すべての機能を無料で30日間お試し
導入企業 7,000社突破!
ガントチャート満足度No.1
Lychee Redmine
1分で簡単登録!まずは無料で試す

無料で使うことができるプロジェクト管理ツール「Redmine」。

「どのようなツールで、何ができるのか気になる」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Redmineのメリット・デメリットと搭載機能を紹介します。

後半では、クラウド対応のおすすめRedmineを解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

プロジェクト管理ツール「Redmine」とは?

Redmineは、ソースコードが無料で提供される、オープンソースのプロジェクト管理ツールです。
無料でありながら、ガントチャートやチケット機能など、プロジェクト管理の必須機能を網羅的に搭載しています。

この章では、Redmineの基本情報と特徴について紹介します。

Redmineの基本情報

Redmineは、インターネット上から無料で導入・運用できる、オープンソースソフトウェアです。

タスクを記録・管理したり、社内情報を一元的に管理・共有したりでき、プロジェクトの推進をサポートしてくれます。

インストール後に機能の拡張もできますが、プロジェクト管理に必要な下記の機能が標準搭載されています。

  • チケット
  • ガントチャート
  • カレンダー
  • ロードマップ
  • Wiki
  • リポジトリ
  • ニュース

Redmineの中枢機能ともいえるのが、チケット機能です。
タスクの担当者・終了日・進捗状況などを入力でき、後から見返してもタスクの詳細を一目で把握できます。

また、入力したチケットは、ガントチャートやロードマップなどに出力できるため、プロジェクト全体の進捗管理が可能です。

Redmineならではのメリット

Redmineならではのメリットには、下記の3つがあります。

  • 豊富なプラグインでカスタマイズ可能
  • アプリ「RedminePM」はモバイル端末でも利用可能
  • 活用に役立つ情報が豊富で「Redmineフリーサロン」も便利

まず、Redmineの優れた点は、豊富なプラグインにより機能や仕様をカスタマイズできることです。
プラグインの種類が多い上に、ベースとなるソースコードの編集に制限がないため、自由に機能を拡張できます。

次に、「RedminePM」というアプリを利用すれば、Redmineの機能をモバイル端末で利用可能です。
App Store・GooglePlayのいずれにも対応しており、無料で利用できます。

持ち運びがしやすいモバイル端末からプロジェクトを管理できるため、外出先でも手軽に利用できるでしょう。

また、Redmineは2006年に提供されて以来、国内外の多くの企業で利用されているプロジェクト管理ツールです。
そのため、インターネット上や書籍に多くの情報が公開されており、利用時の困り事もすぐに調べられます

近年では、オンラインで利用できる「Redmineフリーサロン」というユーザコミュニティサイトも登場し、Redmineに関する相談やコミュニケーションが行えます。

すべての機能を無料で30日間お試し
導入企業 7,000社突破!
ガントチャート満足度No.1
Lychee Redmine
1分で簡単登録!まずは無料で試す

Redmineならではのデメリット

一方、Redmineならではのデメリットも存在します。

  • 導入・運用時にコマンド操作やサーバーに関する知見が必要
  • カスタマイズの制限
  • サポートがない

Redmineでは、導入・運用時にコマンドを打ち込む必要があり、コマンドラインで作業するための知見が求められます。
マニュアルが用意されているケースもありますが、有識者向けに作られているため、まったく見識がない方だと利用が難しいでしょう。

また、オープンソースで提供されるRedmineには、サポートサービスが存在しません。
バグや動作不良が生じても、自力で解決しなければならないのです。

総じて、サーバ管理に関する知見がないと、扱いづらいことがRedmineならではのデメリットといえます。

上記のような特徴に不安をお持ちの場合は、サーバ管理に関する知見や経験がない方でも管理を任せて利用できる、クラウド版Redmineがおすすめです。

合わせて読みたい

無料で使えるRedmineとは?インストール方法とおすすめツールをご紹介

無料で使えるRedmineとは?インストール方法とおすすめツールをご紹介

「プロジェクト管理ツールって、たくさんあるな。どれがいいのかな」 「Redmineが無料で使えてオススメのプロジェクト管理ツールって聞いたけど、実際はどうなの」.....

