プロジェクトが成長するにつれ、Excelや紙面での管理が難しくなります。

そのため管理工数の削減を目的に、プロジェクト管理ツールの導入を検討される方も多いでしょう。

しかし、「初めて導入するツールだからコストをかけたくない」「どのプロジェクト管理ツールを選べばいいのかわからない」とお悩みの方も多いはずです。

この記事では、無料のプロジェクト管理ツール7つを比較し、導入メリットと選び方を交えて紹介します。

最後までご覧いただければ、自社の要件を満たすプロジェクト管理ツールが見つかるでしょう。

プロジェクト管理ツールの基礎知識


プロジェクト管理ツールは、タスクや納期、作業工程などの情報を正確に管理するためのツールです。

プロジェクト管理自体は、Excelやスプレッドシートなどの表計算ソフトでも可能です。
しかしツールを使うことで、管理工数を削減できます。

リソース管理やコスト管理など、より高度な管理体制にも対応できるため、プロジェクトにおける利益の最大化を実現できるでしょう。

ここでは、プロジェクト管理ツールの導入メリットと搭載機能を紹介します。

合わせて読みたい

Lychee Redmineのチケット機能についておさらいしてみよう

Lychee Redmineのチケット機能についておさらいしてみよう

Lychee Redmineは、直感的な操作性や豊富な機能が評価され、今では4,000社以上に導入されています。 特にガントチャートは顧客からの満足度も高く、L.....

プロジェクト管理ツールを導入するメリット

プロジェクト管理ツールの主な導入メリットは、下記の3つがあげられます。

  • 進捗状況をリアルタイムで可視化できる
  • メンバーへの緻密な情報共有が可能
  • プロジェクトの柔軟性向上

プロジェクト管理ツールを運用すると、タスクやプロジェクトの進捗状況をリアルタイムで可視化できます。

進捗状況をタスクや担当者、チーム単位で出力が可能です。
よって、作業に遅れが生じたり、業務の偏りが生じたりした場合でも速やかに状況を把握でき対処ができるでしょう。

プロジェクトの情報を迅速に共有できる点も、管理ツールならではの魅力です。
プロジェクト管理ツールは入力された情報を一元的に管理しているため、更新や変更が生じた場合、即座にメンバーへ共有できます。

そのため、メンバー間でのタイムラグを防止でき、無駄な手戻り作業やコミュニケーションコストを削減できるでしょう。

プロジェクトの柔軟性向上は、Excelやスプレッドシートにはない、プロジェクト管理ツールならではのメリットです。
例えば、急な仕様変更が生じた場合でも、計画の修正やメンバーへの伝達をひとつのツールで完結できます。

また、メンバーの作業状況を考慮してタスクを割り振れるため、遅延リスクや業務負担を最小限におさえつつ対処できます。

無料プロジェクト管理ツールの搭載機能

一般的なプロジェクト管理ツールに搭載されている機能は、以下のとおりです。

機能群 搭載機能
進捗管理
  • ガントチャート
  • カンバン
  • カレンダー
  • チェックリスト
  • マイルストーン
情報共有
  • 社内Wiki
  • CSVエクスポート
  • 掲示板
  • レポート機能
コミュニケーション
  • Slack・ChatWork連携
  • チャット機能
  • メッセージ機能
工数管理
  • EVM
  • CCPM
その他
  • テンプレート機能
  • カスタムフィールド
  • 自動バージョンアップ
  • 外部連携機能
  • マルチデバイス対応

搭載機能は、利用するプロジェクト管理ツールによっても異なります
そのため、ツール選定時には自社プロジェクトの規模や管理体制を見直し、必要機能を明確にするとよいでしょう。

