近年、ビジネス環境は急速な変化と競争の激化に直面しています。
このような状況下で成功するためには、ウォーターフォール型のマネジメント手法だけでは対応しきれない場合もあります。

そこで注目を浴びているのが、アジャイル型プロジェクトマネジメントです。
柔軟性と適応力を重視した手法であり、ビジネス環境の変化や顧客の要求変更に迅速に対応できます。

本記事ではアジャイル型の概要について、従来のウォーターフォール型と比較しながら詳しく解説します。
アジャイル型のマネジメントを導入したい管理者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

アジャイル型プロジェクトマネジメントとは

アジャイル型は従来の開発手法と比べて、より柔軟性と迅速性に重点を置いています。
利点としては、「柔軟性や顧客満足度の向上」や「早期リターン」があげられます。

従来の開発手法では要件定義が固定されており、変更が困難でした。
しかし、アジャイルでは顧客のフィードバックを頻繁に取り入れながら、要件を進化させることが可能です。

アジャイル型は柔軟性と迅速性に優れ、顧客のニーズに合わせてプロジェクトを進めるための効果的な手法だと言えるでしょう。

アジャイル型プロジェクトマネジメントの特徴

アジャイル型の特徴は次の通りです。

  • 常に変化する環境に適応できる柔軟性
  • 顧客ニーズに合わせた早期のプロダクトリリースが可能
  • 開発チームの自己組織化と自己管理が重要

以下で詳しく解説します。

常に変化する環境に適応できる柔軟性

アジャイル型は、仕様変更に対応可能な柔軟性を持っています。
なぜなら、短いイテレーションを通じて継続的にフィードバックを取り入れるからです。

例えば、プロジェクトの進捗や成果物を定期的にステークホルダーに提示し、課題点を共有します。
出てきた課題を元に、プロジェクトの方向性や要件を調整することで、迅速な改善や修正が可能です。

従来の方法では仕様変更が難しく、後のフェーズでのみ変更が反映されることが一般的でした。
しかし、アジャイル型であれば、要件や優先順位が変更された場合でも柔軟に対応することが可能です。

顧客ニーズに合わせた早期のプロダクトリリースが可能

アジャイルでは、顧客や利害関係者のニーズを理解し、顧客価値を最大化することに焦点を当てます。

短いスプリント周期で顧客に成果物を提供するため、プロダクトを早くリリースできることが特徴です。

プロダクトを使用していく中でフィードバックを収集することで、プロダクトの要件や方向性を順次調整します。

開発チームの自己組織化と自己管理が重要

アジャイルでは、開発チームが自己組織化されることが特徴です。
自己組織化とは、チーム外やマネージャーから指示を受けるのではなく、作業を成し遂げるための方法を自分たちで選択することを意味します。

チームはタスクの割り当てや進捗管理を自主的に行い、タスクの推進を共同で行います。

そのために、メンバーはスキルを共有し合い、チームの成功に向けて協力し合うことが必要です。

合わせて読みたい

アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを比較!

アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを比較!

「アジャイル開発とウォーターフォール開発はどんな違いがあるのだろう?」 「アジャイル開発を成功させる方法を知りたい」 上記のようなお悩みを抱える方も多いでしょう.....

アジャイル型プロジェクトマネジメントの原則

開発者によって議論され、 2001年に公開された「アジャイルソフトウェア開発宣言(Manifesto for Agile Software Development)」には、ソフトウェア開発におけるアジャイルのアプローチの基本原則が示されています。

この宣言では、以下の4つの価値を提唱しています。

個々の人と相互作用を重視する

プロジェクトの成功には、人々との対話とコラボレーションが重要です。

プロセスやツールも重要ですが、優先順位は人々とのコミュニケーションに置かれます。

また、ビジネスのニーズに応え、開発プロセスを推進するのは人です。
人との対話を重要視することは、顧客へのニーズに応えることにつながります。

動くソフトウェアを提供することを重視する

ソフトウェアの開発は、実際の動作を通じて価値を提供することが重要です。

包括的なドキュメントも重要ですが、優先順位は想定通り動くことに置かれます。

ドキュメント作成に膨大な時間を費やしてしまっては、開発が遅延する原因となります。
開発者は合理的なドキュメントを作成することが大切です。

顧客との協力を重視する

開発において、顧客との協力と信頼関係を築くことが重要です。
厳密な契約交渉よりも、顧客との継続的なコラボレーションに重点が置かれます。

従来のウォーターフォールのような開発モデルでは、開発が始まる前と完了後のプロセスには顧客が関与していましたが、開発中には基本的に顧客は関与しませんでした。

「アジャイルソフトウェア開発宣言」では、定期的に顧客にデモンストレーションを実施するなど、開発中も顧客に関わってもらうことが記載されています。
そうすることで、開発チームは顧客のニーズに応えやすくなります。

変化への対応を重視する

アジャイルでは、変化に対応する柔軟性が重視されます。
計画を重視することも重要ですが、変化に対して素早く柔軟に対応することがプロジェクトの成功につながります。

従来の開発現場では、仕様変更は費用と考えられ、極力避けられていました。

アジャイルではイテレーションの期間が短く、イテレーションごとに優先順位を変えたり、次のイテレーションに新機能を追加したりすることが可能です。

アジャイルでは仕様変更はつきもので、変更によってよりプロジェクトを改善し、成果物に付加価値を提供できると考えます。

アジャイル型プロジェクトマネジメントのフレームワーク

アジャイル型のフレームワークには以下の3つがあります。

  • スクラム
  • カンバン
  • エクストリームプログラミング(XP)

以下では、それぞれについて説明します。

スクラムとは?

