「プロジェクトマネージャーは何をする役割なのか知りたい」
「プロジェクトマネージャーにはどんなスキルや資格が必要なのか知りたい」

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの立ち上げから完了までの責任を持ち、成功へ向けて全体の調整や推進を行う役割のことです。

しかし、「プロジェクト全体を管理して成功へ導く役割」ということはわかるものの、具体的に何をするのかイメージが持てない方もいるのではないでしょうか。

本記事では、プロジェクトマネージャーの具体的な業務内容を知りたい方に向け、プロジェクトマネージャーの役割や仕事内容、必要なスキルについて解説します。

プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーとは、成果物の品質や納期、予算などプロジェクトに関わるすべての内容を管理し、プロジェクトを成功に導く役割のことです。

プロジェクト全体を把握し、適切に管理・推進させていくためにはプロジェクトに関わる業務全般に対する知識やスキルが必要になります。

また、プロジェクト全体の責任者として、クライアントや経営陣などのステークホルダーと関わることも少なくありません。

上記のことから、プロジェクトマネージャーには幅広い知識や経験、一定以上のコミュニケーション能力が求められるため、経験や実績を持つ方が選ばれる傾向にあります。

プロジェクトマネージャーの考え方や管理方法によって、プロジェクトは大きく左右されるため、成否を握る重要な存在といえるでしょう。

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーの主な役割は次の通りです。

  • 意思決定
  • 進捗管理
  • 人間関係の調整

それぞれについて解説します。

意思決定

プロジェクトマネージャーの役割の1つが、「意思決定」です。

プロジェクトマネージャーは、参加するメンバーやタスクの割当て、納期などの計画的な面から、プロジェクト進行中に発生する問題の対処など、様々な場面で意思決定が求められます。

意思決定の際は、どちらとも取れるような曖昧な意思を伝えるのではなく、誰が聞いてもわかるように、明確かつ具体的に示すことが重要です。

曖昧な指示をしてしまうと、自分の意図とは違う結果につながってしまうだけでなく、現場に混乱を招いてしまう可能性が高くなります。

また、現場状況を無視した一方的な決定を繰り返すと、メンバーに不信感や反感を与えてしまうため、必要に応じてメンバーの話を聞き、意見を取り入れた上で進めることも必要です。

進捗管理

全体を見て、進捗の確認や推進などを行う「進捗管理」も、プロジェクトマネージャーの仕事です。

現場のメンバーが、スムーズにタスクを進められるよう、スケジュールや予算などをしっかりと把握するだけでなく、場合によってはクライアントとの調整も行う必要があります。

また、定期的に上司やメンバーと情報共有を行い、認識のズレやタスクの抜け漏れが発生しないよう努めることも重要です。

人間関係の調整

人間関係の調整」も、プロジェクトマネージャーにとって重要な役割といえるでしょう。

プロジェクトに関わる人間関係が悪いと、連携やコミュニケーションに齟齬が発生しやすくなり、スムーズな進行が困難になります。

メンバー間のコミュニケーションを活性化させる方法には、朝礼や個別ミーティングなど定期的に行う、コミュニケーションツールを活用して誰でも意見を出しやすい環境を整える、などが効果的です。

また、プロジェクトマネージャー自身が、メンバーからの信頼を得るためには、周りの意見をしっかりと聞くことも重要です。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの主な仕事内容は次の通りです。

  • プロジェクト計画の策定
  • 予算管理
  • スケジュール管理
  • メンバーのマネジメント

それぞれについて解説します。

1.プロジェクト計画の策定

計画の策定はプロジェクトマネージャーの大きな仕事の1つです。

計画の策定時には、次のような内容を決定します。

  • ゴールの設定(成果物の品質や最終的に目指す数値など)
  • 予算の設定
  • プロジェクト達成に必要な人数の算出
  • スケジュールの設定

以上に加え、「このプロジェクトにはAさんが必要」といったメンバーの選定なども行います。

2.予算管理

作成したプロジェクト計画で策定した予算に対して、超過することのないよう、随時、傾向を確認して管理するのもプロジェクトマネージャーの仕事です。

定められた予算内で配置するメンバーの人数や期間、プロジェクト達成に必要なツールの導入を決定することにはじまり、プロジェクト開始後も予算を超えないよう進行の管理・調整も行います。

3.スケジュール管理

プロジェクトマネージャーは、期日までに目標を達成できるようスケジュール管理も行います。

プロジェクトは、当初定められたスケジュール通りに進むとは限りません。タスクの処理に想定以上の時間がかかっている、トラブルが発生する、など様々な理由で遅れが発生します。

納期に間に合わない場合に、リソースの調整や人員の増加、場合によっては納期の変更などを行い、プロジェクト達成を目指します。

合わせて読みたい

スケジュール管理のコツは?効率的な管理方法とおすすめツールを紹介

スケジュール管理のコツは?効率的な管理方法とおすすめツールを紹介

「スケジュール管理をうまくやるコツがあれば、知りたいな」 「効率的なスケジュール管理にはツールが欠かせないはず。おすすめのツールを教えて欲しい」 かつてはキャパ.....

