仕事のなかで「ベースライン」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

ベースラインとは、プロジェクト管理をはじめタイポグラフィやスポーツ、音楽など幅広い環境で使われるキーワードです。

ベースラインになじみがない人にとっては、どんなときに使えばいい言葉なのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、プロジェクトマネジメントにおけるベースラインの役割やメリットを詳しく紹介します。

ベースラインの意味を知っておけば新しい効率化ができるので、ぜひ最後までご覧ください。

ベースラインとは

ベースラインとはプロジェクトマネジメントにおけるベースラインとは、プロジェクトの進捗や予算、成果物などの状況を図表で書き表したものです。

実績を基準値や予定値によって比較することで計画通りに進んでいるかを判断できます。
プロジェクトの開始点と進行状況を測定すれば、途中で問題が発生しても効率よく変更が可能です。

ただしベースラインを頻繁に変更すると、プロジェクトの進捗状況を測定することが困難になります。

プロジェクトに大きな変更があった場合のみ再度ベースラインを構築する必要があります。

結論として、現在のプロジェクト状況を確認できるものがベースラインというわけです。

ベースラインの2つの定義

ベースラインの2つの定義ベースラインには、以下のそれぞれで定義が存在します。

  1. PMBOK
  2. ISO21500

それぞれの特徴を順番に説明します。

PMBOKにおけるベースライン

PMBOK(Project Management Body Of Knowledge)とは、プロジェクトマネジメントの知識を体系的にまとめたものです。

もともとはアメリカの「PMI」という非営利団体によって作られたもので、現在ではプロジェクトマネジメントの世界標準となっています。

ここでは、ベースラインを「作業プロダクトの承認済み版」と定義しています。
また、「正式な変更管理手続きを踏んでのみ変更可能であり、実績値との比較基準として使用される」とあります。

ISO21500におけるベースライン

ISO21500とは、プロジェクトマネジメントの国際標準のことです。

ISO21500は、プロジェクト管理のパフォーマンスを向上した概念と、プロセスを提供するために開発されました。
プロセスとベストプラクティスを実装することを目的としています。 

ベースラインを「監視され、管理されるプロジェクト・パフォーマンスと照らして比較するための参照基準」と定義しています。

プロジェクト全体では、作業内容の基準値や予定値として比較することが多いです。

ベースラインを変更する場合

ベースラインは簡単に変更するものではなく、本当に必要なときだけおこないます。

例えばプロジェクトの予定額が増えたり納期が伸びたりなど、プロジェクトの計画に大きな変更があったときのみベースラインを変更します。

ベースラインを簡単に変更するとプロジェクトにブレが生じるので、失敗につながりやすいです。

参考:

コンフィギュレーション・マネジメント計画書の作り方と効果的な使い方

統合変更管理(Perform Integrated Change Control)とは何か?その手法を解説

ベースラインに関する4つの要素

ベースラインに関する4つの要素ベースラインには、以下の4つの要素があります。

  1. スコープ・ベースライン
  2. スケジュール・ベースライン
  3. コスト・ベースライン
  4. パフォーマンス測定ベースライン(PMB)

プロジェクトマネジャーやチームはベースラインの4つの要素を比較しながら、プロジェクトの進捗を確認します。

それぞれの要素を順番に説明します。

1.スコープ・ベースライン

スコープ・ベースラインとは、プロジェクトの作業範囲を確認するために作成されるものです。

基本的には、以下のようなプロセスを実行することで作成されます。

  • スコープ定義
  • 要求事項収集
  • WBS作成

ベースラインに定められたスコープは、プロジェクトのサイクルを通して監視、検証、コントロールの対象です。

2.スケジュール・ベースライン

スケジュール・ベースラインとは、プロジェクトの進行状況との比較になる基準値スケジュールのこと。

プロジェクトの作業やフォロー作業をはじめ、これまでの過程をタスクごとにスケジュールへ当てはめます。

3.コスト・ベースライン

コスト・ベースラインとは、プロジェクトにかかる予算の基準値のことです。

時間軸ベースで結果と比較することで、プロジェクト全体のコストパフォーマンスを測定、監視、コントロールできます。

プロジェクト全体の期間中、どれくらいの予算を配分しなければいけないかを明確化します。

コストの見積もり結果からプロジェクトスケジュールの工程ごとに必要な資金を算出可能です。

4.パフォーマンス測定ベースライン(PMB)

