オペレーションマネジメントは、業務を滞りなく遂行し、成果を上げるために欠かせない業務です。

  • 一体どのようなマネジメント業務なの?
  • 会社にどのようなメリットがあるのだろう?
  • オペレーションマネジメントの進め方を知りたい

オペレーションマネジメントについて、上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、オペレーションマネジメントの概要と基本手順を紹介します。

社内全体の生産性向上・企業成長を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

オペレーションマネジメントとは?

オペレーションマネジメントとは、戦略に基づいてヒト・モノ・カネ・情報の動きを管理し、成果の最大化を実現する手法のことです。

対象となるオペレーションは、全社的な経営戦略から日常的な業務まで多岐にわたります。
そのためオペレーションマネジメントの目的は1つとは限らず、改善する対象によっても異なります。

例えば日常的な業務プロセスを改善する場合、作業時間の短縮や生産性の向上が主な目的です。
一方、プロジェクトや事業のコスト削減をおこなう場合は、収益性の向上や利益率の向上が目的でしょう。

オペレーションマネジメントは、改善対象によっても目的が異なる業務です。
また、成果の最大化を図るには、あらかじめ目的を明確にしてPDCAをまわしましょう。

企業がオペレーションマネジメントに取り組むメリット


企業がオペレーションマネジメントに取り組むことで、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

大きく分けると、以下3つのメリットが期待できます。

  • 作業のムダを省きリソースを節約できる
  • 人材を最適な業務へ配置できる
  • 業務のマニュアル化によりトラブル・リスクを回避

①作業のムダを省きリソースを節約できる

1つ目のメリットは、作業のムダを省くことで、ヒト・モノ・カネなどのリソースを節約できることです。
普段おこなっている業務には、意外にもムダな作業が多く存在します。

例えば、目的や方針が定まっていないミーティングや、部門間で作成された重複した資料などです。

オペレーションマネジメントでムダな業務を削減できれば、これまで費やしていた時間・労力などを節約できます。
1つの改善だけでは小さな効果しか期待できませんが、社内全体の業務を改善すると、リソースを大幅に節約できるでしょう。

②人材を最適な業務へ配置できる

2つ目のメリットは、人材を最適な業務へ配置できることです。
オペレーションマネジメントでムダな業務を省くことで、リソースの節約が期待できます。

節約できた人員を、より生産性の高い業務へ配置できるため、社内全体の生産性が向上するでしょう。
また、業務プロセス全体を見渡し、特定の部門に負担が偏っている場合には、作業量を調節します。

各部門の負担が標準化され、いつもより高いパフォーマンスを発揮しやすくなります。

③業務のマニュアル化によりトラブル・リスクを回避

3つ目のメリットは、業務のマニュアル化によりトラブル・リスクを回避できることです。
人が作業する以上、ミスは避けられません。

しかし、1つのミスが会社に大きな損害をもたらしたり、責任問題に発展したりする恐れもあります。
人為的なミスの主な原因は、担当者ごとに作業の進め方が異なることです。

オペレーションマネジメントの一環として業務のマニュアル化をおこなえば、人為的なミスを低減しやすいでしょう。
また、業務をマニュアル化するとトラブル発生時に原因を特定しやすいため、適切な改善行動を取りやすくなります。

トラブルの低減と予防対策の両方を実現できるのは、オペレーションマネジメントの大きなメリットです。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

オペレーションマネジメントの基本手順4ステップ

オペレーションマネジメントの基本的な流れは以下のとおりです。

  1. プランニング
  2. スケジューリング
  3. 各オペレーションの見直しと改善
  4. データ分析
  5. 分析データをもとに改善

業種や達成する成果によっても進め方は異なりますが、本章では基本となる手順とそれぞれの要点を紹介します。

ステップ1:プランニング

まず取り組むのは、オペレーションマネジメントの計画策定です。
計画や指針を定めないと方向性にズレが生じたり、思うような成果が出なかったりする恐れがあります。

オペレーションの改善が求められる成果に直結するよう、ゴールを設定しましょう。

計画段階で設定する内容は、主に以下の3つです

  • 何を目標(成果)に設定するのか
  • 目標の達成に必要な改善点は何か
  • 改善項目の優先順位

この段階で、マネジメントチームのメンバーを設定しておくとよいでしょう。
現場の業務プロセスを改善する場合、現場をよく知る人材が不可欠です。

改善箇所をよく知る人材を集め、マネジメントチームを発足させましょう。

ステップ2:スケジューリング

続いて、オペレーションマネジメント全体のスケジューリングをおこないます。
作業ごとにかかる工数を洗い出し、優先順位や締切を設定します。

実行過程は策定したスケジュールをもとに作業するため、チームのリソースや作業の難易度を考慮し、慎重に設定してください。
また、万が一想定外のトラブルが発生した場合にそなえ、バッファを設けるのがおすすめです。

バッファとは、遅延やトラブルにそなえて設定しておく予備期間のことです。

スケジュール全体への影響を最小限に抑えるためにも、バッファを設定するとよいでしょう。

合わせて読みたい

スケジュールは共有して管理しよう!仕事に役立つツールを紹介

スケジュールは共有して管理しよう!仕事に役立つツールを紹介

「他のメンバーのスケジュールがわからないから、会議の時間を決められない」 「たったひとりの仕事の遅れが、大問題に発展してしまうことがよくある」 こうした悩みをお.....