4.メンバーのマネジメント

メンバーのマネジメントもプロジェクトマネージャーの重要な業務です。

メンバーの意思が統一されていない場合、コミュニケーションが少なかったり、連携がうまく取れなくなったりして、スムーズなプロジェクト進行が難しくなります。

プロジェクトマネージャーは、メンバー全員が同じ方向を向いて、高いモチベーションで業務に臨めるように、コミュニケーションを活発に取れる環境を整える必要があります。

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

プロジェクトマネージャーに必要なスキルは次の3つです。

  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル
  • 決断力

それぞれについて詳しく解説します。

コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーは、チームメンバーはもちろん経営陣やクライアントともやり取りする機会が多いため、高いコミュニケーションスキルが求められます。

具体的には次のようなコミュニケーションスキルがあるとよいでしょう。

  • 自分の考えを正しく相手に伝えられるスキル
  • 相手の意見をしっかりと聞ける・聞き出せるスキル
  • 相手のニーズを読み取り情報をまとめるスキル

以上のように、プロジェクトマネージャーにはコミュニケーションに関する様々な能力が求められるため、一定以上の社会人経験が必要となります。

合わせて読みたい

仕事に必要なチームワークとは?チームの結束が固まるコツを紹介

仕事に必要なチームワークとは?チームの結束が固まるコツを紹介

「チームワークが大切ってよく聞くな。今更ながら、なんでチームワークって大切なの」 「うちのチームは少しバラバラな感じがする。チームが一つになる方法ってないのかな.....

マネジメントスキル

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトをスムーズに進められるよう、進捗管理をはじめ、計画に基づく様々な管理業務を実行するスキルが求められます。

また、問題を早期に発見する能力や適切に対応する問題解決能力も必要です。

決断力

問題に対し、即座に次の行動を決められる決断力も、プロジェクトマネージャーに必要なスキルです。

プロジェクト進行においては、予想もしないトラブルやスケジュール変更を余儀なくされるケースが少なくありません。

このような、急なトラブルに対して判断に迷い、決断を先延ばしにしてしまうと、問題が大きくなるだけではなく、メンバーからの信頼も低下してしまいます。

そのため、即座に対応策を検討し、実行する判断力や決断力もプロジェクトマネージャーには必要です。

プロジェクトマネージャーにおすすめの資格

プロジェクトマネージャーにおすすめの資格には次のようなものがあります。

  • プロジェクトマネージャ試験
  • PMP
  • ITストラテジー試験
  • ITコーディネータ試験

各試験の概要とおすすめの理由について解説します。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主催する国家試験、情報処理技術者試験の一区分です。

プロジェクトを成功に導くために必要なスケジュール管理やリソース確保、ステークホルダーとの調整など、プロジェクトマネジメントの知識を全般的に問われる試験となっています。

国家試験の中でも高難易度となる試験のため、取得することで一定以上のプロジェクトマネジメントスキルを持っていることの証明となります。

PMP

PMPは、PMI(プロジェクトマネジメント協会)が、プロジェクトマネジメントの教科書ともいえる「PMBOK」に基づいて実施している資格です。

プロジェクトマネジメントに関する、体系的な知識と理解度を問われる試験となっており、受験するにはプロジェクトマネージャーとして、一定時間以上の実務経験が必要とされています。

取得難易度が高く、世界標準ともいえるPMBOKを元にした試験ということもあり、取得することにより日本だけでなく海外でも高い評価を得られます。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、IPAが実施する国家試験、情報処理技術者試験の一区分です。

IPAが実施する国家試験の中でも最難関試験の1つといわれており、プロジェクトマネジメントに必要なスキルをはじめ、IT技術を利用した経営戦略や企画能力などが問われます。

取得により、ITコンサルタントに必要な能力を証明することができるため、プロジェクトマネージャーからさらにキャリアアップを目指す方に適している試験です。

ITコーディネータ試験

ITコーディネータ試験は経済産業省が推進する、IT経営を実現するプロフェッショナルに向けた試験です。

様々な業種や規模の企業に適用できる「ITコーディネータプロセスガイドライン」に基づいて出題されるため、取得する過程においてIT戦略から運用まで一貫して工程を学べます。

取得によりIT経営に関する知識を身に着けられるため、将来的に経営者やCIO(最高情報責任者)を目指す方におすすめの試験です。

プロジェクト管理に有効なツールLychee Redmineの紹介

Lychee Redmineは7,000社以上の導入実績をもつプロジェクト管理ツールです。

ガントチャートやタスク管理機能「カンバン」など、プロジェクト管理をサポートする多くの機能が搭載されている点が特徴となっています。

また、ツールの扱いに不慣れな方でも問題なく利用できるほど操作性も高いため、業種やプロジェクト規模を問わず利用できる点も魅力といえるでしょう。

現在はすべての有料プランに30日間のトライアルが設けられているので「今のツールでは機能が足りなくなってきた」、「ツール選びに失敗したくない」といった方は、ぜひ試してみてください。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム[★一番人気] 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

合わせて読みたい

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

「仕事やプロジェクトが多くて管理が大変」 「管理が苦手で効率良く仕事ができない」 このような悩みでお困りではありませんか? 仕事やプロジェクトは納期が設定されて.....

プロジェクトマネージャーの役割を知り、スムーズな進行を目指そう

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの立ち上げから完了までの責任を持ち、成功へ向けて全体の調整・推進する役割のことです。

具体的には、次のような業務によってプロジェクトを成功へと導きます。

  • プロジェクト計画の策定
  • 予算管理
  • スケジュール管理
  • メンバーのマネジメント

プロジェクトマネージャーが実施するべき業務は多岐に渡るため、経験を持つ方であっても簡単なことではありません。

プロジェクト管理ツールは、適切なプロジェクト進行をサポートする多くの機能が搭載されています。

特に「Lychee Redmine」は、業種や規模を問わず利用できる機能性と使いやすさが両立されているためおすすめです。

現在はすべての有料プランが30日間無料で利用できるので、プロジェクト管理に課題を感じている方やこれからプロジェクトマネージャーとして業務される方は、ぜひ1度試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加