パフォーマンス測定ベースラインとは、これまでの3つのベースラインを完全に統合したものを指します。

ベースラインがすべて統合されている場合、スケジュールの遅れによってコストにどんな影響があるのかなどを把握できます。

何らかの要素に変更があれば、ほかの要素への影響を効率よく監視・管理できる点が特徴です。

プロジェクト全体のパフォーマンスを測定するためにも、パフォーマンス測定ベースラインは必要不可欠な要素となっています。

ベースラインでプロジェクト管理をする2つのメリット

ベースラインでプロジェクト管理をする2つのメリットベースラインでプロジェクト管理をするメリットは、以下の2つです。

  1. コストやスケジュールを管理できる
  2. プロジェクトの進捗状況を測定できる

それでは順番に解説します。

1.コストやスケジュールを管理できる

ベースラインではコストやスケジュール、スコープを基準として設定します。

そのため、プロジェクト開始後の実際の状況を、基準となるベースラインと照らし合わせることで、将来的なプロジェクト進行の参考とすることができます。

プロジェクトに変更はつきものなので、当初のコストやスケジュールの想定との差分を把握できることはメリットとなります。

2.プロジェクトの進捗状況を測定できる

ベースラインならプロジェクトごとの進捗状況を測定できます。

タスクの進行状況とスケジュールを図表で比較できるので、遅れが生じていれば早急に対応が可能です。

またメンバー全体で監視、管理、報告をすれば作業の漏れをなくしてスムーズにプロジェクトを進められます。

プロジェクトに変更があったときに別のプロジェクトに与える影響を効率よく監視・管理できる点がメリットです。

関連記事はこちら>>タスク管理が上手い人の特徴は?作業効率を上げる方法とツールを紹介

ベースライン欠如で発生する3つの問題点

ベースライン欠如で発生する3つの問題点プロジェクトにおいてベースラインが欠如していると、以下のような問題が発生します。

  1. スケジュールの遅延
  2. 品質管理の問題
  3. 変更管理の問題

上記3つすべての落とし所が、ベースラインの存在には必要です。

ベースラインが欠如すると、プロジェクトが納期までに間に合わなくなったり、クライアントが求める仕上がりにならなかったりする恐れがあります。

1.スケジュールの遅延

どんなプロジェクトにもスケジュールの設定は必要不可欠です。

いつまでにプロジェクトを完了させるのかを決めておかなければ、クライアントにも迷惑がかかります。

スケジュール・ベースラインを作成すればプロジェクトの進行状況をスケジュールと比較できるので、納期に余裕をもたせることができます。

同時進行するプロジェクト数が多くなるごとに管理は必要になるため、ベースラインの存在は必要です。

2.品質管理の問題

ベースラインがなければ、プロジェクトの作業範囲を確認することが難しくなります。

例えば、アパレルショップで服を売ることはわかっていても、それぞれの特徴を理解していなければ説明もできません。

何をどうすればいいのかという基礎を明確化するには、前述で説明したスコープ・ベースラインを意識する必要があります。

プロジェクトのサイクルを回すためにもベースラインは重要です

3.変更管理の問題

プロジェクトに変更があった場合、ベースラインが構築されていなければ以前との変更箇所を把握しづらいです。

またプロジェクトの管理も困難になるので、わからないままプロジェクトが進行する恐れがあります。

プロジェクトの成果物が目的の品質になっているかを判断することも難しくなります。

変更事項を追跡してプロジェクトを管理するためにも、ベースラインは必要です。

関連記事はこちら>>【初心者必見】クリティカルパスとは?詳細や見つけ方を詳しく解説!

ベースラインを設定するならLychee Redmineがおすすめ

Lychee Redmineプロジェクト管理の効率性を上げるために便利なベースラインです。
はじめたことがない方には少しハードルが高いと思うかもしれません。

「自己流を試して失敗すると時間がもったいない」と悩む方もいるのではないでしょうか。

そんなときは簡単に扱えるプロジェクト管理ツールがおすすめです。

Lychee Redmine」ならベースライン機能が搭載されており、プロジェクトの開始日を決めるだけで簡単に集計できます。

ほかにもスケジュールの全体像をわかりやすく把握できるため、各プロジェクトの進行状況を即座に知ることが可能です。

今ならどんなプランでも30日間無料で体験できるトライアルを実施しているので、まずは試してみたい方にもおすすめです。

「費用をおさえて試したい」という方には無料で使えるフリープランもあるため、ぜひ一度導入してみてはいかがでしょうか。

プラン月額料金ユーザー数チケット数機能
フリー0円無制限5,000件タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード800円無制限無制限タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム1,200円無制限無制限スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ要問合せ無制限無制限

全ての機能

効率的なプロジェクト管理のためにベースラインを取り入れましょう

効率的なプロジェクト管理のためにベースラインを取り入れましょう。今回は、プロジェクトマネジメントにおけるベースラインの役割やメリットを紹介しました。

ベースラインを使えば進捗や予算、成果物を比較できるので、問題があったときでも早急に対応が可能です。

将来的な予測にも役立てられるため、事前に対策を考えることもできます。

もしベースラインを取り入れるためにどうすればいいかわからないなら、便利なプロジェクト管理ツールの導入をおすすめします。

効率よくプロジェクトを進めるためにも、ぜひご検討ください。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加