「やらなければならないタスクが多すぎて、どれから手をつけたらいいか、分からない。」

「今メンバーにどんなタスクを振っているか、すぐ確認ができる方法があればな・・・」

流れの速いアジャイル開発の現場で、タスク管理に困ったことはありませんか?

今回は簡単にタスク管理ができる「カンバンボード」について解説。
カンバンボードの作り方やカンバンボードを作るためのオススメツールもあわせて紹介します。

この記事を参考にして、スムーズなプロジェクト運営を実現しましょう。

作業の視覚化ができるカンバンボードとは?

まずはカンバンボードの概要とカンバンボードを使うメリット、そしてスクラムボードとの違いを解説します。

カンバンボードとはタスク管理ツール

カンバンボードとは作業・タスクを視覚化することで、進行中のタスクをコントロールするタスク管理ツールです。
様々な場面で用いることが可能ですが、主にアジャイル開発の現場で使われることが一般的になっています。

“カンバン”と名のつくことから想像できるとおり、カンバンボードの発祥は日本から。
大手自動車メーカーのトヨタが、1940年代にカンバンボードのフレークワークを考案しました。

作業の視覚化を、難しいツールやアプローチを必要なく実現できる点が評価され、アジャイル開発の現場に逆輸入されました。
2000年代の始めからソフトウェア開発の現場でカンバンボードが使われているので、採用されてまだ歴史は浅いと言えます。

カンバンボードを使うメリット

カンバンボードのメリットはズバリ、作業・タスクの見える化です。
なぜなら、これまでのプロジェクト運営ではタスクの確認が簡単にはできませんでした。

ガントチャートやスケジュール表など既存のツールは、開かなければ、タスクの確認方法がありません。
しかし、カンバンボードは誰がどの状態なのかが、一目瞭然。

カンバンボードのメリットは他にもあります。例えば、タスクとタスクのつながりが見えるという点です。
これはプロジェクト管理者とタスク実行者の双方にとって、メリットになっています。

例えば、タスク実施中にルール変更を行ったとします。
当然のことながら、将来的にタスクに関わる人物やチームには周知を行いますよね。

しかし、同時並行で作業をしている人物やチームという視点は抜けがちになります。

一番手戻りが発生する、同時並行での作業チームに周知が漏れてしまう結果に。

しかし、カンバンボードを使うことでこのようなリスクを解消することが可能。

目線を上げれば、各チーム・各人物がどんなタスクを実行しているかが一目瞭然です。

そのため、ルール変更の周知などが同時並行で実行しているチームに連絡が行き届きます。

スクラムボードとカンバンボードの違い

カンバンボードとスクラムボードは共に、アジャイル開発の現場で使われるプロジェクト管理ツールですが、ゴールの設定が異なります。

スクラムはスプリントと呼ばれる決められたゴール期間を設定し、タスクを動かしていきます。

それに対して、カンバンは特定のゴール期間を設定せずに、タスクを動かしていく方式

確かに両ツールともステージを用意し、タスクをそれぞれのステージ間に移動させます。

ツールとしての挙動は同じに見えますが、明確なゴール設定のあるなしが両ボードの違いです。

カンバンボードの作り方を3つのSTEPで解説

カンバンボードの作り方を3つのSTEPで解説します。

今回は一番シンプルなカンバンボードの作り方をご紹介
対応ステージをより細かくするやタスクの移動ルール設定は、現場に合わせて変更します。

スプリントの終わりにある振り返りなどで改善案を出しながら、より現場にフィットしたカンバンボードを目指しましょう。

STEP1 対応ステージを表す列の作成

まずはカンバンボードを移動するためのステージを作成します。
ステージとは各タスクの状態を表すものです。

日々の仕事で例えるなら、「業務開始前」「業務中」「業務終了後」といった具合です。
今回は以下、4つのステージを作成します。

・タスクへ手をつけていない状態を表す:「To Do」
・タスクへ取り掛かっている状態を表す:「In Progress」
・着手したタスクを確認してもらっている状態を表す:「In Review」
・タスクの確認が終わった状態を表す:「Done」

次に作成したステージをそれぞれ左から順番に配置していきます。
カンバンボードにおけるタスクの移動は基本的に各ステージ間を1つずつ移動。

そのため、必ずつながりのある並びになるようにしましょう。
時系列順に並べていきます。

①業務開始前
②業務中
③業務終了後

順番としては以上のようになります。

今回作成した例では

①「To Do」
②「In Progress」
③「In Review」
④「Done」

の順番に並べるとスムーズにタスクが移動できます。

STEP2 タスクを作成

ステージを作成したら、次はタスクを作成します。
タスクとは、一般的な仕事でいえば「A社にメール送信」「会議の資料作成」「Bさんに業務引継」といった内容です。

今回は実際のWeb開発の現場を想定して、以下のタスクを作成します。

ホームページのトップ画面の作成タスク トップ画面の作成
問い合わせ先ページの作成タスク 問い合わせ画面の作成
製品のラインナップページの作成タスク 製品紹介画面の作成
会社概要ページの作成タスク 会社概要画面の作成
お知らせページの作成タスク お知らせ画面の作成


