作業分解構造になります。
WBSは文字どおり、プロジェクトにおけるタスクを細かく分解し、必要なタスクを明確にしていく手法です。

プロジェクトに必要なタスクが明確になる点が、WBSを用いる最大のメリットです。

②ガントチャート

プロジェクトマネジメントの代表的な手法その2はガントチャートです。

ガントチャートの特徴は何といっても、プロジェクトの状況がひと目で把握できる点です。
ガントチャートは縦軸にタスクと担当者、横軸に進捗状況を表すバーというシンプルな構造をしています。
横軸のガントチャートバーと呼ばれるバーから進捗率が読み取れるため、各タスクの進捗具合がすぐに把握できます。

またシンプルな構造から、スケジュールの作成や修正がしやすいのもガントチャートの特徴です。
ガントチャート作成時には各タスクを割り出す必要があるため、WBSとセットで用いるのが一般的です。

③マインドマップ

プロジェクトマネジメントの代表的な手法その3はマインドマップです。

プロジェクトに必要なタスクの洗い出しに用いられるのが、マインドマップです。
マインドマップは、プロジェクトを構成するタスクをどんどん細分化していくことで、必要なタスクを洗い出します。

例えば、カレー作りというプロジェクトの場合、「野菜洗う」「野菜を切る」「器具を用意する」といった大枠を作ります。
そこからタスクを細分化していき、より細かいタスクを洗い出します。

マインドマップを使って洗い出したタスクをガントチャートで用いるなど、他のプロジェクト管理の手法とも組み合わせることが可能です。

④ウォーターフォール

プロジェクトマネジメントの代表的な手法その4はウォーターフォールです。

ウォーターフォールは主に、長期的なシステム開発の現場で用いられる手法です。
ウォーターフォールは各タスクにいきなり取り掛かるのではなく、プロジェクトの計画をおこなってから進めていきます。

システム開発では要件定義からはじめ、設計フェーズ→製造フェーズという形で進行していきます。
各フェーズで成果物や品質の確認が取れるため、大型のシステム開発には向いている手法です。

⑤アジャイル型の開発

プロジェクトマネジメントの代表的な手法その5はアジャイル型開発です。

アジャイル開発は、システムの方向性が頻繁に変わる開発の現場で用いられる手法です。
アジャイルとは「素早い」という意味であり、アジャイル開発は文字どおりに短い開発サイクルを素早く繰り返す手法になります。

具体的には設計→開発→テスト→リリースというサイクルをどんどん回して、システムを完成させていきます。

市場の反応や実際の使い勝手を見ながら、システムの方向性をどんどん変えていきたいシステム開発に向いている手法です。

プロジェクトマネジメントにはLychee Redmineがおすすめ

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子

プロジェクトマネジメントに欠かせないスキルは一朝一夕では身につきません。
地道な努力の積み重ねでようやく身につくスキルです。
スキルを身につけるためには、スキル獲得に向けて学習や研修を受ける必要があります。

忙しいプロジェクト管理者が自己投資の時間を増やすためには、より効率的なプロジェクト管理をおこなう必要があります。
例えば、プロジェクト管理ツールを駆使することで日々の効率性を上げるなどです。

プロジェクト管理の効率性を上げるツールとして、おすすめなのがLychee Redmineです。無料で使えるプランも用意しているのでまずはお試ししてみてはいかがでしょうか。
この章ではプロジェクトマネジメントに欠かせない機能を数多く備えるLychee Redmineについて紹介します。

①タスク作成やガントチャート作成が簡単

タスク作成やガントチャート作成と聞くと、少し身構えてしまう方がいます。
プロジェクト管理者や経験豊かな方が作成しているイメージがあるからです。

Lychee Redmineなら、心配ありません。
Lychee Redmineではタスクやガントチャートの作成が手軽におこなえます。

右クリックやドラッグアンドドロップなど、少しでもパソコンの操作に慣れている方なら、簡単にLychee Redmineを使いこなせます。
直感的な操作でタスクやガントチャートが作成できるので、プロジェクト管理の効率性が上がるのは間違いありません。

②リソース管理でメンバーの稼働状況が把握できる

近年では効率性や生産性もさることながら、働き方も重要視されています。
そのため、プロジェクト管理者には各メンバーの働き方にも気を配る必要がでてきました。

Lychee Redmineではリソース管理機能を兼ね備えているため、各メンバーの稼働状況も随時チェックができます。
稼働状況の分析も簡単にできるため、各メンバー間の負荷もバランスを取ることも可能です。

③機能同士によるコラボレーション

Lychee Redmineはプロジェクトマネジメントに必要な多くの機能を兼ね備えています。
同時に各機能同士が連携しているため、より効率的なプロジェクト管理が可能です。

例えば、タスク管理機能とガントチャートが連携しているため、タスクの進捗状況がガントチャートへ反映されます。

市場にはタスク管理に特化し、優れた機能を持つプロジェクト管理ツールなどが溢れています。
しかし、タスク管理ツールだけでプロジェクト管理はできません。

Lychee Redmineなら、各機能同士の連携による総合的なプロジェクト管理がおこなえます。

プラン月額料金ユーザー数チケット数機能
フリー0円無制限5,000件タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード800円無制限無制限タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム1,200円無制限無制限スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ要問合せ無制限無制限

全ての機能

必要なスキルを明確化してスキルの獲得を

今回はプロジェクト管理に必要なスキルを紹介しました。
プロジェクトマネジメントに必要なスキルは主に3つとなります。

  • スケジュール管理スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 課題を発見するスキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルを身につけるためには、時間を捻出する必要があります。
そのための手段として、ツールを用いた効率的なプロジェクト管理がおすすめです。

Lychee Redmineではプロジェクト管理に必要な多くの機能を備えています。
各機能の操作は直感的におこなえ、難しい操作は必要ありません。

Lychee Redmineを活用することで効率的なプロジェクト管理をおこない、スキル獲得に向けた時間を生み出しましょう。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子
関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加