タスク管理ツールは、業務における生産性の向上に役立つツールです。

「システム開発におけるタスク管理に有効なツールを探している」
「具体的にどのようなツールが、役立つか知りたい」

上記のように考えている人に向けて、おすすめのタスク管理ツールを紹介します。
ツールを選ぶ際に見るべきポイントも解説するので、ぜひ参考にしてください。

開発者におすすめできるタスク管理ツールとは

各工程において多様なタスクがあり、プロジェクトメンバーとの連携も欠かせないシステム開発では、タスク管理が求められます。

そのような場では、タスクを管理し業務の効率を改善するタスク管理ツールの利用がおすすめです。
タスク管理ツールの概要や必要とされている背景について解説します。

業務の効率を上げるタスク管理ツールとは

タスク管理ツールは、業務効率の改善に役立つツールです。
プロジェクトにおけるタスクを洗い出したり、進捗を把握したりする上で効果を発揮します。

例えば、タスクのリスト化や期限の設定などをおこなうことで、業務に支障がでないように管理します。

タスク管理ツールは営業や事務など、どのような職種の人でも扱えるツールです。
特に、さまざまなタスクをこなしながらプロジェクトメンバーとの連携も不可欠なエンジニアには有用なツールでしょう。

タスク管理ツールが求められている背景

働き方に多様性が生まれている現代では、タスク管理ツールの重要性が増しています。
以前は「仕事場は会社」が当たり前でしたが、近年は在宅で働く「リモートワーク」も珍しくありません。

そのため、顔を合わせることがなくとも、関係者でタスクの進行状況を共有する形で、タスクを管理する必要性が生じています。

タスク管理ツールならどこからでもアクセスできる上、多くのタスクを一括で管理することが可能です。

在宅ワークの環境下でも生産性の向上が期待できるタスク管理ツールは、現代のビジネスシーンにおけるニーズを満たしているといえるでしょう。

合わせて読みたい

チーム内の情報共有がうまくいかない?タスク管理ツールのすすめ

チーム内の情報共有がうまくいかない?タスク管理ツールのすすめ

リモートワークが推進される一方で、情報共有に問題が生じるケースが増えています。情報共有を円滑にするには、タスク管理ツールが有用です。今回はタスク管理ツールについ.....

業務改善にタスク管理ツールがおすすめの理由5つ

業務効率の改善を図る上で、タスク管理ツールは重要なツールです。
タスク管理ツールが生産性の向上に役立つ5つの理由を順に解説します。

①タスクの進捗状況を可視化できる

タスク管理ツールを用いれば、各タスクにおける「進捗状況の可視化」が可能です。
各作業の期日だけでなく、タスクがどの程度進んでいるのかをリアルタイムで確認できます。

タスクの進行度を把握できるため、進捗に合わせて優先順位を判断して変更したり、また状況に応じて担当者を変更したりといった柔軟な対応も可能です。

可視化された進捗状況をもとに、タスク管理をおこないましょう。

②チーム内のコミュニケーションを円滑にする

タスク管理ツールには、「チーム内のコミュニケーションを円滑にする」役割もあります。

自身のタスクだけでなく、他のメンバーが担当しているタスクの情報についても共有された状態となるため、遅れているタスクや、早まったりしているタスクも把握できます。

これにより、遅れているメンバーに対して、他のメンバーが自らの思いで声掛けや手助けが行われる可能性を高めるためです。

逐一、進捗を聞きにいかなくてもプロジェクト全体の動きを把握でき、チーム内のやりとりもスムーズになります。

③タスクの遅れや漏れを防ぐ

「タスクの遅れや漏れを防げる」ことも、タスク管理ツールのメリットです。
プロジェクトの進捗を随時チェックできるので、ミスや遅れに気づきやすくなります。

また、緊急の依頼や急な方針転換があった場合でも、一元管理されているタスクの情報をもとに対応可能です。

タスク管理ツールでつねに情報を共有し、プロジェクトの遅延や対応の漏れを防ぎましょう。

④リソースを効率よく配分できる

システム開発をはじめとしたプロジェクトでは、作業の負荷が特定のメンバーに偏らないようにコントロールすることが大切です。

その際に役立つのがタスク管理ツールで、「効率のよいリソース配分」を手助けします。
ツールで管理する各タスクの情報には担当者も記入されるため、どのメンバーにどれほどの作業が割り振られているかが明確になるからです。

メンバーごとの経験やスキルを考慮した上で、リソースを調整しましょう。

⑤テレワークの推進に役立つ

タスク管理ツールは「テレワークの推進」にも貢献します。
在宅ワークでは、チームマネジメントやコミュニケーションの難易度が高くなりがちです。

しかし、タスク管理ツールを活用すればプロジェクトメンバーが同じ仕事場に集まらなくても、スムーズな情報共有が可能です。

多様化する働き方に対応するためにも、ぜひタスク管理ツールを利用してください。

タスク管理ツールを選ぶ際に見るべき3つのポイント

タスク管理ツールを選ぶ際に見るべきポイントを紹介します。
より効果的なツールを選ぶためにも、ぜひ参考にしてください。

①機能が豊富

タスク管理ツールを使用する上で、「機能の豊富さ」は重要なポイントです。
プロジェクトによって、必要となるタスクの内容は異なります。

しかし、多くの機能を利用できれば、プロジェクトの内容に合わせて柔軟に対応できます。
多機能でカスタマイズ性の高いタスク管理ツールを選びましょう。

②操作性に優れている

多機能であると同時に、「操作性にも優れている」かどうかをチェックしましょう。
多様な機能を搭載していても、複雑な操作によりメンバー全員が使いこなせなければ意味がありません。

タスクの情報を確認しやすいようデザインされていたり、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できたりするツールがおすすめです。

③無料のトライアル期間やプランがある

「機能の数や操作性が大切なのは理解できるが、実際に使ってみないとわからない」というケースもあるでしょう。

そのため、「トライアル期間や無料のプランがある」タスク管理ツールがおすすめです。
タスク管理ツールの中には、有料のプランを特定の期間、無料で使えるものやフリープランを利用できるツールもあります。

使用感を実際に確かめられるので、ぜひ試してください。

合わせて読みたい

ビジネスに欠かせない!タスク管理におすすめのツール7選

ビジネスに欠かせない!タスク管理におすすめのツール7選

おすすめのタスク管理ツールを知りたい方に、7つのツールを紹介。無料で使えるタスク管理ツールと個人向けのタスク管理ツールなどがあります。この記事を参考に、生産性向.....

