プロジェクト管理ツールは、プロジェクトの現状や進行具合を明確に示し、管理の透明性を高める重要な役割を担います。

グラフやレポート機能の利用によって、プロジェクトの状態をリアルタイムで確認し、将来的な展望の予測が可能です。これにより、リスクの管理や迅速な意思決定が可能になり、プロジェクト成功率の向上が期待できます。

本記事では、プロジェクト管理ツールの選び方とおすすめのツールを9つ厳選して紹介します。自社に合うツールを選んで、タスクの進捗管理や工程管理を効率化しつつ、プロジェクトの円滑な進行を目指しましょう。

プロジェクト管理ツール選びの基礎知識

プロジェクトの進行を効率的に支援するツールを、プロジェクト管理ツールと呼んでいます。進捗・案件の管理や、スケジュールの調整などを一元的に行える機能が備わっています。

かつては、Microsoft ExcelやGoogleスプレッドシートなどを使用する場合も多くありました。しかし、情報が散在して状況の把握や情報の集約・転記に大きな手間がかかる課題がありました。

専用ツールを使うと、必要な機能が一つのインターフェースに集約されています。案件やタスクの進捗状況をすぐに確認でき、メッセージ管理やスケジュールの共有も容易です。

このような便利さから、多くの企業で活用が広がっています。

プロジェクト管理ツールの機能

各ツールで異なりますが、一般的に備わっている機能を下表にまとめました。

機能 補足
ガントチャート プロジェクトの全工程を棒グラフで表示し、進捗状況の直感的な把握に役立つ
タスク管理

チームのタスクを一覧表示し、進行状況を更新できる

一部のツールでは、カンバンによるステータス表示が可能

ファイル共有 必要な写真や資料などをチーム内で共有する
Wiki 会議の議事録や製品仕様書などの情報を蓄積し、参照しやすくする
掲示板 プロジェクト関連の重要なお知らせをメンバー全員に共有する
メッセージ・チャット チーム内コミュニケーションを活性化し、迅速な意思決定を促進する
予算管理 工数をもとに人件費を計算し、コスト管理に役立つ

プロジェクト管理ツールの導入メリット

専用のツールを導入すると、プロジェクトの進行状況を視覚的に表せます。急な仕様変更があった場合でも、現状を素早く把握できて便利です

作業の優先順位を視覚的に示せるので、どのタスクが重要かが一目で分かります。プロジェクトの進捗具合、スケジュールの遵守状況、問題が生じている部分などもすぐに確認可能です。

ツールの活用によりプロジェクトを全体的に把握して管理できれば、抜けや漏れによる手戻り作業を防げます。ミスが減るだけでなく作業効率が大幅に向上するので、プロジェクトを効率的に進めたい場合にはツールの使用がおすすめです。

合わせて読みたい

システム開発で大切なプロジェクト管理とは?

システム開発で大切なプロジェクト管理とは?

システム開発におけるプロジェクト管理とは、開発するシステムの機能要求を、期間・予算・人員などの限られた条件の中でうまく達成するための計画・実行のことです。システ.....

おすすめのプロジェクト管理ツールを選ぶコツ

プロジェクト管理ツールには様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。ツールを選択するコツとして、以下のポイントを確認して、自社に適したツールを選びましょう。

  • プロジェクト管理を効率化する機能が十分か
  • 無料トライアルが設けられているか
  • 初心者でも扱いやすいか
  • クラウド型かオンプレミス型か

それぞれのポイントを順番に詳しく解説します。

プロジェクト管理を効率化する機能が十分か

プロジェクト管理ツールには、進捗管理・情報共有・ガントチャート・カンバンなど多様な機能が搭載されています。以下のように課題を明確にした上で、それを解決できるツールを選定しましょう。

  • タスク管理をさらに効率化したい
  • 原価管理も同時並行で実施したい
  • 勤怠工数とスケジュールを一言管理したい
  • コミュニケーションコストを削減したい

特におすすめなのは、進捗管理や課題・タスク管理、ガントチャート作成機能などの機能が備わっているツールです。プロジェクトやタスクの管理に止まらず、チームの生産性向上にも役立ちます。

無料トライアルが設けられているか

最近では、無料の製品や無料プランが提供されているツールも増えている他、有料プランにおいて期間限定で無料トライアルが提供されている場合もあります。

無料プランは有料プランと比較して一部機能が制限されている場合が多く、管理できるプロジェクト数やユーザー数に制限があるのが基本です。

一方、無料トライアルを利用すれば、有料プランの機能や使い勝手を実際に試せます。自社に最適なツールを選ぶ際の参考にしましょう。

初心者でも扱いやすいか

マネージャークラスの人間だけでなく、すべてのチームメンバーが使いやすいツールを選びましょう。直感的な操作で学習コストが低いツールをおすすめします。

利用環境に応じたツール選びも大切です。例えば、リモートワークが多い企業ならば、コミュニケーションを円滑にするメッセージ機能やチャット機能が充実したツールが有効です。