プロジェクト管理ツールRedmineでできること

プロジェクト管理ツールRedmineでは、どのようなことができるのでしょうか。
Redmineの標準機能でできることを、4つピックアップしました。

  • チケットによるタスク管理
  • プロジェクトの進捗を多角的に出力
  • Wikiによるメンバーへのルール共有
  • 作業時間の自動計算

それぞれ順に紹介します。

チケットによるタスク管理

1つ目は、タスクを「チケット」として登録し管理できることです。
チケットには、実施すべき作業内容や優先度、担当者や期日などを登録できます。

Redmineでは、1つ1つのタスクにチケットを割り当て、プロジェクトの進捗状況に応じてチケットを更新していくのが基本的な流れです。

プロジェクトでは、日々やるべきことが変化していくものですが、そのタスクを付箋で書き留めるようなイメージです。

チケットを活用しタスクを細分化しておくことで、やるべきことが整理しやすくなります。

プロジェクトの進捗を多角的に出力

2つ目は、プロジェクト・タスクの状況を多角的に出力できることです。
Redmineは標準機能でできる出力方法が3つあります。

  • ガントチャート
  • ロードマップ
  • カレンダー

ガントチャートは、進捗管理に用いられる代表的なグラフです。
タスクごとの達成率・進捗度合いを可視化し、プロジェクト全体を俯瞰した進捗管理が可能です。

自ら作成する必要がなく、チケットに入力された情報をもとに自動的に作成されます。

ロードマップは、プロジェクト開始〜達成までの中間地点をマイルストーンとし、ゴールを目視しやすくするための表です。
中長期的なプロジェクトを細分化するため、タスク遅延などのトラブルにも迅速に対応できます

カレンダーは、タスクの開始と終了日をカレンダー上に表示する機能です。
カレンダーにタスクを表示することで、メンバーが自身の都合・休日を考慮した予定を立てやすくなります

このように、Redmineではプロジェクトの進捗状況をグラフ、表、カレンダーを使って多角的に出力できます。

Wikiによるメンバーへのルール共有

3つ目は、Wikiによるメンバーへのルール共有です。

Wikiとは、いわゆる「社内版ウィキペディア」のことで、社内の知見を蓄積・共有する機能を指します。
たとえば、プロジェクトに必要な資料や、業務マニュアルを保存し、メンバー間で共有できます。

Wikiは、メンバーが保存した情報を一元管理でき、他のメンバーでも取り出せるため、情報の属人化防止に効果的です。

プロジェクトの情報管理がRedmineで完結するため、メンバー間でのルールが浸透し、業務の品質向上やマネジメントの負荷軽減が期待できます。

作業時間の自動計算

4つ目は、プロジェクトの検証に役立つ、作業時間の自動計算機能です。

タスク実行時にかかった作業時間を入力しておくと、後から全チケットを一覧表示でき、作業時間が自動的に計算されます。
一覧表示にはフィルター機能が付いているため、チーム単位・メンバー単位など、さまざまな角度から作業時間を検証できます。

また、チケット作成時に予定工数(予定作業時間)を入力しておけば、検証時に実測値との比較が可能です。

Redmineでは、集計した作業時間・予定工数を多角的に捉えられるため、プロジェクトの課題発見・改善に効果的です。

クラウドに対応した3種類のRedmine

Redmineは、ソースコードをダウンロードするオンプレミス型のツールですが、クラウドに対応したRedmine製品もあります。

先ほどご紹介したように、サーバ管理に不安のある場合はクラウド版の利用がおすすめです。
クラウド対応の製品は、インターネット環境さえあれば社内外でのリアルタイムな情報共有が容易で、アクセス性の高さに強みがあります。

  • Lychee Redmine
  • My Redmine
  • Planio

この章では、3つのクラウドRedmineの特徴や違いを紹介します。

Lychee Redmine

すべての機能を無料で30日間お試し
導入企業 7,000社突破!
ガントチャート満足度No.1
Lychee Redmine
1分で簡単登録!まずは無料で試す

Lychee Redmineは、7,000社以上の導入実績を誇る、日本企業向けのプロジェクト管理ツールです。

中小規模〜大規模まで、さまざまなプロジェクト管理に対応しています。
Redmineの全機能に加え、独自の追加機能を搭載しています。

ノンプログラミングで使用できる上に、サポート体制も充実しているため、ITの知見がない方でも利用しやすいのが特徴です。

フリープランは基本機能(ワークフロー・通知設定・ファイル共有・Wiki)とカンバン機能の限定された機能しか利用できませんが、有料プランはガントチャートをはじめさらに多くの機能が利用できます。

有料プランは30日間の無料トライアル期間を提供しているので、リスクなく始められ、その価値を実感できるはずです。ぜひ一度お試しで使い、操作性を確かめてみましょう。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム[★一番人気] 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

