ToDoリストの作成やToDo管理は、日常生活やビジネスにおいて重要です。そのためには効果的なツールの選択が成功への近道と言えるでしょう。

ToDoリストは、様々なプラットフォームで利用可能であり、日常のタスクからプロジェクト管理まで、ユーザーに合った使い方が可能です。

本記事では、最新のプラットフォームやユーザビリティを踏まえ、2024年におけるおすすめのToDoリストツールをご紹介します。使いやすさや機能性を重視した無料で利用できるToDoリストを厳選しました。手軽に始められる無料ツールで効率的なタスク管理を実現しましょう。

ToDoリストとは?無料でも使える?

ToDoリストは、日々のタスクや目標を整理・管理するための手段で、個人や仕事のプロジェクトなどで使用されます。

基本的な機能として、主に以下が含まれます。

  • タスクの追加
  • 期限の設定
  • 優先順位付け
  • 進捗の追跡

ToDoリストは、生産性を向上させ、タスクの抜け漏れを防ぐ上で役立つでしょう。また、無料で使用可能なToDoリストもあり、基本的な機能が解放されています。

多くの場合は無料プランだけでも十分に利用できますが、より細かな管理や優れた機能を利用したい場合は、アップグレード機能や有料プランを検討しましょう。

タスク管理との違い

ToDoリストとタスク管理は密接に関連していますが、微妙な違いが存在します。
以下にその主な違いをまとめました。

ToDoリスト タスク管理
内容の詳細さ

一般的には、シンプルなタスクやアイデアのリスト。タスクの名前や簡単な説明、優先順位が含まれることがある。

仕事に関する詳細な情報。進捗状況、期限、担当者、コメント、添付ファイルなどの情報が含まれる。
プロジェクトにおける役割 基本的には、日々の各タスクを管理するのが主な目的。プロジェクト全体を把握することには適さない。
タスクのゴールや関連性から、プロジェクトの全体像がわかる。複数のToDoリストやタスクを統合して、大きな目標やプロジェクトの進捗をトラッキングする。
進捗管理 進捗の追跡は基本機能として備わっている。タスクの未完了・進行中・完了などのステータスを管理する。
細かい進捗ステータスや達成度のパーセンテージ、完了予定日などが記録される。
タスクの分解 タスクを基本的な単位とする。大きなプロジェクトを詳細に分解することは難しい。
大きなプロジェクトを小さなタスクに分割し、それぞれに対して異なる詳細情報を追加できる。

 

簡単に言えば、ToDoリストは基本的な作業の列挙に適したもので、タスク管理はそれを更に進化させた詳細なプロジェクト管理や進捗管理が可能です。

ニーズや目的によって、どちらを使うべきかを選択しましょう。

合わせて読みたい

To Doリストで仕事管理!作成方法やおすすめツールを紹介

To Doリストで仕事管理!作成方法やおすすめツールを紹介

To Doリストとは、仕事でやることをまとめたリストです。リストにすることで自分が抱えている業務が可視化されるため、業務の抜け漏れ防止につながります。この記事で.....

無料のToDoリストを利用するメリット

ここでは、無料のToDoリストを利用するメリットを紹介します。

気軽にお試しができる

無料のToDoリストツールの多くは、アカウントの作成だけで気軽に利用を開始できます。そのため、ユーザーは簡単にツールの使い勝手や機能を試せます。

本格導入の前に操作性やチームとの相性を確認できるため、導入後に切り戻しが発生するリスクは低く収まるでしょう。

タスクが可視化される

ToDoリストを使用することで、やるべきことが視覚的に整理され、一目で把握できます。

業務をしていると、電話やメール、チャットツールなど様々な媒体を経由してタスクが発生します。これらを頭の中だけで整理していては、新しいタスクが増えるたびに過去のタスクを忘れる懸念が生じてしまうでしょう。

ToDoリストに都度まとめておけば忘れる心配がなく、タスクの優先順位付けや期限の管理を効果的に行えます。

計画通りにプロジェクトが進行する

ToDoリストはプロジェクト全体を視覚的に捉える手助けとなり、タスクを計画通りに進行させる上で役立ちます。

ToDoリストのみではスケジュールはわかりませんが、リスト内にある個々のタスクの工数を見積もることで大体の予定が把握可能です。

そうすると期限の管理や進捗の確認が容易になり、プロジェクトの遅延を抑えられます。タスクの優先付けが明確になれば、優先順位がわからず業務の手が止まる時間も少なくなるため、計画通りに進めやすくなるでしょう。