その他、操作方法に関するサポート体制が整っているか事前に確認しておくと、導入後も安心して利用できます。

クラウド型かオンプレミス型か

プロジェクト管理ツールは、クラウド型とオンプレミス型の2つの形式で提供されています。クラウド型の主な魅力は、社内外のステークホルダーとのリアルタイムな情報共有が可能な点です。

また、マルチデバイス対応で利便性が高い上に、初期費用を低く抑えられます。保守や運用もプロバイダが担当するので、導入時に役に立ちます。

しかし、インターネット環境が必須であり、セキュリティの面ではプロバイダに依存しなければならない点には注意が必要です。

一方、オンプレミス型は、企業が自由に機能や項目をカスタマイズできるのが大きな特徴です。また、インターネット接続が不要なので、オフラインでも使用できます。

ただし、クラウド型に比べてセキュリティ水準は高いものの、構築にかかる初期費用は高くなりやすいです。長期的な利用を前提に、コストとメリットを検討した上でツールの形式を選びましょう。

合わせて読みたい

プロジェクト管理・タスク管理とは?流れやメリット、おすすめツールを紹介

プロジェクト管理・タスク管理とは?流れやメリット、おすすめツールを紹介

プロジェクト管理とは、特定のプロジェクトにおける全体の管理をすることで、コストや品質の管理なども含まれています。また、タスク管理は、プロジェクト管理の一部となる.....

おすすめのプロジェクト管理ツール4選|豊富な機能で効率化に貢献

ここからは、豊富な機能で効率化に貢献する、おすすめのプロジェクト管理ツールを4つ厳選してご紹介します。

  • Lychee Redmine
  • Asana
  • Notion
  • Jira Software

各ツールの機能や特徴を中心に紹介します。それぞれ把握してご自身・自社のプロジェクトに適したツール選びにお役立てください。

Lychee Redmine

Lychee Redmine

Lychee Redmineは、7,000社を突破しており、使いやすさ抜群のガントチャートを備えたプロジェクト管理ツールです。タスク・スケジュール・人的リソース・コストなど、プロジェクトに関わる様々な情報を集約して一元管理できます。

複数プロジェクトの進捗状況をまとめて把握できるなど、利便性が高い点も特徴です。
マウスでの操作が中心で、現場のメンバーからリーダー・経営層まで全員が扱いやすい操作性にも魅力があります。

利用者のニーズに応じて拡張機能の追加も可能なので、自社のプロジェクトに適した形にアレンジできます。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス[無料トライアルはこちらをお試しできます] 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

全機能を使えるプレミアムプランが30日間無料で使える無料トライアルが実施されていますので、高機能なタスク管理ツールを試してみたい場合は、ぜひ利用してみてください。

Asana

引用:Asana

Asanaは、プロジェクト管理だけでなく、すべての仕事を全社的な目標やビジネス戦略に結びつけられるツールです。

例えば、お気に入りのツールやシステムと連携できるので、すべてを1つのプラットフォームにまとめて仕事を整理でき、一元管理が可能です。会社全体の人とタスクを結びつけられ、優先度の高い仕事を確実に完了できるようにします。

また、タスク、スケジュール管理、仕事の割り当てなど、様々な機能を自動化できる点が強みです。優先順位の低い仕事の大幅カットができれば、仕事の効率化に貢献します。

プロジェクトテンプレートも充実しており、プロジェクト管理にすぐ着手できます。

Notion

引用:Notion

Notionは、ドキュメントやメモ、社内Wikiなどを一か所に保存できるプロジェクト・タスク管理のソリューションです。AI機能も兼ね備えており、議事録や技術文書などのAIによる自動要約サポート機能もあります。

Notionは主にプロジェクトとタスクの2つの領域に分かれ、それぞれが相互に接続しています。ドキュメントでの共同作業やテンプレートの活用、マーケティングカレンダー機能やロードマップなどを利用し、プロジェクト・タスクの管理が可能です。

連携性、柔軟性が高く、Asanaなどの他のタスク管理ツールからのインポートにも対応予定です。

Jira Software

引用:Jira Software

Jira Softwareは、スクラムのフレームワークを採用してチーム間のコラボレーションを強化しながら、複雑なプロジェクトを効果的に管理するのに役立つプロジェクト管理システムです。

