タスクやメンバーなどさまざまなプロジェクト管理ができるツール「Lychee Redmine」。

大手企業をはじめ中小企業まで約4,000社以上から導入されている人気ツールです。

これから作業効率化を促進させるために導入を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかし契約するにあたってどれくらいの料金がかかるのかは、知っておきたいポイントですよね。

当記事では、Lychee Redmineの詳細や導入のメリット、機能から料金プランまで詳しく紹介します。

ツールを理解しながら費用を理解できるので、ぜひ参考にご覧ください。

Lychee Redmineとは

Lychee Redmineとは

Lychee Redmineとは、日本企業向けに開発されたプロジェクト管理ツールです。

ガントチャートやカンバン、タイムマネジメントなどプロジェクトを成功させるため、豊富な機能が搭載されている点が特徴です。

作業メンバー全体の進捗状況やスケジュール状況を一目で確認できるので、予定通りに作業が進んでいるかを把握できます。

初心者でも使いやすく導入のハードルが高くない点も魅力です。

業界を選ばず多くの分野で活躍できるツールを選びたいなら、Lychee Redmineを使えば間違いありません。

Lychee Redmineを導入する5つのメリット

Lychee Redmineを導入する5つのメリット

Lychee Redmineを導入すると、以下のような5つのメリットを得られます。

  1. 複数のプロジェクト管理ができる
  2. 充実したサポート体制
  3. 必要に応じたカスタマイズ
  4. 安心安全のセキュリティ体制
  5. 初心者にも優しい直感的な操作

それでは順番に説明します。

1.複数のプロジェクト管理ができる

Lychee Redmineは、単体のプロジェクトだけでなく複数のプロジェクトを一括管理できます。

全プロジェクトを横断レポートで管理できるので、問題になる前にリスクの発見が可能です。
タスク消化率や不具合消化率などをパーセンテージでまとめて表記できます。

企業では複数のプロジェクトを同時進行することも珍しくないため、まとめて管理して対応できる点は大きなメリットです。

関連記事はこちら>>プロジェクトの進捗管理はLychee Redmineがおすすめ!

2.充実したサポート体制

Lychee Redmineでは無料のメールサポートをはじめ、有償での定着化支援などのサービスが用意されています。

すぐに解決できる問題は公式サイトの「よくある質問」から解決できるので、疑問をなくして利用可能です。

また動作保証として、以下のサービスも用意されています。

  • 購入日から1年間1年以内の不具合修正による無償バージョンアップ
  • 購入日から1年経過後にもお得な年間保守サービス

利用者が満足いく使い方ができるように充実したサポート体制がある点もメリットのひとつです。

3.必要に応じたカスタマイズ

Lychee Redmineは、プランにある機能のほかに要望に応じて拡張機能を追加できます。

現場で必要な機能を専門のスペシャリストがカスタマイズするので、より使いやすい環境を用意してくれます。

追加オプションによって必要な機能を増やすこともできるため、作業内容に合わせて利用可能です。

Lychee Redmineにある機能やオプションの価格に興味がある方は、公式ページの「オプションページ」を参考にご覧ください。

4.安心安全のセキュリティ体制

Lychee Redmineは、監視システムによって24時間365日監視されています。

そのためツールに異常があれば、システム管理者宛に通知されて問題点をチェックできます。

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しているため、セキュリティ面の信頼性が高い点もメリットのひとつ。

ツール内のデータや添付ファイルもバックアップされているので、もし消えてしまっても復元が可能です。

5.初心者にも優しい直感的な操作

Lychee Redmineは初心者でも使いやすいようにするため、ドラッグ&ドロップの直感的な操作ができます。

例えば予定よりもスケジュールが押している状況になれば、内容を移動させて変更を加えられます。
また作業メンバーとタスクを簡単に紐づけられるので、連携を取ってスムーズに作業可能です。

人を選ばず使いやすければ社内全体へ浸透しやすく継続して利用できます。

Lychee Redmineの基本的な機能8選

Lychee Redmineの機能Lychee Redmineには、プロジェクト管理に役立つ以下のような機能があります。

  1. ガントチャート
  2. カンバン
  3. タイムマネジメント
  4. リソースマネジメント
  5. EVM(出来高管理)
  6. コスト分析
  7. プロジェクトレポート
  8. CCPM