作業の抜け漏れが減る

ToDoリストを使用すれば、やるべきことを見逃すリスクが減ります。なぜなら、タスクが明示されて順次完了するため、重要な作業が抜け漏れる可能性が低くなるからです。

例えば、複数のプロジェクトに携わっているとタスクの発生頻度が増え、どうしても頭から抜けてしまう場合があるでしょう。ToDoリストにまとめておけば、マルチタスクをこなす手助けになります。

チーム内の共有が捗る

多くのToDoリストはチームでの協力をサポートしており、タスクの共有やコラボレーションがスムーズに行えます。例えば、プロジェクトの進捗状況や担当者の情報をリアルタイムで共有できることが強みです。

自分のToDoリストをチームメンバーにも見えるようにしておけば、余裕がある場合にタスクを引き受けたり、忙しいときにサポートを依頼したりしやすくなるでしょう。

無料で使えるToDoリスト、おすすめのツール10選

ここでは、無料で使えるToDoリストにおすすめのツールを10個紹介します。

Lychee Redmine

Lychee Redmine

Lychee Redmine(ライチレッドマイン)にはカンバン機能があり、ToDoをシンプルに可視化できます。

初心者でも直感的で使いやすいUIは、導入の手間を大きく省いてくれます。プロジェクトに携わるメンバー間でToDoを共有する機能もあるので、コミュニケーションの活性化にもつながります。

プロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」を使ってみる。(30日間無料・自動課金なし)

ToDoも活用しながらプロジェクトを管理したい場合は、Lychee Redmineのようなツールを検討してみましょう。

フリープランは基本機能(ワークフロー・通知設定・ファイル共有・Wiki)とカンバン機能の限定された機能しか利用できませんが、有料プランはガントチャートをはじめすべての機能が利用できます。

有料プランは30日間の無料トライアル期間を提供しています。無料期間終了後も自動課金されることもないためリスクなく始められ、その価値を実感できるはずです。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム[★一番人気] 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

Google ToDo リスト

引用元:Goolge ToDoリスト

Google ToDo リストは、Googleアカウントと連携したツールで、Google Keepとも統合されています。シンプルで使いやすいデザインが特徴で、ユーザーが日常的なタスクを簡単に管理できるように設計されています。

Googleアカウントと連携しており、複数のデバイス間でタスクの同期が可能です。また、シンプルで使いやすいインターフェースが特徴で、新しいタスクの追加や編集を直感的に行えます。日常の簡単なタスク管理に適したツールです。

特にGoogleアカウントを使用しているユーザーにとっては、シームレスな連携が可能で、スマートフォンやWebブラウザからアクセスできることが利点です。

Microsoft To-Do

引用元:Microsoft To Do

Microsoft To-Doは、Microsoftが提供するタスク管理ツールで、Office 365との連携が特徴です。シンプルながらも強力な機能を持ち、ユーザーが個人的なタスクやプロジェクトを整理・管理するのに役立ちます。

Office 365と統合されており、Outlook タスクや Microsoft Teams との連携がスムーズです。また、タスクをスマートリストによって優先順位付けし、スケジュールに合わせて表示できます。

Office 365を利用しているビジネスユーザーやチームに適しています。

Todoist

引用元:todoist

Todoist(トゥードゥーイスト)は、クロスプラットフォームで利用可能なタスク管理ツールで、シンプルで直感的なデザインが特徴です。タスクやプロジェクトを効果的に整理し、個人やチームでのタスク管理をサポートします。

シンプルでありながら高度な機能が揃ったタスク管理ツールで、個人やビジネスで広く利用されています。プロジェクト管理や日常的なタスクの整理に適しているでしょう。

Any.do

引用元:Any.do

Any.do(エニー・ドゥー)は、シンプルなデザインと洗練された機能が特徴のToDoリストです。ToDoリストを通じて仕事やプライベートの予定を整理し、生産性を高めます。

Any.doはシンプルながらも機能が充実しており、ビジネスやプライベートのタスク管理に適しています。美しいデザインと使いやすさが特徴です。

Nozbe


引用元:Nozbe

Nozbe(ノズビー)は、個人やチームがプロジェクトとタスクを効果的に管理できるタスク管理ツールです。主に Getting Things Done(GTD)の原則に基づいており、豊富な機能と洗練されたデザインが特徴です。

