「プロジェクト管理といっても、具体的に何をするのかわからない」
「効率よくプロジェクトを管理できるツールを知りたい」

などの意見をもっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、プロジェクト管理についての基本をまとめました。
効率よくプロジェクトを管理するためのツールを紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

プロジェクト管理とは

まずは、プロジェクト管理とは何かを理解しておきましょう。

プロジェクト管理の意味を解説

プロジェクト管理とは、プロジェクトを成功させるために計画を立てコントロールすることで、プロジェクトマネジメントとも呼ばれています。

プロジェクトには期限があるだけでなく、通常の業務にはない要素が含まれています。
そのため、プロジェクトの成功から逆算してプロセスを計画することが不可欠です。

プロジェクトの途中で生じた問題にも対応しながら業務を遂行する必要があり、プロジェクト管理は簡単ではありません。

プロジェクト管理はなぜ必要?

ビジネススキルが問われるプロジェクト管理。
そして、プロジェクト管理はプロジェクトの成功に欠かせない重要な要素です。

プロジェクト管理が疎かになると、さまざまな弊害が生じます。

  • 品質の低下
  • 予算オーバー
  • 納期の超過 など

上記のような問題が原因でクライアントからの信頼を失わないためにも、プロジェクト管理を徹底しなければいけません。

関連記事はこちら>>プロジェクトマネジメントとは一歩リードするための必須スキル

プロジェクト管理に必要な3つのスキル

プロジェクト管理に必要な3つのスキルを順番に見ていきましょう。

①コミュニケーションスキル

社会人であれば、誰もが最低限はもっておきたいコミュニケーションスキル。
プロジェクト管理では、特に重要なスキルです。

プロジェクトには、多くの人が関わりますよね。
メンバー間で食い違いを生じさせず、全体が同じ方向を目指して業務を進めなければ、プロジェクトの成功はあり得ません。
そのためには、メンバーそれぞれが円滑にコミュニケーションを取れる対人スキルが必要です。

②問題を分析し解決するスキル

どんなプロジェクトであっても、多少の問題は生じてしまうものです。
そこで問われるのが、プロジェクトの管理者であるプロジェクトマネージャーの問題を分析して解決する能力になります。

トラブルの内容によっては人員や予算の見直し、スケジュールの変更などを迫られるかもしれません。
厳しい選択を強いられた際でも、落ち着いて原因を予想し判断をくだすスキルが求められます。

③ビジネススキル

プロジェクト管理をおこなう場合、プロジェクトメンバーを指導する場面もあるでしょう。
しかし、管理者の知識が浅く未熟なものであれば、メンバーからは聞く耳をもたれませんよね。

メンバーに助言を与えるには、ビジネスに関する幅広い知識が必要です。
例えば、プログラミングやデザインといった技術的な知識だけでなく、ビジネスマナーやタスク管理の方法といった基本的な知識など。

プロジェクトを管理する場合、多岐にわたるビジネススキルを指導できるレベルを身につけていなければいけません。

関連記事はこちら>>プロジェクトマネジメントって何するの?基本やツール、おすすめの本を紹介!

プロジェクト管理はスケジュール管理から

プロジェクト管理において重要な、スケジュール管理について解説します。

スケジュール管理の利点と注意点

スケジュール管理はタスクのもれを防いだり、プロジェクトメンバーとスケジュールを共有したりする目的でおこないます。
スケジュールをしっかりと管理できれば、次のように多くのメリットが得られます。

  • 作業の効率が上がる
  • いつ何をやるべきか明確になる
  • 予想外のアクシデントに対応できる
  • スケジュールをこなすことで達成感が生まれる など

一方で、スケジュール管理には注意すべき点もあります。
予定を詰め込みすぎないことです。

バッファと呼ばれる、タスクの遅れに対応する時間を設定していれば別です。
しかし、余裕をまったくもたせずスケジュールを埋めてしまうと、不測の事態に対応できません。

また、優先順位をつけることも忘れないでください。
優先順位をつけず、簡単なタスクから取り掛かるとどうなるでしょうか?

