「アジャイル開発の経験しかないけど、ウォーターフォール開発ってどうなんだろう?」
「ウォーターフォール開発をもっと効率よくおこないたい」

上記のように考えている人に向けて、ウォーターフォール開発の特徴を解説します。
ウォーターフォール開発をおこなう上でのコツやおすすめのツールも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ウォーターフォール開発とは

ウォーターフォール開発はソフトウェア開発やハードウェア開発で、従来用いられてきた開発手法です。
まずは、ウォーターフォール開発の特徴や歴史について解説します。

ウォーターフォール開発は段階的に進める開発手法

ウォーターフォールとは、日本語で「滝」を意味します。
ウォーターフォール開発はその名の通り、上流から下流に流れるように開発を進める開発手法です。

例えば、下記の手順でソフトウェア開発を実施するとします。

  1. 要件定義
  2. 外部設計
  3. 内部設計
  4. 開発
  5. テスト
  6. リリース

段階的に進めるウォーターフォール開発では前工程がすべて終わらなければ、次の作業に進みません。

隣り合った工程で多少の反復をおこなうことはあります。

しかし、基本的には後戻りしたり工程をとばしたりして、開発することはありません。
開発手順を一つひとつこなして、次のフェーズに進むのがウォーターフォール開発です。

合わせて読みたい

ウォーターフォール開発とは?アジャイル開発との違いや特徴を解説!

ウォーターフォール開発とは?アジャイル開発との違いや特徴を解説!

「開発現場が忙しすぎる」 「いつも開発の納期に間に合わない」 このような悩みをお持ちではありませんか? 開発は目の前のタスクをこなしていくだけでは無駄が多く、き.....

ウォーターフォール開発の歴史

ウォーターフォール開発のもととなるアイデアが生まれたのは、1970年代です。
情報工学博士のW.W.ロイスによって、基礎となる考え方が提唱されました。

ロイスの論文はアメリカ国防省やIEEE(米国電気電子学会)などの団体で支持され、国際的にも地位を高めていきます。

ロイスの論文では開発工程の中で「Iteration」つまり、反復をおこなうことが推奨されていました。

工程を反復することで開発を実施するアジャイル開発の特徴が、すでにロイスによって提案されていたことになります。

しかし、アメリカ国防省やIEEEで文書化されるにあたり、「反復する」という部分は削除されました。

権威ある団体が支持したことで広がったウォーターフォール開発ですが現在では、反復することのない開発手法として認知されています。

ウォーターフォール開発のメリット

近年はよりスピード感をもって開発できるアジャイル開発の勢いが強いですが、プロジェクトの内容によってはウォーターフォール開発が採用されます。

ウォーターフォール開発のメリットを理解して、状況に応じた開発手法の選択をおこなえるようにしましょう。

スケジュールを管理しやすい

ウォーターフォール開発には、「スケジュールを管理しやすい」というメリットがあります。

作業中の工程が完全に終わってからでないと、次のフェーズに移らないというウォーターフォール開発の特徴が影響しています。

要件定義で最終の成果物について詳細が決まれば、工程ごとのタスクが明確になりプロジェクトの全体像をつかむことも可能です。

プロジェクト全体を俯瞰できれば、工数の計算や担当者の割り振りといったスケジュール管理もおこないやすくなります。

必要コストを予測しやすい

スケジュール管理ができることで、「コスト管理」もおこないやすくなるのがウォーターフォール開発のメリットです。

開発の初期段階でプロジェクトの全体像がわかるため人員の配置に無駄が減り、コストの大部分を占める人件費を抑えられます。

例えば、自社だけでは人材が足りない場合、外部からリソースを確保しなければいけません。
ウォーターフォール開発では必要な工数および人員を早い段階で把握できるため、適切な数の人材を外部に依頼できます。

スケジュール管理やコスト管理を重視するなら、ウォーターフォール開発が向いているでしょう。

品質重視のプロジェクトに向いている

ウォーターフォール開発には「品質重視のプロジェクトに向いている」という強みもあります。

ウォーターフォール開発では、要件定義で仕様を細部まで決めてから開発をスタートさせます。

プロジェクト途中での仕様変更は想定しておらず、事前に決められた手順で開発をおこなうということです。
そのため、最終の成果物における品質を担保しやすくなります。

開発事例が多い

「開発事例が多い」のもウォーターフォール開発の魅力です。
従来の開発手法であるため国内外問わず、開発事例が豊富です。

ウォーターフォール開発に精通した人材も多く、過去の事例を活かした開発をおこないやすくなります。

また、工程をひとつずつ進めるシンプルな手法であり、どのような開発会社でも採用しやすいのもウォーターフォール開発のメリットです。

 

