プロジェクト管理は、ビジネスを成功させるために欠かせない業務です。

しかし、初めてプロジェクト管理を任された方の多くは、下記のお悩みをお持ちではないでしょうか。

「プロジェクトをどのように管理すればよいのか?」
「プロジェクト管理のコツを知りたい」

そこで本記事では、ビジネスで役立つ5つのプロジェクト管理手法を紹介します。

ビジネスにおけるプロジェクト管理とは?

そもそも、ビジネスにおけるプロジェクト管理とは、一体どのような業務なのでしょうか。

本章では、プロジェクト管理の概要と必要性について紹介します。

合わせて読みたい

ビジネスパーソン必見!プロジェクト管理の基本を徹底解説

ビジネスパーソン必見!プロジェクト管理の基本を徹底解説

「プロジェクト管理といっても、具体的に何をするのかわからない」 「効率よくプロジェクトを管理できるツールを知りたい」 などの意見をもっている人も多いのではないで.....

プロジェクト管理の意味

プロジェクト管理とは、ビジネスを成功させるために、進捗やタスクなどのプロジェクトにかかわるすべての要素を管理・計画することです。

ビジネスシーンでは、プロジェクトマネジメントとも呼ばれます。

ひとえにプロジェクト管理といっても、さまざまな管理項目が存在します。

代表的な管理項目は、下に示す5つの要素です。

コスト管理プロジェクトの収支を管理
リスク管理トラブルの予測とリスクへの対処
納期管理工程表を用いたスケジュールの管理
品質管理商品・サービスの品質を管理し最適化を図る
リソース管理ヒト・モノ・カネの流れを管理し適切に配分

かつてはベテラン従業員による、経験や勘に頼った属人的な管理が一般的でした。

しかし近年、さまざまなプロジェクト管理の手法が確立し、ロジカル的な管理が主流です。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

ビジネスで役立つプロジェクト管理手法5選

ビジネスで役立つプロジェクト管理手法は、下記の5つです。

  1. WBS
  2. EVM
  3. CCPM
  4. P2M
  5. ガントチャート

本章では、各手法の特徴を解説します。
プロジェクトを効率よく遂行し、ビジネスを成功させるためにも、自社に適した管理手法を見つけてください。

1.WBS

WBS(Work Breakdown Structure)とは、プロジェクト全体を細かなタスクに分解し、順序立てて構造化する管理手法です。

ひとつの大きな塊であるプロジェクトを、個人のタスクレベルにまで細分化し、担当者や期限を明確にします。

WBSを用いると、タスク漏れの防止やプロジェクト達成にかかる期間・コストの予測が可能です。

また、タスクをメンバー単位やチーム単位に構造化することで、仮に遅延が生じた場合でも迅速なリカバリーが実現できます。

合わせて読みたい

WBSとは?使いこなすための基礎知識を紹介

WBSとは?使いこなすための基礎知識を紹介

プロジェクト管理に役立つWBSですが、その意味や作成手順はご存じでしょうか。 「IT未経験でWBSが何なのか、さっぱりわからない」 「時間のかかるWBS作成の効.....

2.EVM

EVM(Earned Value Management)とは、プロジェクトを進捗のみならず、出来高やコストの観点から分析する管理手法です。

プロジェクトの代表的な失敗は、納期内に完遂したものの、予算がオーバーしているケースです。

EVMはこうした失敗を防ぐために、進捗とコストの両面からプロジェクトの状況を管理します。

従来のプロジェクト管理手法は、計画に対する遅延や進捗のみを管理するだけですが、EVMにはコスト管理の要素が内包されます。

たとえば、出来高を表すEV指標や投入したコストを表すAC指標などです。

こうした指標が用いられることで、客観性・合理性の高い管理が実現できます。

3.CCPM

CCPM (Critical Chain Project Management)は、バッファを一元管理することで納期の短縮を目指す管理手法です。

プロジェクト管理におけるバッファとは、タスクの遅れを補填するために、あらかじめ設定しておく予備期間を指します。

一般的なプロジェクト管理では、各工程にバッファを設けるます。
よって、どの程度消費されているのかを把握しづらく、浪費されがちです。

CCPMは、各工程に設けられたバッファを取り除き必要時のみに使用することで、バッファの浪費を削減します。

4.P2M

P2M(Project & Program Management)とは、プロジェクト管理にプログラムマネジメントの要素を取り入れた手法です。

プログラムマネジメントは、複数のプロジェクトを相互に連携させながら管理することです。

大規模なプロジェクトは一括した管理が難しいため、複数のプロジェクトに細分化するケースが多くみられます。

ただ、この複数のプロジェクトは1つのゴールに向かって遂行されるため、お互いに密な連携を取りつつ進めなければなりません。

そこで効果を発揮するのが、複数のプロジェクトを一貫したサイクルで管理するP2Mです。

5.ガントチャート

ガントチャートは、プロジェクトの進捗や担当者を、可視化させる手法です。

具体的には、縦軸に作業内容や担当者を、横軸に時間を記録し、棒グラフとして可視化します。

ガントチャートを活用すると、プロジェクト全体の進捗率を把握できるだけなく、メンバーごとのタスク状況を管理できます。

遅延や業務の偏りが生じた場合でも、瞬時にリソースを再分配できるため、トラブルを未然に防止できるでしょう。

ビジネスを成功に!プロジェクト管理における4つのコツ

プロジェクトを効率的に管理するには、上記で紹介した手法を用いるのがおすすめです。

加えて、下記4つのコツを実践すれば、プロジェクトの成功率を高められるでしょう。

  • プロジェクトの目的を念頭におき管理する
  • タスク・工程は適切な粒度に細分化
  • トラブルは小さなうちに対処する
  • ツールを活用し効率的にプロジェクトを管理