開発者におすすめのタスク管理ツール10選

開発者におすすめのタスク管理ツール10選を紹介します。
ツールの導入を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

①Lychee Redmine

ドラッグ&ドロップで直感的にタスクを管理できる「Lychee Redmine」は操作性に優れたタスク管理ツールです。
カンバンの機能を使えば、ふせんを貼るような感覚で日々のタスクを管理できます。

また、以下のようにさまざま機能を搭載しており、カスタマイズ性も高いタスク管理ツールです。

フリープランは基本機能(ワークフロー・通知設定・ファイル共有・Wiki)とカンバン機能の限定された機能しか利用できませんが、有料プランはガントチャートをはじめすべての機能が利用できます。

有料プランは30日間の無料トライアル期間を提供しています。無料期間終了後も自動課金されることもないためリスクなく始められ、その価値を実感できるはずです。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス[無料トライアルはこちらをお試しできます] 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

また、Lychee Redmineのカンバン機能については、動画でも解説しています。
ウォーターフォール開発におすすめの使い方は、次の動画を参考にしてください。

以下の動画では、アジャイル開発におすすめの使い方を参照できます。

②monday.com

引用:monday.com

タスクのステータスによって色の変わるデザインが特徴的な「monday.com」もおすすめのタスク管理ツールです。

色分けによって見やすくデザインされたUIは、操作性のよさにもつながります。
無料のプランはありませんが、14日間無料で使用感を確かめられるので、検討してみてはいかがでしょうか。

③Jira Software

引用:Jira Software

「Jira Software」は、開発者がコーディングに集中できるよう設計されたタスク管理ツールです。

GitHubやSlackとの連携が可能で、エンジニアが活動しやすい環境づくりをサポートします。

また、タスクの登録やステータス変更も簡単で、操作性も兼ね備えています。
無料のプランもあるので、ぜひ試してください。

④Taskworld

引用:Taskworld

「Taskworld」はITだけでなく医療や教育など、さまざまな現場におけるタスクを管理できるツールです。

使いやすさを重視したインターフェースで、直感的な操作を実現します。
まずは、無料プランでTaskworldを体験してみてはいかがでしょうか。

⑤Chatwork

引用:Chatwork

チャット機能に特化した「Chatwork」は、タスクの作成や編集といった機能も搭載しています。
完了したタスクはチャット上で通知されるため、チーム内の情報共有も円滑になるでしょう。

ファイル管理や音声通話などの機能もあるため、チーム内のコミュニケーションを活発にしたい場合は、ぜひ導入してください。

⑥jooto

引用:jooto

以下のように多くの機能を備えている「jooto」もおすすめのタスク管理ツールです。

  • タスク管理機能
  • 進捗管理機能
  • ユーザー管理機能
  • コミュニケーション機能
  • データ共有機能 など

少数のチームから大企業まで、幅広い規模の組織におけるタスク管理に対応でき、約1,800社に導入された実績もあります。
無料プランもあるので、検討してはいかがでしょうか。

⑦Backlog

引用:Backlog

「Backlog」は下記のように特色のある機能を多く利用できるタスク管理ツールです。

  • カスタム属性
  • 親子課題
  • IPアドレス制限
  • Jira・Redmineからの移行 など

システム開発だけでなくマーケティングや人事など、多くの職種で使用されています。
30日間のトライアル期間もあるので、ぜひ試してください。

⑧Trello

引用:Trello

シンプルなタスク管理を希望する場合は、「Trello」がおすすめです。
Trelloのボード上でリストやカードを設定すれば、ふせんを貼るような感覚で簡単にタスクを管理できます。

チームでのタスク管理にも有用ですが、個人利用にも適しています。
無料のプランでも最大で10枚のボードが利用できるので、試してはいかがでしょうか。

⑨Notion

引用:Notion

機能の充実度に定評のある「Notion」を用いれば、プロジェクトの内容に合わせた柔軟なタスク管理が可能です。

海外生まれのツールですが、日本語にも対応しています。
SUNTORYや三菱重工といった大企業からも信頼を得ているNotionを利用してはいかがでしょうか。

⑩Asana

引用:Asana

世界中のユーザーが利用している「Asana」は、わかりやすいデザインで操作性にも優れるタスク管理ツールです。

レポート機能を使えばいち早く潜在的なリスクを発見でき、タスクの遅れが抑制されます。
無料のプランでも15人まで使用可能なので、ぜひ導入を検討してください。

タスク管理の効率を上げるならツールの利用がおすすめ

タスク管理ツールは業務の効率を改善する上で重要なツールです。
特に、在宅ワークの進む現代では、自宅からでもタスクの進捗を可視化できるタスク管理ツールの有用性が注目を集めています。

タスク管理ツールを選ぶ際は、機能や操作性に着目しましょう。
さまざまなツールの中でも、おすすめは「Lychee Redmine」です。

多機能でありながらドラッグ&ドロップでタスクを管理でき、操作性にも優れています。
30日間無料で試すことも可能なので、ぜひご検討ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加