カンバンボードにおけるタスクを作成する際には、ルールを設定しましょう。
個人ごとでタスクを作成しては、タスクの粒度にバラツキが発生します。

カンバンボード最大のメリットは、作業の見える化です。

例えば、タスクに「カレーを作る」を追加したと仮定しましょう。
カレーを作るまでには様々なタスクが存在し、より細かいタスクにすることは十分に可能です。

「カレーを作る」のタスクが「調理する」では、どの作業をしているかが全く分かりません。
野菜を切っているのか、水を沸騰させているのか、判明しないのです。

つまり今回のカレーの例で言えば、

・野菜を洗う
・野菜を切る
・野菜を茹でる
・ルーを入れる など

最小単位でタスクを作るようにルールを設けましょう。

STEP3 タスクをステージ間で移動

作成したタスクを各ステージに配置すれば、カンバンボードの管理がスタートします。

最初は左端のステージに配置をしましょう。

今回作成した例で言えば、すべて「To Do」に配置をします。
そこからタスクに取り掛かれば、「In Progress」に移動をするという具合です。

よりカンバンボードの運用を加速させていくためには、ルールを設定しましょう。
そのルールとはWIPの設定です。

WIPの設定とは、各ステージに滞留できるタスクの数を制限することです。

例えば、「In Review」のWIPを3に設定したとします。
これは「In Review」に3つまでしかタスクは置けないという意味です。

WIPの設定を行う理由は2つあります。

1つ目はボトルネックを生まないためです。
ボトルネックとは作業工程のなかで、処理能力などが一番低い部分のことを指します。

仮に全員が一斉に「In Review」にタスクを配置したとすれば、どうでしょうか。
レビューが終わるまで待ちの時間が発生し、プロジェクト全体の進捗が下がります。

プロジェクトにおけるボトルネックが発生した瞬間です。
このようなボトルネックを生まないために、WIPの設定をします。

2つ目はタスク完了を重視するためです。
仮に「In Review」のWIPを2に設定したとします。
既に「トップ画面の作成」「お知らせ画面の作成」が滞留しており、これ以上はレビューには移せません。

こうなると、手の空いている人はレビューを行い、タスクを動かす必要があります。

つまり、「トップ画面の作成」「お知らせ画面の作成」のどちらかが完了に近づきます。

様々なタスクに手をつけるより、ひとつのタスクを終わらせることを重視するためにWIPの設定が重要です。

カンバンボード作成のオススメツール3選

カンバンボード作成にオススメのツールを3つご紹介します。

カンバンボードは紙とペンさえあれば、作成可能です。
しかし、ツールを使えばプロジェクトメンバーの空き状況やタスクの達成率がデジタルに可視化できます。

①Lychee Redmine

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Lychee RedmineはオープンソースであるRedmineをベースにしたプロジェクト管理ツールです。

ガントチャートがメインのツールではありますが、カンバン機能も搭載されています。

タスクのドラック&ドロップ移動や、プロジェクト達成率の可視化など管理ツールならではの機能が備わっており、効率的な管理につながっていくのは間違いありません。

プラン 月額料金 ユーザー数 チケット数 機能
フリー 0円 無制限 5,000件 タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード 800円 無制限 無制限 タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム 1,200円 無制限 無制限 スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ 要問合せ 無制限 無制限

全ての機能

②JIRA

引用:JIRA

JIRAは株式会社アトラシアンが販売するプロジェクト管理ツール。

これまで35,000を超えるチームの開発に携わってきた実績あるツールです。

実績十分なツールとして、納得できるほどの機能が備わっているます。
タスクのフィルタリング機能やワークフローの選択・改変などが可能です。

プラン

料金(月額)

ユーザー数

機能

サポート

容量

フリー

0

10

アジャイルレポート

カンバン

ワークフロー

コミュニティサポート

2GB

スタンダード

840

10,000

アジャイルレポート

カンバン

ワークフロー

現地営業時間

250GB

プレミアム

1,670

10,000

アジャイルレポート

カンバン

ワークフロー

年中無休のプラチナ

無制限

エンタープライズ

要問合せ

無制限

全ての機能

無制限

要問合せ

③Backlog

引用:backlog

タスク管理ツールとして、プロジェクト管理や課題管理、バグ管理までBacklogは対応していました。

そして2020年1月にカンバン機能を追加。
機能追加後も改良を繰り返しているため、最も勢いのあるカンバン機能を持ったツールといえます。

プラン

料金(月額)

ユーザー数

課題の管理方法

サポート

容量

フリー

0

10

カンバン

メールとチャットサポート

100MB

スタンダード

12,980

無制限

カンバン

メールとチャットサポート

30GB

プレミアム

21,780

無制限

ガントチャート

カンバン

メールとチャットサポート

100GB

プラチナ

55,000

無制限

全ての機能

メールとチャットサポート

300GB

カンバンボードを活用して作業の効率化を

今回はカンバンボードの目的やメリット、作成方法について解説しました。

カンバンボード最大の特徴は作業・タスクの見える化です。
視覚化することで、進行中のタスクを容易にコントロールすることができます。

そのカンバンボードはたった3つのSTEPで作成することが可能。

STEP1 対応ステージを表す列の作成

STEP2 タスクを作成

STEP3 タスクをステージ間で移動

これだけのシンプルな構造でタスクの見える化が実現できます。

また、3つのツールを紹介いたしました。
それぞれフリープランが存在しているため、まずは気軽に試してみませんか。

①Lychee Redmine
②JIRA
③Backlog

カンバンボードを導入して、プロジェクトがより円滑に進むように作業の効率化を図りましょう!

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加