ウォーターフォール開発を円滑にする3つのコツ

いくつかのデメリットのあるウォーターフォール開発ですが、弱点を補い円滑に進めるためのコツを紹介します。
3つ解説するので、順に確認しましょう。

①仕様を明確にする

ウォーターフォール開発には、仕様の変更に弱いというデメリットがあります。
そのため、開発初期の要件定義を念入りにおこない、「仕様を明確にすること」が大切です。

最初に仕様を確定させることで、後戻りなく開発できる環境を整えましょう。

②計画を詰め込みすぎない

予定変更に弱いというデメリットをカバーするため、ウォーターフォール開発では「計画を詰め込みすぎない」ことも大切です。

トラブルの起きそうな工程がないかや、もし問題が発生するとしたらどのようなものかなどを予測しましょう。
リスクを想定しあらかじめスケジュールに余裕をもたせれば、予定変更の際にも柔軟に対応できます。

③プロジェクト管理ツールを活用する

「前半の工程に時間がかかってしまい、開発後半の進捗管理が難しい」という場合には、「プロジェクト管理ツール」を活用してはいかがでしょうか。

プロジェクト管理ツールには、開発を計画的におこなうための機能が多く搭載されています。

仕様や予定に変更がでた場合でもプロジェクトの全体像や情報を可視化でき、状況に応じたスケジュール調整が可能です。

合わせて読みたい

プロジェクト管理ツールとは?初心者でも使えるおすすめツール5選

プロジェクト管理ツールとは?初心者でも使えるおすすめツール5選

「プロジェクト管理ツールの詳細について知りたい」 「自社に合ったプロジェクト管理ツールを見つけたい」 プロジェクト管理ツールは、作業効率を向上させるために使われ.....

ウォーターフォール開発に有用なLychee Redmineの特徴

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

ウォーターフォール開発のためにプロジェクト管理ツールを導入するならLychee Redmineがおすすめです。
特徴やメリットを紹介します。

ウォーターフォール開発に特化したプラグインが豊富

Lychee Redmineには下記のように、「ウォーターフォール開発で役立つプラグイン」が豊富に用意されています。

  • ガントチャート
  • カンバン
  • ダッシュボード
  • タイムマネジメント
  • リソースマネジメント など

開発におけるタスク管理や、スケジュール管理に有用な機能ばかりです。
「機能が豊富で、さまざまな規模の開発に対応可能なツールがいい」という場合には、ぜひLychee Redmineを検討してください。

操作性が高い

多機能でありながら、「操作性が高い」のもLychee Redmineの魅力です。
基本的な操作はドラッグ&ドロップでおこなえるため、誰もが扱いやすいプロジェクト管理ツールです。

6,000社以上の導入実績がある

Lychee Redmineは、日本企業向けのプロジェクト管理ツールです。
国内企業からの開発依頼により、成長を続けてきました。

導入実績は6,000社を超えており、業界や業種を問わず多くの企業で活用されています。

トライアル期間がある

Lychee Redmineには下記のように4つのプランが用意されています。

プラン 月額料金 ユーザー数 チケット数 機能
フリー 0円 無制限 5,000件 タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード 800円 無制限 無制限 タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム 1,200円 無制限 無制限 スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
ビジネスプラン 1,800円 無制限 無制限

すべての機能

どのプランにも「トライアル期間」が設けられており、30日間無料で使い勝手を確かめられます。

ウォーターフォール開発のコツをつかんでプロジェクトを進めよう

ウォーターフォール開発は滝が流れるように、一つひとつの工程を段階的に進める開発手法です。

19070年代に発表された論文がもととなり、現在ではIT業界を中心に用いられています。
スケジュールやコストを管理しやすいというメリットがあるものの、仕様の変更には弱いため注意が必要です。

ウォーターフォール開発によるプロジェクトを効率的に管理するなら、プロジェクト管理ツールの活用がおすすめです。

プロジェクト管理ツールの導入を検討しているなら、機能や料金プランが豊富なLychee Redmineはいかがでしょうか。

国内で6,000社以上の導入実績があるLychee Redmineで、効率よくウォーターフォール開発を実施してください。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加