後回しにされた重要で難易度の高いタスクに問題が生じたとします。
時間に余裕がないため、適切に処理できないという事態になりかねませんよね。

スケジュール管理では優先順位をつけ、ある程度の余裕をもたせましょう。

プロジェクトにおけるスケジュール管理のはじめ方

スケジュールの管理では、5つの手順を踏んでください。
今回はスケジュール管理の入り口である「マイルストーンの決定」について解説します。

マイルストーンとは、プロジェクトにおける中間の目標や節目となるポイントのこと。
長期に及ぶ規模の大きなプロジェクトに取り組む際は、マイルストーンから設定するとよいでしょう。

スケジュールを管理する手順の続きを知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事はこちら>>プロジェクトスケジュールの管理方法とおすすめツール5選を徹底解説

プロジェクト管理ツールにはガントチャートがおすすめ

プロジェクト管理で使用される頻度の高い、ガントチャートについて説明します。

プロジェクト管理に役立つガントチャートとは

ガントチャートはプロジェクト全体のスケジュールを管理するための横帯グラフです。
横軸には日程が、縦軸にはタスクの内容や担当者の名前が入ります。

メンバーそれぞれの役割と進捗状況が一目で確認できるため、業種を問わず多くのプロジェクトで使われています。

ガントチャートはExcelでも作成できますが、専用ツールが便利です。
おすすめのガントチャートツールについては、下記の記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

関連記事はこちら>>【2021年】プロジェクト管理用のガントチャートおすすめ10選

プロジェクト管理に使えるガントチャートのメリット

ガントチャートが支持されているのは、以下のようなメリットがあるためです。

  • 操作が容易
  • プロジェクト全体を可視化できる
  • チーム内でスケジュールを共有できる など

メンバー全員がプロジェクトの全体像を把握できるガントチャートは、さまざまなビジネスシーンで活用できます。
プロジェクト管理には、ガントチャートを使用してみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら>>無料のガントチャートでプロジェクト管理!選び方とオススメツールをご紹介

プロジェクト管理におすすめのツール

プロジェクト管理に役立つおすすめのツールを紹介します。

プロジェクト管理にツールを使用するメリット

プロジェクト管理には、専用のツールが便利です。
なぜならプロジェクト管理ツールには、業務を遂行するためのさまざまな機能が備わっているから。

ガントチャート機能でプロジェクト全体のスケジュールを管理したり、収支を算出する機能でコスト管理ができたりします。
ツールによって使える機能は異なるので、プロジェクトに適したサービス選んでください。

プロジェクト管理ツールはLychee Redmineが便利

プロジェクト管理ツールの数は多く、どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。
数あるツールの中でもおすすめは、使える機能が豊富なLychee Redmineです。

  • ガントチャート
  • カンバン
  • タイムマネジメント
  • コスト
  • CCPM など

以上のように、数多くの機能がLychee Redmineには備わっています。

フリープランは基本機能(ワークフロー・通知設定・ファイル共有・Wiki)とカンバン機能の限定された機能しか利用できませんが、有料プランはガントチャートをはじめさらに多くの機能が利用できます。

有料プランは30日間の無料トライアル期間を提供しているので、リスクなく始められ、その価値を実感できるはずです。ぜひ一度お試しで使い、操作性を確かめてみましょう。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム[★一番人気] 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

関連記事はこちら>>おすすめのプロジェクト管理用アプリ7選!

基本を押さえてプロジェクトを管理しよう!

プロジェクト管理について、用いられる手法や必要なスキル、おすすめのツールなどを解説しました。

プロジェクト管理の基本は押さえられたでしょうか。
プロジェクト管理についての理解を深めた後は、実際にプロジェクト管理ツールを使った実践に移りましょう。

おすすめはプロジェクト管理に必要な機能が充実しているLychee Redmine。
フリープランでも、カンバンなどの基本的な機能を使用できます。
ぜひ利用してみてください。

関連キーワード:
このエントリーをはてなブックマークに追加