「上手にプロジェクト管理をするためには、どんなスキルを伸ばせばいいのかな」
「プロジェクトを効率的に管理するために、おすすめの手法やツールがあれば知りたい」

近年はテクノロジーの発達により、開発プロジェクトがよりスピーディーにそして巨大化の一途を辿っています。
各エンジニアの技術やスピードもさることながら、プロジェクトを管理するマネージャーの力量も試されています。

一方で人手が不足しがちな現場では、いきなりマネージャーに抜てきされた方も多いはずです。
いきなりマネージャーになった方は、マネージャーとしてのスキルに不安を持っている方も多いでしょう。

今回はプロジェクトマネジメントに必要スキルを解説。
プロジェクト管理の代表的な手法やおすすめのツールもあわせて紹介します。
この記事を参考にし、プロジェクトマネジメントに必要なスキルの獲得を目指しましょう。

プロジェクトマネジメントに必要なスキル3選

この章では、プロジェクトマネジメントに必要なスキルを3つ紹介します。
紹介するスキルは、プロジェクトマネジメントをおこなう上で代表的なスキルばかりです。

今回紹介するスキル以外にも、プロジェクト全体を俯瞰する力や先を見通す力があれば、より理想的です。
まずは紹介する3つのスキルをおさえていきましょう。

関連する記事はこちら>>プロジェクトマネジメントとは一歩リードするための必須スキル

①スケジュール管理スキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルその1は、スケジュールを管理するスキルです。
スケジュール管理は、プロジェクトを管理する上で一番大きな要素でしょう。

ひと口にスケジュール管理といっても、内容は多岐にわたります。

スケジュール作成から始まり、担当者の割り振りや日々の進捗管理など実にさまざまです。
また遅れが発生した際のカバーリング案の策定などもスケジュール管理のひとつです。
管理の方法として「WBS」や「ガントチャート」などのプロジェクト管理手法を用いるのもおすすめです。

【管理者必見】チームのスケジュール管理のコツとツールを紹介

②コミュニケーションスキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルその2は、コミュニケーションスキルです。

プロジェクト管理する上で、マネージャーは多くの関係者と話をする必要があります。
そのため、マネージャーにはコミュニケーションスキルが必要不可欠です。

一般的に誤解されがちですが、話すのが得意とコミュニケーションスキルには関連性がありません。
むしろ、聞く力こそコミュニケーションには必須といえるでしょう。

開発の状況やプロジェクトの問題をヒアリングする力こそ、プロジェクト管理に必要なコミュニケーションスキルです。

ヒアリングする際には、関連記事のこちらをぜひご参考ください>> 【初心者必見】要件定義とは?詳細や具体的な進め方を徹底解説

下記のステップでヒアリングを行いましょう。
1.課題・目標を明確化する
2.システム全体の構成を明確化する
3.システムに取り入れる機能の要件を定義する
4.クライアントとプロジェクトメンバーのコミュニケーション方法を定義する

③課題発見スキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルその3は、課題を発見するスキルです。

プロジェクトの進行を妨げる対象を分析・発見するスキルはマネジメントクラスでは求められます。
とはいえ、進行の妨げとなる対象は目につきやすいので、発見は難しくありません。

例えば、日中に開発環境が停止するなど作業に影響がでるケースです。
このケースでは、開発環境が停止する時間帯を変えてもらえばよいだけですね。

発見した課題を効率的に管理する手法として、「課題管理表」や「チケット管理」などを活用する方法もあります。

関連する記事はこちら>> 課題管理表の見やすい書き方や項目は?おすすめのツールを紹介

 

むしろ、より効率が上げるにはどうすればよいかを分析・発見スキルがより良いマネージャーになるための近道です。

例えば、現場が日々の進捗管理を手入力でおこなっているとします。
タスク管理ツールを導入すれば、効率が上がるのはいうまでもないでしょう。

また課題を発見した後の対応として、自身で解決ができればベストの対応です。

しかし、自身での解決にこだわる必要はありません。
専門のプロやチーム内にいる高いスキルを持つメンバーに、解決をお願いするのもひとつの手といえます。

マネージャークラスに必要なスキルは、まず課題を発見するスキルです。

プロジェクトマネジメントにはLychee Redmineがおすすめ

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

プロジェクトマネジメントに欠かせないスキルは一朝一夕では身につきません。
地道な努力の積み重ねでようやく身につくスキルです。
スキルを身につけるためには、スキル獲得に向けて学習や研修を受ける必要があります。

忙しいプロジェクト管理者が自己投資の時間を増やすためには、より効率的なプロジェクト管理をおこなう必要があります。
例えば、プロジェクト管理ツールを駆使することで日々の効率性を上げるなどです。

プロジェクト管理の効率性を上げるツールとして、おすすめなのがLychee Redmineです。無料で使えるプランも用意しているのでまずはお試ししてみてはいかがでしょうか。
この章ではプロジェクトマネジメントに欠かせない機能を数多く備えるLychee Redmineについて紹介します。

①タスク作成やガントチャート作成が簡単

タスク作成やガントチャート作成と聞くと、少し身構えてしまう方がいます。
プロジェクト管理者や経験豊かな方が作成しているイメージがあるからです。

Lychee Redmineなら、心配ありません。
Lychee Redmineではタスクやガントチャートの作成が手軽におこなえます。

右クリックやドラッグアンドドロップなど、少しでもパソコンの操作に慣れている方なら、簡単にLychee Redmineを使いこなせます。
直感的な操作でタスクやガントチャートが作成できるので、プロジェクト管理の効率性が上がるのは間違いありません。

②リソース管理でメンバーの稼働状況が把握できる

近年では効率性や生産性もさることながら、働き方も重要視されています。
そのため、プロジェクト管理者には各メンバーの働き方にも気を配る必要がでてきました。

Lychee Redmineではリソース管理機能を兼ね備えているため、各メンバーの稼働状況も随時チェックができます。
稼働状況の分析も簡単にできるため、各メンバー間の負荷もバランスを取ることも可能です。

③機能同士によるコラボレーション

Lychee Redmineはプロジェクトマネジメントに必要な多くの機能を兼ね備えています。
同時に各機能同士が連携しているため、より効率的なプロジェクト管理が可能です。

例えば、タスク管理機能とガントチャートが連携しているため、タスクの進捗状況がガントチャートへ反映されます。

市場にはタスク管理に特化し、優れた機能を持つプロジェクト管理ツールなどが溢れています。
しかし、タスク管理ツールだけでプロジェクト管理はできません。

Lychee Redmineなら、各機能同士の連携による総合的なプロジェクト管理がおこなえます。

プラン 月額料金 ユーザー数 チケット数 機能
フリー 0円 無制限 5,000件 タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード 800円 無制限 無制限 タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム 1,200円 無制限 無制限 スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ 要問合せ 無制限 無制限

全ての機能

必要なスキルを明確化してスキルの獲得を

今回はプロジェクト管理に必要なスキルを紹介しました。
プロジェクトマネジメントに必要なスキルは主に3つとなります。

  • スケジュール管理スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 課題を発見するスキル

プロジェクトマネジメントに必要なスキルを身につけるためには、時間を捻出する必要があります。
そのための手段として、ツールを用いた効率的なプロジェクト管理がおすすめです。

Lychee Redmineではプロジェクト管理に必要な多くの機能を備えています。
各機能の操作は直感的におこなえ、難しい操作は必要ありません。

Lychee Redmineを活用することで効率的なプロジェクト管理をおこない、スキル獲得に向けた時間を生み出しましょう。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加