My Redmine

引用:My Redmine

My Redmineは、ファーエンドテクノロジー(株)が提供する、日本で初めてのクラウド版Redmineです。

ファーエンドテクノロジーは、オープンソースRedmineの機能開発にも携わっており、多くのノウハウを有する会社です。

My Redmineは、提供開始から1,100社以上の導入実績があり、その知見をもとに1000以上の後付けプログラムが組み込まれています。

これまでに培った豊富な知見が集約されているため、あらゆる業種のプロジェクト管理をサポートしてくれるでしょう。

Planio

引用:Planio

Planioは、Redmineベースとしたプロジェクト管理ツールで、世界各国1,500社で導入されています。

料金プランが多数用意されているため、自社のプロジェクトサイズに合わせたプラン選択が可能です。

従来のUIがモダン風に改良されており、Git・かんばん・ビデオ会議などの独自機能を搭載しています。

ベースのRedmineにとらわれない独自の機能開発により、高い機能性を実現したプロジェクト管理ツールです。

プロジェクト管理ツールはRedmineの拡張機能「Lychee Redmine」がおすすめ

プロジェクト管理ツールのRedmineを検討している方には、先述した「Lychee Redmine」がおすすめです。

Lychee Redmineをおすすめする理由は、下記の3つです。

  • Redmineにはない機能を豊富に搭載
  • 必要機能のみを取得できる無駄のない拡張性
  • SssSならではの充実したサポート

この章では、Lychee Redmineのおすすめポイントを紹介します。

合わせて読みたい

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

タスクやメンバーなどさまざまなプロジェクト管理ができるツール「Lychee Redmine」。 大手企業をはじめ中小企業まで社以上から導入されている人気ツールで.....

Redmineにはない機能を豊富に搭載

すべての機能を無料で30日間お試し
導入企業 7,000社突破!
ガントチャート満足度No.1
Lychee Redmine
1分で簡単登録!まずは無料で試す

Lychee Redmineは、Redmineの機能を網羅しつつ、下記の追加機能(一部抜粋)を搭載しています。

  • EVM(出来高管理)
  • CCPM

EVM(出来高管理)は、プロジェクトを人件費・予算などのコスト面・進捗面から管理する機能です。

チケットの情報をもとにEVMを集計し、グラフに自動出力します。

納期遅延や予算超過などの兆候をいち早く認識できるため、リスクの顕在化を未然に防止できるでしょう。

CCPMは、バッファ消費の削減に着目した機能です。

一般的にバッファは各タスクに配置されますが、CCPMでは各タスクにバッファを設けず、前工程の最後に集約します。

一元管理されたバッファをメンバー間で共有することで、バッファ消費を最小限にとどめ、プロジェクトの効率化を実現します。

必要機能のみを取得できる無駄のないカスタマイズ性

Lychee Redmineでは標準機能の他に、カスタマイズ機能が用意されています。

カスタマイズ機能とは、必要な機能を選んで搭載できる拡張機能のことです。

自由に機能の脱着が可能なため、無駄なコストをかけず自社に最適なプロジェクト管理ツールを導入できます。

SaaSならではの充実したサポート

Lychee Redmineでは、SaaSならではの充実したサポートサービスが用意されています。

たとえば、Lychee Redmineの使い方質問やメールサポート、問い合わせシステムなどです。

Lychee Redmineの運用方法やトラブルなどにも、親身に対応してくれます。

また、ささいな疑問向けには、Lychee Redmineが運営するコミュニティーサイトやQ&A、マニュアルなどがあります。

オープンソースのRedmineにはない、充実したサポート体制は、Lychee Redmineならではの魅力です。

【参考】アジャイルウェアが開催したウェビナー内容を総まとめ

Lychee Redmineを提供する株式会社アジャイルウェアの代表、川端は、書籍「Redmine ハンドブック」を刊行しています。

株式会社アジャイルウェアでは、本書の執筆を務めた川端による『Redmineまるわかり攻略ウェビナー』を全7回にわたり開催しました。ウェビナーの内容の一部をお届けします。

ウェビナー#2:タスク管理のメソッド

Redmineハンドブックの解説セミナーでは、タスク管理のメソッドについて紹介しました。

具体的には、Redmineを使用してタスクを作成し、優先順位を設定し、期限を設定することが重要であることをお伝えしました。

また、タスクの進捗状況を追跡するために、Redmineの進捗バー機能やコメント機能の活用がおすすめです。

さらに、チーム全体でタスク管理を行うためには、各メンバーが担当するタスクや期限などの情報を共有することが必要であることをお伝えしました。

これらの方法は、プロジェクトマネージャーやチームリーダーなどがプロジェクト全体の進捗状況を把握し、問題点を特定して改善するために役立ちます。

ウェビナー#3:プロジェクト管理の手法

プロジェクト管理は、品質、コスト、納期の3つの要素を適切に管理することで、プロジェクトの成功を目指す手法です。

プロジェクトマネジメントボディオブナレッジ(PMBOK)という体系的な手法があります。これは、品質やスケジュールなどの知識エリアと、プロジェクトを計画し実行するプロセスが定義されています。

また、最新の第7波ではアジャイル開発が取り入れられており、QCD(Quality, Cost, Delivery)を守ることが求められます。

これらの要素は互いに影響し合い、例えば品質を上げるためにはコストが上がったり納期が遅れたりすることもあります。そのため、スコープ調整など4つの要素でプロジェクト管理を調整していく必要があります。