自社の要件に適したツールを選定できれば、管理体制の変更やツールの仕様変更を最小限に抑えられ、導入時の手間・コストを削減できます。

無料プロジェクト管理ツールの選定ポイント3選

無料プロジェクト管理ツールを選ぶ際には、下記3つのポイントで比較するのがおすすめです。

  • ツールの導入形態
  • セキュリティ対策・サポート体制
  • ツールの拡張性

本章では3つのポイントを順に紹介します。

1.ツールの導入形態

プロジェクト管理ツールは、導入形態に応じてクラウド型とオンプレミス型に分類されます。

インターネットを介して利用するクラウド型に対し、オンプレミス型はパソコンやサーバーにダウンロードして利用する形態のことです。

クラウド型は、ITの知見がない方でも導入しやすく、コストの安い点が魅力です。
プロジェクト管理ツール専用のサイトへアクセスし、ログイン情報を入力するだけで利用できます。

ただし、オンプレミス型に比べると、カスタマイズの自由度が低い点はデメリットといえるでしょう。

一方のオンプレミス型は、機能を自由に拡張できるため、自社の要件にあったツールを構築できます。

しかし、導入に際してはサーバーの構築や社内インフラの整備が必要なため、運用までに多くのコストがかかります。

手軽に導入・運用するならクラウド型を、自社の要件を満たしたツールを求める場合はオンプレミス型を選択するとよいでしょう。

2.サポート体制の充実さ

クラウド型のプロジェクト管理ツールを導入する場合、サポート体制の充実さも大切な選定ポイントです。

理由は、受けられるサポートサービスが契約するベンダー企業によっても異なるためです。

代表的なサポートサービスは、以下の3つがあげられます。

  • プロジェクト管理ツールの導入サポート
  • 従業員へのトレーニングサポート
  • 電話・メールサポート

社内にITの知見をもつ人材がいない場合は、サポート体制が充実したプロジェクト管理ツールを選択するのがおすすめです。

万が一、システムトラブルが発生したり不明点が生じたりした場合でも、適切なサポートが受けられればプロジェクトへの影響を最小限にとどめられるでしょう。

安心してプロジェクト管理ツールを運用するためにも、サポート体制の充実さも大切な選定ポイントといえます。

3.ツールの拡張性

一般的に無料のプロジェクト管理ツールは、使える機能やアカウント数が制限されています。

小規模なプロジェクトや細かなタスクを管理する場合は、問題なく利用できるでしょう。

しかし、企業が成長するにつれ、無料のプロジェクト管理ツールでは適応できなくなる恐れがあります。

無料プラン以外に有料プランが用意されていないか、機能の追加が可能かなど、拡張性の観点から製品を選ぶことも大切です。

あとから他社のツールへ移行するとなると、多くの手間・時間がかかるため、長期的な利用を見据えて製品を選定するとよいでしょう。

【クラウド型】4つの無料プロジェクト管理ツールを比較

本章ではクラウド型のツールに厳選し、それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介します。

1.Lychee Redmine

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Lychee Redmineは、国内企業向けのプロジェクト管理ツールです。

5,000社以上もの導入実績を誇るなど、高い信頼性が魅力です。

多機能ツールとしても有名なRedmineがベースとなっており、独自の追加機能とサポートサービスを提供しています。

ガントチャートやカンバンをはじめ、大型プロジェクト向けのEVMやCCPMにも対応できます。

多機能ながらあつかいやすいLychee Redmineを使えば、どなたでも高度なプロジェクト管理を実現できるでしょう。

合わせて読みたい

Lychee Redmineのチケット機能についておさらいしてみよう

Lychee Redmineのチケット機能についておさらいしてみよう

Lychee Redmineは、直感的な操作性や豊富な機能が評価され、今では4,000社以上に導入されています。 特にガントチャートは顧客からの満足度も高く、L.....