それぞれ機能の特徴や使い方を解説します。

①ガントチャート

ガントチャートは、プロジェクト管理や生産管理などのを作成するときに使われる表のひとつです。

横棒グラフによって作業の進捗状況を可視化し、全体像をつかみたいときに役立ちます。

Lychee Redmineは直感的なインターフェースで管理も簡単なので、遅延やトラブルが起きても一目で確認できます。

作業メンバーや別の機能と連携が取れるため、利便性を向上させて使いたいときにも便利です。

詳細はこちら>>【2022年最新版】無料でも使えるガントチャートおすすめ13選

②カンバン

カンバンは、いつ誰が何をしなければいけないかを確認できる手法としてトヨタ自動車が発案した生産管理方式です。

徹底的に無駄をなくせる手法として多くの職種で活用されています。

Lychee Redmineのカンバン機能では、まるで付箋を貼るように直感的な感覚でタスク管理や共有ができます。

タスクの優先順位をドラッグ&ドロップで整理できるので、重要度に合わせていつでも変更が可能です。

また作業メンバーの空き状況をリアルタイムに把握することもできるため、全体の負担を考えて仕事を振れます。

③タイムマネジメント

タイムマネジメントは、作業時間を改善して生産性を向上させる管理手法です。

限られた作業時間のなかで何をしなければいけないかを見直すときに役立ちます。

Lychee Redmineのタイムマネジメント機能は、カレンダーへドラッグ&ドロップするだけで簡単に工数入力ができます。

作業メンバー全体の予定・実績を一目で把握できるので、会議やミーティングの時間調整も可能です。

Googleカレンダーとも連携可能なため、スマホからでも手軽に予定をチェックできます。

④リソースマネジメント

リソースマネジメントは、プロジェクトの目標達成に必要な資源を可視化するための管理手法です。

誰が何をやったか把握するときにも必要なので、人材を正しく評価するときにも利用されます。

Lychee Redmineのリソースマネジメント機能は、「工数」、「稼動率」、「生産性」の観点から人材マネジメント可能です。

作業メンバーに割り振ったタスクの偏りが一目で把握できるため、全体の残業短縮やコスト削減にもつながります。

各メンバーの生産性を線グラフで可視化できるので、全体の意識を向上させながらプロジェクトを進めましょう。

⑤EVM(出来高管理)

EVMは、コスト効率と進捗率を把握するための管理手法です。

作業メンバーの人件費や労力を可視化できるので、どれくらいの費用対効果があるのかを理解できます。

Lychee RedmineのEVM機能は、プロジェクトの進捗やコストを予測して問題点を素早く発見できます。

例えばプロジェクトにかかるコストと予算から超過していないかの推測が可能です。

考えられるリスクを想定して計画通り進めたいときに便利な機能です。

⑥コスト分析

コスト分析は、作業工数に基づいた費用を算出できる機能です。

工数に対して支払ったコストから生み出される収支をリアルタイムで可視化できます。

Lychee Redmineのコスト分析機能は、プロジェクトごとに予算を設定することで、コストと比較して分析可能です。

各グループで作業メンバーを割り当てることもできるため、単価と作業時間から費用を算出できます。

ほかにも交通費や外注費といった経費も登録できるので、コスト全体をまとめて管理できます。

⑦プロジェクトレポート

プロジェクトレポートは、進捗・品質・コストの状況分析を集約できる機能です。

単体プロジェクトを見る個別レポートと、複数プロジェクトの状況を横断して見える全体レポートがあります。

計画に対して進み具合を可視化して共有できるため、作業メンバー全体の意識を高められます。

Lychee Redmineのプロジェクトレポート機能は、プロジェクトの分析を一画面で集約されるので、遅れが生じていれば原因を簡単に発見できます。

また一度作成したレイアウトパターンは保存できるので、手間なく資料作成も可能です。

⑧CCPM

CCPMは、プロジェクトに必要なタスクの納期を短縮する管理手法です。

納期の遅延を最小限におさえるため使われており、時間の余裕を持つために役立ちます。

Lychee RedmineのCCPM機能は、ガントチャート上や分析したグラフから納期短縮できる部分の把握が可能です。

表では「バッファ(余裕期間)」と表記され、バッファ消費率によって状況を理解できます。

プロジェクトの納期超過を防いで余裕のある作業をしたいときに便利です。

Lychee Redmineの料金プラン

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子

Lychee Redmineの料金プランを表にして紹介します。

プランによって使えるユーザー数や機能、サポート内容、容量が異なるので、ぜひ参考にご覧ください。

プラン月額料金ユーザー数チケット数機能
フリー0円無制限5,000件タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード800円無制限無制限タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム1,200円無制限無制限スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ要問合せ無制限無制限

全ての機能

Lychee Redmineの導入事例

Lychee Redmineの導入事例

Lychee Redmineを実際に導入している企業を紹介します。

有名な企業として、以下のような企業がLychee Redmineを導入しています。

  • パナソニック株式会社
  • 日清食品株式会社
  • 東京海上日動システムズ
  • 住友電装

多くの国内大手企業がツールを導入してプロジェクト効率化に成功しています。

会社としての規模が大きくなるにつれて従業員の管理は難しくなっていくものです。
独自の管理方法にこだわると手間がかかったりトラブルが発生したりする可能性もあります。

現在も多くの企業で導入されているLychee Redmineは、成果を出すためには欠かせないツールです。

合わせて読みたい

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

タスクやメンバーなどさまざまなプロジェクト管理ができるツール「Lychee Redmine」。 大手企業をはじめ中小企業まで約4,000社以上から導入されている.....

まずは無料でLychee Redmineを試してみよう

まずは無料でLychee Redmineを試してみよう今回は、Lychee Redmineの詳細やメリットから機能、料金プランまで詳しく紹介しました。

Lychee Redmineは、これまでプロジェクト管理ツールを利用したことがない企業でも使いやすい製品です。

直感的な操作ができるので、作業メンバー全体で使って作業効率を上げられます。

今なら何人でも使える無料のフリープランや全プラン30日間無料トライアルが用意されているので、まずは使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 前田敦子
関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加