Nozbeは、プロジェクト管理が必要なビジネスユーザーやチーム向けに適しています。GTDの原則に基づいているため、タスク整理や重要度の設定が求められる場面に適しています。

Trello

引用元:Trello

Trello(トレロ)は、ボードとカードを使用してタスクを可視化できる、直感的で柔軟なタスク管理ツールです。特にプロジェクト管理やチーム協力に適しています。

Trelloは、プロジェクトの進捗を視覚的に把握したり、柔軟にタスクを整理・移動したりしたい場合に役立ちます。チームでのタスク管理やプロジェクト進行の見える化を行いたい場合におすすめです。

Asana

引用:Asana

Asana(アサナ)は、プロジェクトとタスクの管理に特化したクラウドベースのサービスで、ビジネスシーンや個人単位で生まれるタスクを効果的に整理し、共有できるように設計されています。チーム単位でのプロジェクト管理に強みを持ち、タスクの進捗状況やコミュニケーション促進を主な機能とするツールです。

特に、ビジネス環境やプロジェクト管理が必要な場面で威力を発揮します。大規模なプロジェクトやタスクの複雑な管理が求められる状況に適しています。

Notion

引用元:Notion

Notion(ノーション)は、オールインワンのプロダクティビティツールであり、タスク管理、ドキュメンテーション、プロジェクト管理、ノート作成など、多岐にわたる機能を統合しています。柔軟でカスタマイズ性が高く、個人ユーザーとチームのどちらにも向いています。

Notionの機能は柔軟で、個人のノートからプロジェクト管理、ドキュメンテーションなどあらゆるニーズに対応可能です。特に、クリエイティブな業務を効果的にまとめたいチームに適しています。

Evernote

引用元:Evernote

Evernote(エバーノート)は、ノートの作成と整理に特化したツールで、テキスト、画像、音声、Webクリップなど、様々な情報を一元管理できます。クラウドベースのサービスで、デバイス間でノートが同期されます。

Evernoteはノートを活用して情報を整理するため、ビジネス企画やクリエイティブ業務にもおすすめです。手軽にメモを取りたい場合から、複雑なプロジェクトのドキュメンテーションまで対応できます。

Lifebear

引用元:Lifebear

Lifebear(ライフベア)は、日記やスケジュール管理が可能なツールで、カレンダーとToDo、ノート、日記を一元管理できます。日記として書きやすいUIや、スタンプをドラッグ&ドロップするだけで予定を入力できるため、手軽さは抜群です。

1500種類以上のスタンプ、20種類以上の着せかえテーマが用意されているため、自分好みの見た目でタスクや予定を管理したい個人に向いています。Googleカレンダーとの同期機能もあるため、他人とのタスク共有にも便利です。

合わせて読みたい

ToDoリストとは?作り方やメリット、運用のポイントを紹介!

ToDoリストとは?作り方やメリット、運用のポイントを紹介!

ToDoリストについて作り方やメリット、運用のポイントなどを紹介。ToDoをうまく活用することで、普段の仕事の生産性を高めましょう。仕事を何から着手すればよいか.....

無料のToDoリストで不十分な場合は有料版も検討しよう!

無料のToDoリストは便利ですが、ときには有料版の導入が必要です。

有料版では機能の拡充や高度なカスタマイズが可能で、ビジネスやプロジェクト管理においてより優れた効果が期待できます。タスクの複雑性が増すと、有料版が提供するタスクの詳細な追加や優先度の設定、チームとの協力などが特に役立つでしょう。

また、セキュリティやデータのバックアップなど、ビジネス環境で重要な要素も有料版が提供しています。

総合的なパフォーマンス向上を望む場合、無料版の制限を超えたプランの利用を検討することが重要です。有料版の導入により、タスク管理の効率が向上し、ビジネスやプロジェクトの成功に寄与します。

無料版の限界を感じた際は、ぜひ有料版の導入を検討し、更なる生産性向上を図りましょう。

合わせて読みたい

リストを使ったToDo管理のコツ!お役立ちツールも紹介

リストを使ったToDo管理のコツ!お役立ちツールも紹介

ToDoを効率よく管理するなら、リストの作成が欠かせません。本記事では、ToDoをリストで管理するコツを解説します。ToDoリストに役立つITツールも紹介するの.....

このエントリーをはてなブックマークに追加