ステップ3:各オペレーションの見直しと改善

計画が決まったら、いよいよオペレーションの見直しと改善をおこないます。
見直すオペレーションは、目的や改善対象によっても異なりますが、一般的には以下4種類のオペレーションが対象です。

生産オペレーション

商品・サービスの生産現場におけるオペレーション。

企画・仕入れ・製造・検品などの一連の流れを見直し、生産性の向上を目指します。

保全オペレーション

設備や施設を保全するオペレーション。

機械トラブルや成果物の品質以外にも、従業員の安全性などを見直します。

在庫オペレーション

受発注や棚卸など在庫状況に関連するオペレーション。

出荷や生産業務との関係が深く、適正在庫の実現・維持を目指します。

品質オペレーション

商品・サービスの品質に関するオペレーション。

品質基準や顧客要求を見直し、品質の向上・維持を目指します。

業務全体を見直しても、課題や改善点を洗い出せない恐れがあります。

業務プロセスを上記4種類のオペレーションに分類し、細かくチェックしていきましょう。

ステップ4:データ分析

収集したデータをもとに、問題点や改善点を分析しましょう。
業務オペレーションの問題点は何か、どのようなオペレーションへ改善するのかを明確にします。

注意が必要なのは、改善によって新たな問題を引き起こさないかです。

例えば、生産リードタイムを短縮するために過度な人員を投入すれば、生産コストが増加し、収益性の悪化を引き起こします。

また、オペレーションが複雑化し、かえって生産リードタイムが長期化する可能性もあります。

オペレーションマネジメントは改善行動の有効性に加え、他の課題を誘発しないかにも注意して取り組みましょう。

ステップ5:分析データをもとに改善

課題の把握と改善案が決まれば、実際の業務に反映させていきましょう
ただ、業務オペレーションの変更は、現場の従業員に大きな影響を及ぼします。

十分な理解を得られていないと、現場からの反発にあったり、施策が浸透しなかったりする可能性があります。

例え効果的な施策でも、現場の理解が得られなければ失敗に終わるため、重要性や目的を共有して現場の協力を得ましょう。

施策の実行後は、定期的に効果の検証と再改善をおこないます。

数値データのみならず、従業員の意見を取り入れ、PDCAをまわします。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

オペレーションマネジメントの運用体制を構築する際のポイント

オペレーションマネジメントは、成功すると大きな改善効果が期待できる反面、実行が難しい取り組みです。

オペレーションマネジメントを成功させ、成果の最大化を実現するには、以下3つのポイントが大切です。

  • マネジメント業務の改善サイクルを盛り込む
  • 社内にオペレーションマネジメントの重要性を共有
  • IT技術・システムを活用する

本章では、上記3つのポイントを順に紹介します。

マネジメント業務の改善サイクルを盛り込む

1つ目のポイントは、マネジメント業務の改善サイクルを盛り込むことです。
オペレーションマネジメントで持続的に成果を上げるには、マネジメント業務自体の改善も必要です。

例えば、テレワークやフレックス制など、時代の変化に伴い新たなオペレーションが誕生するケースもあります。
マネジメント体制が古いままでは、新たな課題が生まれた際に対処できなくなります

継続的に業務を改善し成果の最大化を実現するためにも、マネジメント体制の進化が必要です。

マネジメント体制の課題や欠陥が見つかることは多々あるので、PDCAサイクルをまわしながら最適化しましょう。

社内にオペレーションマネジメントの重要性を共有

2つ目のポイントは、社内にオペレーションマネジメントの重要性を共有することです。
普段、生産業務や発注業務をこなすのは、経営者ではなく現場の従業員です。

当事者である従業員の理解や協力がなくては、業務・運営体制の改善が失敗に終わるでしょう。
課題の把握や改善策の立案では、現場を知る人物の意見が欠かせません

オペレーションマネジメントを成功させるためにも、従業員との意識共有を忘れずにおこないましょう。

IT技術・システムを活用する

3つ目のポイントは、IT技術・システムを活用することです。
オペレーションマネジメントのすべてを人手でおこなうと、膨大な時間と労力がかかります。

また、ミスが発生しやすく適切な改善行動が取れない恐れも注意しなければなりません。

IT技術やシステムを活用は、データ収集の自動化や思考整理などに役立つのでおすすめです。

空いた時間でオペレーションの見直しや改善案の作成など、よりクリエイティブな業務にも注力できます。
業務効率化を目指す方は、IT技術やシステムの導入を検討するとよでしょう。

合わせて読みたい

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

「仕事やプロジェクトが多くて管理が大変」 「管理が苦手で効率良く仕事ができない」 このような悩みでお困りではありませんか? 仕事やプロジェクトは納期が設定されて.....

オペレーションマネジメントで生産性向上・企業成長を目指そう

オペレーションマネジメントとは、ヒト・モノ・カネ・情報の動きを管理し、成果の最大化を実現する手法です。

オペレーションマネジメントのメリットは、以下のとおりです。

  • 作業のムダを省きリソースを節約できる
  • 人材を最適な業務へ配置できる
  • 業務のマニュアル化によりトラブル・リスクを回避

業務や組織の運営体制を改善できれば、生産性の向上・企業成長につながります。

オペレーションマネジメントを実施して、社内の最適化を目指しましょう。

また現場のヒト・モノ・カネ・情報を管理するなら、プロジェクト管理ツールLychee Redmineがおすすめです。

社内のプロジェクトやタスクを一元管理できるため、現場業務を見える化できます。

スタンダードプランなら30日間の無料トライアルが利用可能です。

効率的にガントチャートを作成したい方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加