ユーザーストーリー・課題・スプリント計画などの作成により、チーム全体へのタスクの共有・分散が可能です。また、現在の作業状況を把握しやすくなり、優先すべきタスクの決定に役立つ点も特徴的です。

その他、チームの各リリース工程に合わせて、ワークフローを選択したり、カスタマイズしたりできる点も魅力といえます。

合わせて読みたい

プロジェクト管理ツールRedmineとLychee Redmineを徹底比較

プロジェクト管理ツールRedmineとLychee Redmineを徹底比較

作業効率を向上させることができるプロジェクト管理ツール「Redmine」と「Lychee Redmine」の違いについて特徴や機能から比較内容を紹介します。どち.....

おすすめのプロジェクト管理ツール5選|タスク管理に特化

続いて、タスク管理に特化した、おすすめのプロジェクト管理ツールを5つ厳選してご紹介します。

  • Backlog
  • Jooto
  • Microsoft Project
  • Trello
  • Stock

上記5つのツールの機能や特徴を中心に紹介しますので、それぞれ把握してご自身・自社のプロジェクトに適したツール選びにお役立てください。

Backlog

引用:Backlog

Backlogは、「言った言わないがなくなる」がコンセプトのプロジェクト管理アプリで、業種を問わず日本の企業で幅広く使用されています。シンプルで直感的に使えるデザインが特徴的で、ITに詳しくない従業員の方でも使用のハードルが高くありません。

もし一度使ってみたいという場合も、すべてのプランが30日間無料で使用できるので無駄なコストを支払う必要はありません。コミュニケーションの円滑化を図る上でも、導入をおすすめできるプロジェクト管理ツールです。

Jooto

引用:Jooto

Jootoは、シンプルで直感的に使えるプロジェクト管理ツールです。これまで約1,800社以上に導入されており、大手から中小まで人気があります。

導入から運用、利用の定着まで徹底的にサポートしてくれる点が魅力です。操作は、付箋のような感覚でドラッグ&ドロップするだけなので、専門知識がなくても簡単に使えます。

4名まで無料で使えるプランが用意されているので、まずは少人数で使い勝手を試したい方におすすめです。

Microsoft Project

引用:Microsoft Project

日本マイクロソフト株式会社が提供するMicrosoft Projectは、コミュニケーションツールとしての機能とシンプルな操作性が特徴のプロジェクト管理ツールです。

Microsoft Teamsと連携してのファイル共有やミーティングにより共同編集がスムーズに実施できます。Microsoft 365を導入している企業に最適です。

プロジェクトの残り時間や作業量が一目でわかるバーンダウンチャートで、進捗状況を把握します。

Trello

引用:Trello

Trelloは、チーム間でのコラボレーションをスムーズにし、仕事の生産性を向上させる上で役立つプロジェクト管理システムです。

タスクは「リスト」や「カード」としてボードに追加され、それらを使って時間管理を行ったり、異なるボード間で作業を連携させたりが可能です。

また、各カードにはチェックリスト・期限・添付ファイル・担当者などの情報を追加できます。それらをチーム全体で確認すれば、情報の共有をより効率的に行えます。

Slack・Dropbox・Evernoteなどのアプリとの連携も可能です。様々な作業を一つのプラットフォームで効率的に管理できる点に特徴があります。

Stock

引用:Stock

Stockは、チーム内外でのスムーズな情報共有に役立つよう設計されたツールです。

メッセージ機能を通じて、情報の整理やタスク管理をサポートしてくれます。もしデータを誤って消去してしまった場合でも、30日間は削除されたデータの復元が可能です。

ノート機能では、記録されたすべての内容が編集履歴に残るので、過去の情報を参照しながらタスクを管理できます。社外の人々とも、無料プランの範囲内で連携が可能です。

情報のストック・タスク管理・メッセージ送信という基本的な機能のみというシンプルな設計が、初心者にも使いやすいと評価されています。

Lychee Redmineは操作性と充実の機能・サポートを求める人におすすめ

プロジェクト失敗の原因は、スケジュール管理と情報共有不足によるものが多い傾向にあります。自社に合ったプロジェクト管理ツールの導入により、効率的なプロジェクトの進行が可能です。

本記事でおすすめしたプロジェクト管理ツールを試しながら、自社に最適なツール選びを成功させましょう。

Lychee Redmineは、プロジェクト管理に役立つ機能が豊富に備えたツールです。複数のプロジェクトの状況を可視化し、一元管理できる点も特徴的です。

有料プランも30日間は無料でお試しできますので、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加