2.Asana

引用:Asana

Asanaはプロジェクトとタスクを一元管理できる、プロジェクト管理ツールです。

視認性の工夫がなされており、プロジェクトの状況を直感的に把握できる点が魅力です。

ガントチャートやカレンダー、カンバンなど、あらゆる方法で進捗状況を視認できます。

また、連絡ツールのSlackやChatWorkとも連携できるため、メンバーとのスムーズな情報伝達が可能です。

GoogleサービスやZoom、Dropboxなどとの連携もできるため、不足機能を補い、高度な管理体制を構築できるでしょう。

3.Trello

引用:Trello

Trelloは、直感的なタスク管理が魅力のプロジェクト管理ツールです。

カンバン方式を採用しており、ドラッグ&ドロップで直感的に操作できます。

また、マーケティングやエンジニアリング、リモートなど、プロジェクトの特性に合わせたテンプレートが利用できます。

初めてあつかう方でも迷うことなく操作でき、プロジェクトの効率化を実現できるでしょう。

4.Jooto

引用:Jooto

Jootoは、シンプルさを追求したプロジェクト管理ツールです。

カンバン方式を採用しており、まるでボード上にふせんを貼り付けるように操作できます。

また、横断管理機能を搭載しているため、複数のプロジェクトが並行している場合でも、任意のタスクを即座に見つけられます。

専用のスマホアプリも提供されているため、出先からでも情報の更新やプロジェクト状況を把握が可能です。

プロジェクトのメンバーとマネージャー双方にとって、あつかいやすいツールでしょう。

【オンプレミス型】無料で使えるプロジェクト管理ツール3選

続いて、オンプレミス型の無料プロジェクト管理ツールを紹介します。

1.GanttProject

引用:GanttProject

GanttProjectは、制限なく利用できるオープンソースのプロジェクト管理ツールです。

プロジェクト管理に必要な、以下の機能を標準搭載しています。

  • ガントチャート
  • マイルストーン
  • リソース管理
  • WBS
  • レポート機能

また、GanttProjectは多言語機能を搭載しているため、日本語を含めた30カ国語に対応できます。

海外のメンバーが参画するプロジェクトでも、あつかいやすいツールでしょう。

2.ProjectLibre

引用:ProjectLibre

ProjectLibreは、193カ国で600万ダウンロードもの実績を誇る、プロジェクト管理ツールです。

Microsoft Projectの代替となるオープンソースソフトウェアで、高い信頼性を誇ります。

ガントチャートやWBSをはじめ、EVMやリソース管理など高度な管理機能も搭載しています。

ソースコードが無料で提供されているため、コストの負担なく利用できるでしょう。

3.Redmine

引用:Redmine

Redmineは、国内でもトップクラスの知名度・導入実績を誇る、オープンソースのプロジェクト管理ツールです。

一番の魅力は、プラグインによる機能拡張や仕様カスタマイズができることです。

すでに数多くのプラグインが提供されているため、専門知識がなくても手軽にカスタマイズできます。

また、国内でも多くの企業が導入しているため、使い方やプラグインに関する情報を集めやすいでしょう。

合わせて読みたい

プロジェクト管理ツールRedmineは何ができる?搭載機能を解説

プロジェクト管理ツールRedmineは何ができる?搭載機能を解説

無料で使うことができるプロジェクト管理ツール「Redmine」。 「どのようなツールで、何ができるのか気になる」という方も多いのではないでしょうか。 この記事で.....

無料のプロジェクト管理ツールは「Lychee Redmine」がおすすめ

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

この記事では、無料のプロジェクト管理ツール7つを比較し、導入メリットと選び方を交えて紹介しました。

中でもおすすめなのは、豊富な管理機能を搭載したLychee Redmineです。

Lychee Redmineは、サポート体制が充実しているため、はじめツールを導入する方でも安心して利用できます。

カンバンやガントチャートをはじめ、バックログ、・タイムマネジメント・リソースマネジメントの機能も搭載しています。

変化の多いプロジェクトでも、柔軟に管理できるでしょう。

また、豊富な標準機能に加え、プラグインの追加やカスタマイズ機能の追加が可能です。

企業の成長にも対応でき、長期的に利用できるプロジェクト管理ツールです。

今なら30日間の無料トライアルが利用できるため、まずはお気軽に利用されてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

「仕事やプロジェクトが多くて管理が大変」 「管理が苦手で効率良く仕事ができない」 このような悩みでお困りではありませんか? 仕事やプロジェクトは納期が設定されて.....

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加