「統合マネジメントって何?」

「具体的には何をすればいいの?」

「統合マネジメントを成功させるコツは?」

こんな悩みをお持ちではないでしょうか。

統合マネジメントは、プロジェクト進行にとても重要な役割です。

しかし、重要とは知っていても具体的に何をすればよいか、わからない方も多いのではないでしょうか。

また、統合マネジメントを成功させるコツがあれば知りたいですよね。

この記事では、統合マネジメントの詳細や実施のプロセス、成功させるコツについて詳しく解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

統合マネジメントとは

統合マネジメントとは、プロジェクト達成に向け、プロジェクトに関わるすべての要素を調整・管理しプロジェクト進行をスムーズにすることです。

統合マネジメントが管理・調整する内容は多岐にわたり、主に以下の内容があげられます。

  • スケジュール
  • スコープ
  • コスト
  • 品質
  • リソース
  • 関係者

上記内容をすべて把握した上で、日々発生するさまざまな問題に対応していくことが求められます。

非常に難しい役割ですが、上手くこなさなければプロジェクトの失敗にもつながるため、プロジェクトにおいてはとても重要な役割といえるでしょう。

合わせて読みたい

プロジェクトマネジメントとは一歩リードするための必須スキル

プロジェクトマネジメントとは一歩リードするための必須スキル

プロジェクトマネジメントは社会人にとって必須のスキルです。この記事を読めば、プロジェクトマネジメントとは何か理解できます。プロジェクトマネジメントについて詳しく.....

総合マネジメントの重要性

ここでは、統合マネジメントの重要性やメリットについて解説します。

プロジェクト進行がスムーズになる

プロジェクトにおいて、チーム・担当者単独での進行は不可能に近く、連携は必要不可欠です。

連携が取れていなければ、プロジェクトのいたるところで情報のズレ、リソースの偏り、タスクの遅れが発生するリスクは高くなるでしょう。

統合マネジメントが全体のチーム・担当者間の連携を担うことで、ムリ・ムダ・ムラをなくし、プロジェクト進行をスムーズにすることが可能になります。

問題に対する適切な対応が可能になる

プロジェクト進行においては、さまざまな問題が発生し対応を迫られることが多くあります。

しかし、チームや担当者は自分の作業範囲外のことを詳しくは知らないため、全体を意識した対応は難しいです。

その点、統合マネジメントをおこなえば、常に全体を把握できるため、より適切な対応ができ影響を最小限に抑えられます。

関係者により正確な進捗を伝えられる

プロジェクト進行において必要な情報を正しく伝えることはとても重要です。

統合マネジメントをおこなえば、常にプロジェクト全体が把握できるため、進捗状況をより正確に関係者へ伝えられます。

また、必要であれば会議やツールを用いて、チーム間でのコミュニケーションの仕組みを作ることもできます。

統合マネジメントの7つのプロセス

ここでは、プロジェクト総合マネジメントを効果的にするためのプロセスを解説します。

具体的なプロセスは以下の7つです。

  1. プロジェクトチャーターの構築
  2. プロジェクトマネジメントプランの作成
  3. プロジェクト作業の指示と管理
  4. プロジェクト知識の管理
  5. プロジェクト作業の監視と管理
  6. 統合変更管理の実行
  7. プロジェクト(またはフェーズの完了)

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.プロジェクトチャーターの構築

プロジェクトチャーターは、プロジェクトの概要をまとめた土台となる文書です。
プロジェクトの存在を公式に示すもので、以下の内容が含まれます。

  • プロジェクトの目的
  • スコープ
  • チームメンバー
  • プロジェクトのリスク
  • メリット・リターン
  • 予算
  • 運営方法

プロジェクトチャーターがあれば、各関係者から賛同や協力が得やすくなり、迅速にプロジェクトに取り組めます。

2.プロジェクトマネジメントプランの作成

プロジェクトマネジメントプランは、プロジェクト進行するための具体的な計画書です。

プロジェクトマネジメントプランには、以下の内容を明記します。

  • プロジェクトスコープ記述書
  • 成果物
  • タイムライン
  • マイルストーン
  • 評価の指標

3.プロジェクト作業の指示と管理

ここからはプロジェクトの実行段階です。

プロジェクト進行中、プロジェクトマネージャーは以下の業務をおこないます。

  • チーム・担当者への指示
  • プロジェクト全体の把握
  • 各関係者との会議

上の業務をおこないつつ、計画書通りにプロジェクト進行ができているか確認もあわせて実施します。

4.プロジェクト知識の管理

目標達成するための、より効果的な方法や知識があるかもしれません。

そのため、プロジェクトマネージャーは、プロジェクト達成に向けて、常に既存知識の活用や新たな知識のインプットを意識する必要があります。

5.プロジェクト作業の監視と管理

プロジェクトマネージャーは、計画に沿ったプロジェクト進行をしているか確認が必要です。

また問題が発生している場合は、プロジェクト全体を考慮した上で適切に対応しなければなりません。

問題が発生しそうな箇所を事前に予測し、未然に防ぐことも重要です。

6.統合変更管理の実行

統合マネジメント担当者にはチーム・担当者からさまざまな変更の要求が届きます。

届いた要求に対し、要求は適切かプロジェクトへの影響はどの程度か、要求を許可するかしないかなど、変更に関わるすべてを、プロジェクト全体を考慮して管理する必要があります。