上記4つのコツを順に紹介します。

プロジェクトの目的を念頭におき管理する

プロジェクトを成功させるには、目的を念頭におき、計画・管理することが大切です。

プロジェクトの目的が不明確な場合、チーム内で認識のズレが生じやすく、成果物の品質にも影響を及ぼします。
また、プロジェクトの管理者も、タスクの優先順位を立てづらく、ムダな管理工数が生じるでしょう。

そのため、プロジェクトの達成目標・目的を明確にし、チーム内へ共有するのがおすすめです。

タスク・工程は適切な粒度に細分化

特に中長期的なプロジェクトを管理する場合は、タスク・工程を適切な粒度へ細分化する必要があります。

理由は、作業工程を細分化しないままタスクを洗い出せば、漏れが生じたり、思わぬリスクを見落としたりするためです。

一方、タスク・工程を細分化すると、タスクの所要時間や必要リソースを見積りやすいため、精度の高い計画を策定できます。

万が一トラブルが生じた場合でも、プロジェクト全体への影響を最小限にとどめられるでしょう。

数週間〜数ヶ月におよぶ中長期プロジェクトを管理する場合は、作業の区切りや日数などをもとに細分化してみてください。

トラブルは見つけ次第、迅速に対処する

プロジェクトでは、当日中に解決できる小さなものから、プロジェクトの進捗に影響を及ぼす大きなものまでさまざまなトラブルが発生します。

トラブルを対処せずにいると徐々に深刻化し、プロジェクトに影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、トラブルの大きさにかかわらず、見つけ次第迅速に対処することが大切です。

プロジェクトの成功を妨げる要素は、できる限り取り除くとよいでしょう。

ツールを活用し効率的にプロジェクトを管理

プロジェクトを少ない工数で効率的に管理するには、プロジェクト管理ツールがおすすめです。

先ほど紹介したEVMやCCPM、ガントチャートなど、さまざまな手法が搭載されており、高度なプロジェクト管理を実現できます。

また、SlackやGoogleカレンダーなどの外部サービスと連携できる製品が多いため、メンバーとの情報共有も容易です。

提供されているツールは、IT初心者向けのシンプルなツールや大規模プロジェクト向けの多機能ツールまで、多岐にわたります。

自社のプロジェクト規模や必要機能を洗い出し、製品選定を進めるとよいでしょう。

ビジネスに役立つプロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

プロジェクト管理ツールを初めて利用する方には、Lychee Redmineがおすすめです。

Lychee Redmineは、オープンソースのRedmineをベースに、機能性・操作性を向上させたツールです。

初めて扱う方でも直感的に操作でき、豊富な搭載機能で高度なプロジェクト管理を実現できます。

本章では、ビジネスに役立つ「Lychee Redmine」について紹介します。

9種類以上のプロジェクト管理手法に対応

Lychee Redmineには、下記9種類のプロジェクト管理手法が搭載されています。

  • ガントチャート
  • カンバン
  • ダッシュボード
  • タイムマネジメント
  • リソース管理
  • EVM
  • コスト管理
  • プロジェクトレポート
  • CCPM

プロジェクトの進捗管理のみならず、コスト管理やリソース管理も可能です。

また、状況に応じて、必要な機能のみを追加できる拡張性も魅力です。

ベースとなっているRedmineのプラグインにも対応しているため、複雑なプロジェクトにも柔軟に対応できます。

シンプルなUIで直感的な操作が可能

Lychee Redmine最大の魅力は、初めて扱う方でも直感的に操作できるシンプルなUIです。

必要情報を入力するだけで、ガントチャートを生成できます。

さらに、Lychee Redmineでは、充実したサポートサービスが受けられます

導入サポートやマニュアルのみならず、従業員への定着化支援やセミナーも受講可能です。

また、ベースのRedmineに関する情報が、インターネットや書籍でも多数公開されているため、IT初心者の方でも扱いやすいプロジェクト管理ツールです。

Lychee Redmineの全機能が無料で試せるトライアルが完備

Lychee Redmineでは、30日間の無料トライアルが用意されています

無料トライアルではすべての機能が使えるため、使用感や自社に必要な機能も確かめられます。

まずはお気軽にLychee Redmineを試してみてはいかがでしょうか。

無料プロジェクト管理ツールでビジネスを成功へ導こう

本記事では、ビジネスで役立つ5つのプロジェクト管理手法を紹介しました。

プロジェクトを効率よく遂行し、ビジネスを成功させるためには、下記の管理手法が有効です。

  • WBS
  • EVM
  • CCPM
  • P2M
  • ガントチャート

少ない工数で効率的に管理するには、プロジェクト管理ツールがおすすめです。

中でもLychee Redmineは、初めて扱う方でも直感的に操作できるツールです。

また、サポートサービスも充実しているため、安心して利用できるでしょう。

今なら30日間の無料トライアルが利用できるため、まずは実際に利用してみてはいかがでしょうか。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加