ウェビナー#4:個人でのタスク管理

Redmineを使用して個人のタスク管理を行う方法について詳しく説明しました。

個人のタスク管理は、自分自身の仕事やプロジェクトに関するタスクを効率的に管理することが目的です。

Redmineを使用することで、個人のタスク管理は簡単かつ効果的に行うことができます。

Redmineは、タスクリストやカレンダーなどの機能を提供し、優先順位や期限などの情報を追跡することができます。

また、Redmineはチームメンバーと共有することもできるため、プロジェクト全体の進捗状況を把握しやすくなります。

個人のタスク管理では、以下のようなポイントが重要です。

  •  タスクリストを作成し、優先順位や期限などの情報を追加する
  •  カレンダー機能を使用して予定を確認する
  •  完了したタスクをマークし、進捗状況を把握する
  •  チームメンバーと共有して進捗状況を確認する

これらのポイントに従って個人のタスク管理を行うことで、仕事やプロジェクトに関するタスクを効率的に管理することができます。

Redmineを使用することで、これらのポイントを簡単かつ効果的に実現することができます。

ウェビナー#5:Redmineを用いたチームでのタスク管理

チームでのタスク管理においては、タスクの分割や優先順位設定、担当者の明確化、進捗状況の共有が重要です。これらを実現するためには、プロジェクト管理ツールを活用することが効果的です。

まず、タスクを適切に分割し、優先順位を設定することが必要です。

各担当者が自分の担当範囲内で最も重要なタスクに集中できるようになります。また、各タスクに対して担当者を明確にし、進捗状況を共有することも大切です。

さらに、プロジェクト全体の進捗状況や予算などの情報を明確にし、グラフィカルな表示機能も利用して把握することが必要です。これらの情報はプロジェクト管理ツールで管理することができます。

プロジェクト管理ツールには、Lychee RedmineやTrelloなど様々なサービスがあります。

これらのツールはオンライン上で利用でき、チーム全体でタスク管理を行うことができます。また、カスタマイズ性が高く、チームのニーズに合わせて機能を追加することも可能です。

以上のように、チームでのタスク管理においては、タスクの分割や優先順位設定、担当者の明確化、進捗状況の共有が重要であり、プロジェクト管理ツールを活用することが効果的です。

ウェビナー#6:Redmineを使ったプロジェクト管理法

Redmineを使ったプロジェクト管理法には、以下のようなポイントがあります。

まず、プロジェクトを作成し、必要なメンバーを招待します。次に、カスタムフィールドやトラッカーなどの設定により、プロジェクトに必要な情報を追加します。

スケジュール管理では、ガントチャートやカレンダー機能を活用してタスクの進捗状況や期限などを把握します。

また、多くのプラグインが利用可能であり、「Agile plugin」や「Scrum plugin」、「Gitolite plugin」などがあります。

コミュニケーション面では、コメントやファイルのアップロード機能を通じてメンバー間でコミュニケーションを取ることができます。

これらの機能により、プロジェクト全体の進捗状況や課題点を把握しやすくなります。Redmineは柔軟性が高く、様々な業種・業界で利用されています。

ウェビナー#7:Redmineの活用術や便利機能

Redmineは、プロジェクト管理に役立つオープンソースのWebアプリケーションです。

Redmineを使うことで、プロジェクトの進捗状況を把握し、タスクの割り当てやステータス管理などが容易になります。

このPDFファイルでは、Redmineの便利機能として、ガントチャートやワークフローなどが紹介されています。

これらの機能を使うことで、プロジェクト管理がより柔軟になります。また、カスタムフィールドを使って必須項目を設定することもできます。

さらに、このPDFファイルではAzure開発についても言及されています。AzureはMicrosoftが提供するクラウドコンピューティングサービスであり、Redmineと組み合わせることでより効果的なプロジェクト管理が可能になります。

総じて言えることは、Redmineは非常に便利なツールであり、このPDFファイルを読んで活用術や便利機能を学ぶことで、より効率的かつ柔軟なプロジェクト管理が可能になるということです。

Lychee Redmineでプロジェクトを成功へ導こう

本記事では、プロジェクト管理ツールRedmineの特徴と搭載機能を紹介しました。

Redmineは無料でありながら、プロジェクト管理に必要な機能が網羅的に搭載されたツールです。

自由にカスタマイズもできるため、自社の管理体制に即したツールを運用できます。

より高機能で扱いやすいツールをお探しの方には、Lychee Redmineがおすすめです。

今なら30日間無料のトライアルが用意されているため、まずは試してみてはいかがでしょうか。

すべての機能を無料で30日間お試し
導入企業 7,000社突破!
ガントチャート満足度No.1
Lychee Redmine
1分で簡単登録!まずは無料で試す
このエントリーをはてなブックマークに追加