ビジネスにおいてリソース管理はプロジェクトを成功に導くために重要な役割があります。
そのためプロジェクトマネージャーは、最適なリソースマネジメントをしなくてはいけません。

しかしリソースマネジメントをしたことがない方は、以下のような悩みがあるのではないでしょうか。

「そもそもリソースマネジメントがわからない」

「リソースマネジメントのはじめ方がわからない」

間違った方法で進めてしまうと時間を無駄にしてしまうので、正しくはじめたいですよね。

この記事では、リソースマネジメントの詳細から種類、はじめ方まで詳しく解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

リソースマネジメントとは

リソースマネジメントとはリソースマネジメントとは、ビジネスの場ではプロジェクトに必要なリソース(ヒト・モノ・カネ)を割り当てるための手法を指します。

プロジェクトによって割り当てるものは異なり、作業メンバーの能力や在庫、予算、生産リソースなどがあります。
目的達成のために必要な要素全てが当てはまるため、場合によっては多くのリソースが必要です。

必要となるリソースを洗い出し配分することで、プロジェクトは動き出します。

プロジェクトに関わる人材のスキルやノウハウ、タスクごとの時間配分を正確に見極めることが重要です。
よってプロジェクトマネージャーには、環境を把握するリソースマネジメント能力が求められます。

関連記事はこちら>>タスクマネジメントの基本と秘訣ツールを使ってかしこく管理

経営に関するリソースマネジメントの種類

経営に関するリソースマネジメントの種類経営に関連するリソースマネジメントには、以下のような種類があります。

  • 【ヒト】人的資源マネジメント
  • 【モノ】物理的資源マネジメント
  • 【カネ】運営資金マネジメント
  • 【その他】時間や情報マネジメント

それぞれどのような特徴や役割があるのかを順番に解説します。

【ヒト】人的資源マネジメント

人的資源マネジメントは、経営資源で最も重要な「ヒト」を指します。

プロジェクトに関わる作業メンバーはそれぞれスキルや経験が異なるため、正しい配置をしなくてはいけません。

しかしスキルや経験があったとしても人にはモチベーションといった感情要素も含まれるので、状況によって生産性は大きく変化します。

逆にスキルや経験が少なくても向上心を持っていれば、学びのなかで成長していくこともあるでしょう。
そのためプロジェクトの担当になる作業メンバーやリーダーによって、成果率にも大きく影響が出ます。

人は感情によって動きが変化するので、リソースのなかでもとくに管理が難しいとされています。

【モノ】物理的資源マネジメント

物理的資源マネジメントは、作業に必要なオフィスや備品などの「モノ」を指します。

例えばエンジニアであればパソコンや導入しているアプリも対象となり、物理的資源が多いほど生産効率も比例して上がります。

人がいても物がなければ作業はできないため、必然的にお金を生み出すこともできません。

作業に必要な物は全てマネジメント対象となるので、生産性を上げるためにはどんな物が必要かを整理しましょう。

【カネ】運営資金マネジメント

運営資金マネジメントは、プロジェクトに関わる作業メンバーの給与や備品など準備費用に必要な「カネ」を指します。

運営資金のなかには現金だけでなく、借入金や株式、債券なども含まれます。

プロジェクトを進めていくうえでコストは必ずかかるので、完了までにどれくらいの費用でマネジメントしなければいけないかを把握する必要があります。

そのためプロジェクトマネージャーは、限られた運営資金のなかで人件費や必要備品を調整することが大切です。

【その他】時間や情報マネジメント

前述で紹介したヒト・モノ・カネ以外に、時間や情報もマネジメントの対象に含まれます。

プロジェクトには必ず納期が設定されているため、各タスクをスケジュール通りに終わらせなくてはいけません。
時間のマネジメントをおこなうときは、各人材のスキルや経験を把握して最適なタスクを割り当てることが重要です。

次に著作権や特許、技術、データといった各種情報もマネジメントが大切です。
情報は会社の利益に関わる要素なので、同様のプロジェクトを開始したり作業メンバーへ共有したりするときに必要となります。