7.プロジェクトの完了

プロジェクトがすべて完了し納品が無事終わればプロジェクトは完了です。

プロジェクト自体は完了しますが、プロジェクトマネージャーは、今後に向けて、振り返りや資料などを作成します。

統合マネジメントを成功させる3つのコツ

統合マネジメントのプロセスについて解説しましたが、実際にすべてを実行するのは簡単ではありません。

ここからは、統合マネジメントを成功させるためのコツを解説します。

コツは以下の3つです。

  • こまめな進捗管理
  • 適切なリソース配分
  • プロジェクト管理ツールの使用

それぞれ詳しく見ていきましょう。

こまめな進捗管理

こまめな進捗管理は統合マネジメント成功にはとても重要です。

進捗管理ができていない場合、以下のような作業ができなくなります。

  • プロジェクト全体の把握
  • リソース配分
  • スケジュール管理
  • 問題への適切な対処
  • 正しい情報の共有

進捗管理ができていないことで、統合マネジメントにおける、多くの役割が果たせなくなります。

こまめな進捗管理を徹底し、常にプロジェクト全体を把握しておきましょう。

適切なリソース配分

2つ目のコツは適切なリソース配分です。

プロジェクトにおいてリソースは限られており、偏ったリソース配分をしてしまうと、タスクの遅れにもつながります。

タスクによっては、プロジェクト全体の進行を遅らせることにもなりますので、事前にしっかり計画してリソース配分することが重要です。

また、当初は適切に配分されていても、プロジェクトの進捗具合により、リソースのバランスが崩れることもあります。

プロジェクトマネージャーは常に全体を把握し、必要であれば配分の変更をして、効率的にプロジェクトを進めましょう。

プロジェクト管理ツールの使用

プロジェクト進行を管理するためには、多くのデータを確認して、さまざまな視点からの状況把握が必要です。

しかし、進捗確認の作業には多くの時間がかかります。

また、プロジェクトに変更があった場合、変更に関わるすべてのデータを変更しなければならず、かなりの作業量になります。

その点、プロジェクト管理ツールを使えば、プロジェクトに必要なデータを1つのツールで確認することが可能です。
結果、確認の時間を大幅に減らすことができます。

また、プロジェクト管理ツールであれば、それぞれのデータが連携しており、1つの変更作業で完了する場合も多くあります。

プロジェクト管理ツールを使えば、余分な作業を減らし、本当に必要な作業に時間使えるようになるためとてもおすすめです。

統合マネジメントにはLychee Redmineがおすすめ

ここでは、統合マネジメントの成功をサポートしてくれる、プロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」の機能を紹介します。

Lychee Redmineは7,000社以上の企業への導入実績があるプロジェクト管理ツールです。

機能面では、ガントチャートやカンバンなど、プロジェクト管理に必要な機能が多く備わっています。

統合マネジメントに役立つ機能としては、「リソースマネジメント」や「プロジェクトレポート」などが挙げられます。

リソースマネジメントを活用すれば、工数・稼動率・生産性の観点から人材マネジメントをスムーズに進めることが可能です。

これらの指標をリアルタイムに指標を取得でき、適切な人材マネジメントにつなげられるため、業務環境を整えながらチームのパフォーマンスの最大化を目指せます。

また、プロジェクトレポートを活用すると、進捗・品質・コストなどの状況分析をわかりやすく集約し、レポートとして出力できます。

計画に対する現状が可視化されメンバーに共有できるため、計画の意識を向上させるだけでなく、チームの足並みを揃えることも可能です。

Lychee Redmineは、ツールの操作が容易な点も特徴的です。

ドラッグ&ドロップで直感的に操作でき、誰でも簡単に扱えるため心配はいりません。

そのほかにも、サポート体制やセキュリティ面など機能以外の特徴も充実しており、誰でも安心して使用できるプロジェクト管理ツールです。

フリープランは基本機能(ワークフロー・通知設定・ファイル共有・Wiki)とカンバン機能の限定された機能しか利用できませんが、有料プランはガントチャートをはじめさらに多くの機能が利用できます。

有料プランは30日間の無料トライアル期間を提供しているので、リスクなく始められ、その価値を実感できるはずです。ぜひ一度お試しで使い、操作性を確かめてみましょう。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス[無料トライアルはこちらをお試しできます] 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

合わせて読みたい

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

プロジェクト管理をして作業効率化を向上するためにLychee Redmineの導入を検討していませんか?当記事では、Lychee Redmineの詳細やメリット.....

統合マネジメントには全体の正確な把握が重要

統合マネジメントについて、詳細や成功のコツを解説しました。

統合マネジメントとは、プロジェクトに関わるすべての要素の管理・調整をおこない、プロジェクト進行をスムーズにする役割です。

統合マネジメントを成功させるためには、常にプロジェクト全体を把握したうえで適切に対応し続けていく必要があり、とても難しい役割といえます。

プロジェクト管理ツールであるLychee Redmineは、ガントチャートやカンバンのほか、リソースマネジメントやプロジェクトレポートなど、管理に必要な機能が数多く備わっており、統合マネジメントを大きく手助けしてくれます。

30日間の無料トライアルもありますので、この機会にぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード:
このエントリーをはてなブックマークに追加