効率良く作業を進めたい現場監督は「見やすい工程表を作成したい」などの悩みもあるのではないでしょうか。

現場で施工管理する場合、工程表を作成する必要があります。

工程表は全体の流れを把握するために必要となるので、見づらいかたちに作成してしまうと共有することは難しいですよね。

当記事では、工程表の詳細から見やすさが必要な理由、作成のポイント、テクニックについて詳しく解説します。

見やすい工程表を作成するノウハウをまとめて理解できるので、ぜひ参考にご覧ください。

工程表とは

工程表とは工程表とは、作業現場において必要な作業予定表や進行予定表を指します。

工程表を作成することでスケジュール通りに作業を進めるにはどうすればいいのかを明確にできます。

また作業現場に必要な物資や人員、今後用意しなければいけないものなども明確にできるため、効率良く作業するためには必要不可欠です。

もし工程表がなければ、スケジュール通りに作業が進まなかったり納期に追われたりと問題が発生する恐れがあります。

工程表を作成すれば作業手配や事前準備などもおこなえるので、作業期間の短縮による効率性が大幅に改善されます。

合わせて読みたい

工程表とは?用語の意味、役割、種類、おすすめのサービスを紹介

工程表とは?用語の意味、役割、種類、おすすめのサービスを紹介

プロジェクト管理や、工事の現場管理に使われる「工程表」。 プロジェクトのスムーズな進行に不可欠な存在です。 とはいえ、「工程表はなぜ作るの?」「そもそも工程表と.....

工程表の種類

工程表の種類工程表には、以下のような4つの種類があります。

  1. ガントチャート工程表
  2. グラフ式工程表
  3. バーチャート工程表
  4. ネットワーク工程表

工程表は、種類によって明確にできる内容が異なります。
よって、作業や目的に応じて最適なものを選びましょう。

それぞれの工程表に関する詳細や特徴を説明するので、ぜひ参考にご覧ください。

1)ガントチャート工程表

ガントチャート工程表は、縦軸に業務名、横軸に各作業の進捗率を記入する表です。

書き込みが少し難しいですが、作業がどれくらい達成できているのかを把握しやすい点がメリットです。

またトラブルや遅延も把握できるので、問題点を優先的に対処できるようになります。

作業の進捗率は進行状況に合わせて書き込むため、直感的にわかる工程表を使いたいときにおすすめです。

2)グラフ式工程表

グラフ式工程表は、縦軸に各作業の進捗率、横軸に作業日時を記入する表です。

主に進捗率と作業予定日時をチェックするために利用されており、曲線で表示されるのでわかりやすい点が特徴です。

どの作業が遅れていて、予定に対してどのような影響があるのかを確認できます。

作業の進捗率を把握できない点がデメリットです。
しかし、予定通りに作業をこなしていきたいときには最適な工程表です。

3)バーチャート工程表

バーチャート工程表は、縦軸に作業項目、横軸に作業の日付を記入する表です。

工程表のなかでは最も定番となっており、多くの作業現場で使われています。

比較的、簡単に書くことができて誰でもスケジュールを把握しやすい特徴があります。
初心者は、バーチャート工程表がおすすめです。

作業間の関連性がわかりづらい点がデメリットとなっているため、簡易的に全体を管理したいときの利用が最適です。

4)ネットワーク工程表

ネットワーク工程表は、円と矢印によって各作業の関連性や工数を明確化できる表です。

最短でプロジェクトを完了させるために同時進行できる作業や、優先事項などを把握できる点が特徴となっています。

とくに大きな工事現場の工程管理をしなければいけないときには最適なので、一つずつプロジェクトを終わらせたいときにおすすめです。

デメリットとして、進捗状況がわかりづらく作成が難しい点があげられるため、工程表の作成に慣れたタイミングで利用するとよいでしょう。

見やすい工程表が必要な3つの理由

見やすい工程表が必要な3つの理由見やすい工程表が必要な理由には以下の3つがあります。

  1. 着工遅れを出さないため
  2. 急な計画変更にも対応するため
  3. お客様と建築計画を共有するため

順に見ていきましょう。

1.着工遅れを出さないため

作業現場では、着工日が事前に決められていることが基本です。
しかし、状況によっては予定日に着工できないこともあります。

予定日に着工できなくても、見やすい工程表があればスケジュールを調整して現場をスムーズに動かせられます。

作業員が何を優先しなければいけないかを理解できるので、全体的に効率良く作業可能です。

着工遅れはクライアントにも迷惑がかかってしまうため、見やすい工程表を用意すればスケジュールを調整しながら納期に合わせて作業できるようになります。

また作業員から効率性の高い段取りを提案してくれることもあるので、工期よりも早く仕上げるための施策が見つかることもあるでしょう。

2.急な計画変更にも対応するため

クライアントと業者の意見に相違があったときは、急な計画変更になることがあります。

急な計画変更があったときでも見やすい工程表があれば、全体を確認して適切な調整を加えられます。

人員や作業スケジュールなどの進捗状況から工程の調整、人員の増加といった必要事項を把握しやすいため、協力業者と相談しながら対応可能です。

もし協力業者の調整が難しければ、予算をチェックしてほかの業者に依頼する選択も取れます。

クライアントだけでなく、天災や発注物不足といった問題によって計画変更になることもあるので対応できるようにしておきましょう。
万が一のトラブルに備えておくためにも、見やすい工程表を用意しておく必要があります。