これらのマネジメントは意外に見落としがちになるため、忘れずに管理するようにしましょう。

リソースマネジメントのはじめ方

リソースマネジメントのはじめ方リソースマネジメントは、ヒト・モノ・カネ・その他のはじめ方を理解しなければいけません。

以下のマネジメント方法を紹介します。

  • ヒトのマネジメント方法
  • モノのマネジメント方法
  • カネのマネジメント方法
  • 時間のマネジメント方法
  • 情報のマネジメント方法

ヒトのマネジメント方法

ヒトのマネジメントはHRM (Human Resource Management)とも呼ばれていて、人的資源管理という意味があります。

リソースマネジメントのなかでも最重視されるため、HRMの手法は理解が必要です。

HRMの手法には、以下のようなマネジメント内容が含まれます。

  • ストレスマネジメント
  • スキルマネジメント
  • 人材管理マネジメント
  • パフォーマンスマネジメント

上記項目を順番に説明します。

ストレスマネジメント

ストレスマネジメントは、作業メンバーの心身に関する管理です。

作業環境やプライベートなどが原因でモチベーションが下がると生産性も落ちるので、プロジェクトにも悪影響が出ます。

そのため週に一度もしくは月に一度でも、作業メンバーのストレスチェックテストを実施することをおすすめします。

適度なストレスチェックとケアをすれば、作業メンバーとしても働きやすい環境ができて生産性も自然に向上していくでしょう。

スキルマネジメント

スキルマネジメントは、各メンバーのスキルを可視化して最適なタスクを割り当てたり、人事評価をしたりと役立てられます。

優秀なスキルと実績を持つメンバーに見合ったポジションを与えることで、よい成果を期待できます。

プロジェクトに足りていないスキルがあれば、人材育成することも大切です。

人材管理マネジメント

人材管理マネジメントは、各メンバーの評価制度や採用、配置などの人材管理です。

社内メンバーのモチベーションを高める役割があり、優秀な人員の定着率を上げることにも効果があります。

以前は企業の成長を促進させるための戦略が求められていました。
しかし現在は、生き残るために自社ならではの強みを出すことに意識改革されています。

そのためにも、自社内で優秀な人材を育成する環境作りは必要不可欠です。

パフォーマンスマネジメント

パフォーマンスマネジメントは、目標管理やフィードバックからメンバーの行動を結果につなげる管理手法です。

ビジネスとして目標達成を目指すために、社員のスキルとモチベーションを引き出して企業と個人の成長を促す効果があります。

そのためにも定期的にフィードバックをおこない、上司と部下がコミュニケーションを取ったり部下へコーチングしたりすることをおすすめします。

パフォーマンスマネジメントは新しい手法として注目されており、成功させるには最初に目標をしっかり定めることが大切です。

モノのマネジメント方法

モノのマネジメントをするときは、作業に必要な備品の購入やレンタルして進めます。

例えば、社内でエンジニアを雇って作業するためにはパソコンと専用のソフトウェアが必要です。

業種によって必要な物は異なりますが、物理的資源が多いほど生産効率は上がり業績は伸びます

物が不要になったときは処分にも費用が発生するので、購入するかレンタルするかは予算と相談しなくてはいけません。

また必要なとき使えるように書類や受話器などの備品は、しっかり整理することもマネジメントとなります。

カネのマネジメント方法

カネのマネジメントでは、会社経営に関わる資金運用が重要です。

新しいプロジェクトや企画をはじめるためには必ずお金が発生するので、運用方法はしっかり考えなくてはいけません。
企業として安定した業績を伸ばすためには、人材の採用・育成への投資が大切です。

ほかにも自社製品・サービスの開発や製造による資金も必要となります。

売り上げが安定していないときには、融資を受けて運用するのもひとつの手段です。
お金は堅実な使い方も大切ですが、ときには必要な投資をしてマネジメントすることを理解しておきましょう。

時間のマネジメント方法

時間のマネジメント(タイムマネジメント)は、時間の使い方を見直して効率性を上げることが目的です。

まずは1日の作業時間における仕事内容を洗い出し「自分が想定している作業時間」と「実際に仕事をする作業時間」のズレを可視化します。

そして重要度や緊急性が高いタスクから優先的に着手していけば、効率性を上げられます。

作業をこなしていくと、各タスクにどれくらいの時間がかかるのか明確化されていくので、作業時間のズレを修正することが可能です。

期日や仕事の目標を設定し、どれくらい達成できたのかを振り返る時間をつくりましょう。

情報のマネジメント方法

情報のマネジメントは、企業や組織の資産であり価値そのものです。

そのため、社内で情報の更新や共有をすることで、全体の認識を統一化し目標に向かって行動できます。
情報は、業務プロセスごとに分けて必要な利用者がアクセスできるように改善しなければなりません。

最近では企業向けの情報共有ツールを導入している会社も増えており、いつでも必要な情報を取り出せます。

プロジェクトマネージャーは情報の閲覧権限を与えられるので、大切な情報をうまく更新・共有したいときは導入を検討しましょう。

業務効率化にはプロジェクト管理ツールがおすすめ

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

これまでリソースマネジメントの種類やはじめ方を詳しく紹介しました。

しかし「リソースマネジメントをうまくできるか不安」という悩みもあるのではないでしょうか。

内容を理解しても行動することを考えると難しさを感じてしまいますよね。

そんな悩みを簡単に解決できるおすすめツールが「Lychee Redmine」です。
Lychee Redmineは、日本企業向けに開発されたプロジェクト管理ツールです。

初心者でも使いやすい直感的な操作で人的リソース管理やコスト分析、スケジュール管理を簡単におこなえます。

これまで大手企業をはじめ中小企業など4,000社以上の導入実績があり、高い信頼性を得ています。

何人でも無料で使えるフリープランや有料プランでも30日間無料のトライアル期間を用意しているので、まずは使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら>>プロジェクトマネジメントって何するの?基本やツール、おすすめの本を紹介!

プラン月額料金ユーザー数チケット数機能
フリー0円無制限5,000件タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード800円無制限無制限タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム1,200円無制限無制限スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ要問合せ無制限無制限

全ての機能

リソースマネジメントで経営戦略を考えましょう

リソースマネジメントで経営戦略を考えましょう今回はリソースマネジメントについて詳しく解説しました。

ビジネスではヒト・モノ・カネが必要不可欠となっており、うまく割り当てなければ目標の成果は得られません。
プロジェクトによってどんなリソースが必要なのかを洗い出して配分を見極める必要があります。

ぜひ当記事で紹介したリソースマネジメントのはじめ方を駆使しながら、最適な管理をおこなってみてください。

もし自身のスキルのみで対処できないときは、手軽に管理できるLychee Redmineの導入を検討してみましょう。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

関連キーワード:
Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加