3.お客様と建築計画を共有するため

工程表は作業現場の作業員だけでなく、クライアントとなるお客様と共有することもあります。

理由としては、工程表から建築スケジュールや建築工程などをチェックしてもらうことで安心して工事を任せられるからです。

また作業内容によっては、騒音や塗装に臭いといった問題が発生する場合もあります。
工程表にわかりやすく注意書きを加えておけば、お客様からの不信感もなくせるでしょう。

お客様も建築計画を把握しておけば、近隣住民への告知もしやすくなるためクレーム問題も減ります。

作業現場だけでなく、関係者全員が快適な環境にするためにも、見やすい工程表は重要です。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

見やすい工程表を作成するポイント

見やすい工程表を作成するポイント見やすい工程表を作成するときは、以下のポイントを意識しましょう。

  • わかりやすいデザインでシンプル
  • 専門的な表現や用語は使わない
  • 作業内容と工事場所に分ける
  • 時間単位を切り替えて表示する
  • 印刷時の状態も意識する

それでは順番に解説します。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

わかりやすいデザインでシンプル

工程表を作成するときは、見たときに内容がわかりやすいことが大切です。

内容を詰め込みすぎず、工事場所や作業内容、進捗状況などは各項目に分けて作成すればシンプルになります。

情報がシンプルになれば、各作業員のタスクや各施工箇所の進捗状況などが明確にできます。

また各項目に進捗状況を把握することで同時進行できる作業を可視化できるので、全体的な作業効率も高くなるでしょう。

専門的な表現や用語は使わない

工程表は作業員だけでなくクライアントが見ることもあるので、専門的な表現や用語は使わないようにすることが大切です。

専門的な表現や用語が多いと説明点が増えてしまうため、結果的に無駄が多くなってしまう原因となります。

現場のみで工程表を使う場合は、専門用語を記載しても問題ありません。

しかし関係者全員が見るときは誰でもわかるように工程表を記載しなくてはいけません。

普段から使っている言葉も知らずに専門用語を使っていることもあるので、クライアントとやり取りをするときも注意しましょう。

作業内容と工事場所に分ける

見やすい工程表にするときは、作業内容と工事場所を分けて作成するようにしましょう。

同じ部分に内容を詰め込みすぎると、情報が多くわかりづらくなってしまいます。
それぞれの項目に分けて、わかりやすく記載することがおすすめです。

各作業員がどのようなタスクを抱えているのか、工事の進捗状況はどれくらいなのかなどを把握するためにも情報を整理してそれぞれ分けるようにしましょう。

時間単位を切り替えて表示する

基本的に工程表は、日単位で作業内容を記載します。
現場作業員ではない限り、日単位の工程を把握する必要はありません。

とくに工期が長いプロジェクトは週単位や月単位の工程表が必要です。
現場作業員用とは別に、工程表を作成するようにしましょう。

プロジェクトや用途に合わせて、時間単位も切り替えられるように工程表を表示することがおすすめです。

印刷時の状態も意識する

工程表は、データだけでなく紙媒体として利用することも多くあります。
印刷時の状態も意識するようにしましょう。

例えば、複数ではなく1枚の工程表に収められるデザインや白黒で見えなくなる部分などのチェックです。

工程表を作成したら、印刷して改善点がないか一度確認するようにしましょう。

合わせて読みたい

現場で使いやすい工程表アプリの選び方は?効果的なアプリ3選を紹介

現場で使いやすい工程表アプリの選び方は?効果的なアプリ3選を紹介

現場の動きを管理するために使われる「工程表アプリ」。 現場監督の方は、現状の問題を改善するために導入を検討しているのではないでしょうか。 しかしこれまで工程表ア.....

工程表の作成はLychee Redmineがおすすめ

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「自分の力では工程表の作成が難しい」

「工程表を作成している時間がない」

見やすい工程表を作成しようと考えている方のなかには、このような悩みを持っているのではないでしょうか。

工程表の作成は慣れが必要なので、いざ作ってみても理想的なものへ近づけることは難しいです。

そんなときは業界不問で利用できるプロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」がおすすめです。

Lychee Redmineなら操作が苦手な方でもガントチャートやカンバン、ダッシュボードといった機能を使って簡単に工程表を作成できます。

また複数のプロジェクトの状況も可視化できるため、作業を同時進行しなければいけないときにも最適です。

今なら全プラン30日間無料のトライアルを実施しているので、まずは使い勝手を試して導入を検討してみてください。

プラン 月額料金 ユーザー数 チケット数 機能
フリー 0円 無制限 5,000件 タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード 800円 無制限 無制限 タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム 1,200円 無制限 無制限 スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ 要問合せ 無制限 無制限

すべての機能

見やすい工程表で現場を支えましょう

見やすい工程表で現場を支えましょう今回は、見やすい工程表の作成方法について詳しく解説しました。

工程表を見やすくすることによって着工遅れや急な計画変更、お客様との建築計画の共有に役立ちます。

工程表を作成するときは当記事で紹介したポイントを意識しながら反映させていきましょう。

「自分だけの力では工程表の作成が難しい」などの悩みを持っているときは、ぜひLychee Redmineの導入を検討してみてください。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加