スクラムは、アジャイルソフトウェア開発のためのフレームワークです。

プロジェクトを複数のイテレーション(スプリント)に分割し、スプリントごとに一定期間で成果物を開発します。
また、チームを自己組織化し、タスクをバックログから選択して取り組みます。

スプリント計画、デイリースクラム、スプリントレビュー、スプリントレトロスペクティブなどの定期的なミーティングを通じて、進捗管理と改善を実施するのが特徴です。

スクラムの役割と責任

スクラムフレームワークでは、主に以下の役割があります。

  • スクラムマスター(Scrum Master)
  • プロダクトオーナー(Product Owner)
  • 開発チーム(Development Team)

スクラムマスターは、スクラムチームをサポートし、スクラムプロセスの実践と改善を促進します。

プロダクトオーナーの役割は、顧客や利害関係者の代表としてプロジェクトのビジョンを明確にし、プロダクトバックログを管理することです。

開発チームは、成果物を作成するための専門的なスキルを持つメンバーで構成されます。

それぞれスクラムチーム全体の協力と役割の明確化を促すもので、効果的なアジャイルプロジェクトの進行において重要なものです。

各位は独自の責任と役割を持ち、協力してプロジェクトの目標達成に取り組みます。

スプリントプランニングとスプリントレビューの実践方法

スプリントプランニングとスプリントレビューは、スクラムフレームワークの重要なイベントです。
どちらも、スクラムチーム全体の協力とコミュニケーションを重視します。

スプリントプランニングは、次のスプリントに取り組むための計画を立てるためのミーティングです。
開発チームの全員が積極的に参加し、意見を述べることが求められます。

スプリントレビューは、スプリントの終わりに行われる成果物のデモとフィードバック収集のミーティングです。
ふりかえり(スプリントレトロスペクティブ)も開催され、次のスプリントに活かすための検討や、フィードバックを行います。

継続的な改善と学習を通じて、プロジェクトの成果物とプロセスを最適化し、プロダクトの価値を最大化することを目指します。

カンバンとは?

カンバンは、ワークフローを管理するフレームワークです。
カンバンボード上にタスクを視覚化し、進行中のタスクのステータスを管理します。

チームはマルチタスクにならないよう仕掛数を制限(WIP制限)し、タスクを進めます。
また、進捗が悪化している状況があれば、ボトルネックを特定して効率化を図ります。

カンバンはリアルタイムのタスク管理とフローの最適化に焦点を当てていることから、作業の円滑な進行が期待できるでしょう。

カンバンの基本原則と適用例

カンバンフレームワークは、タスク管理やワークフロー管理に使用されるアジャイル手法の一つです。

以下にカンバンフレームワークの基本原則と適用例を説明します。

基本原則:

可視化 ワークアイテム(タスクや仕事)を可視化し、進捗状況や優先順位を明確にします。
カンバンボード上のカードやステータス列でタスクの流れを管理します。
制限 同時に進行できるタスクの数を制限します。
これにより、作業の詰まりや過負荷を防ぎ、タスクのフローをスムーズに保ちます。
フィードバックループ ワークフローの改善に向けて、定期的なふりかえりとフィードバックを行います。
適切なタイミングでプロセスやワークフローを見直し、改善点を特定して反映します。

適用例:

ソフトウェア開発

開発チームは、タスクをカードとしてカンバンボードに表示し、要件定義、開発、テストなどのフェーズを明確に管理します。
各カードはステータス列を進み、進捗状況を可視化します。

サポートや保守業務 サポートチームは、問題やチケットをカードとしてカンバンボードに表示し、優先順位や担当者を明示します。
チームメンバーはカードを処理し、進行中、保留中、解決済みなどのステータスで管理します。
プロジェクト管理 プロジェクト全体のタスクやマイルストーンをカンバンボード上に表示し、各タスクの進捗状況を追跡します。
チームメンバーや関係者はボードを参照し、プロジェクトの進行状況を把握します。

合わせて読みたい

カンバンボードとは?作り方とおすすめツールをご紹介

カンバンボードとは?作り方とおすすめツールをご紹介

「やらなければならないタスクが多すぎて、どれから手をつけたらいいかわからない」 「今メンバーにどのようなタスクを振っているか、すぐ確認ができる方法を知りたい」 .....

エクストリームプログラミング(XP)とは?

エクストリームプログラミングは、ソフトウェア開発プロセスのアジャイル手法です。

この手法では、ペアプログラミング、テスト駆動開発(TDD)、継続的インテグレーションなどの実践方法が重視されます。

チームは短い反復サイクルでソフトウェアを開発し、品質保証とコードのリファクタリングに重点を置きます。

エクストリームプログラミングは、コミュニケーションと協力を重視し、早期のフィードバックを取り入れながら品質と効率性を向上させます。

アジャイル型プロジェクトマネジメントのメリット

ここからは、アジャイル型プロジェクトマネジメントのメリットについて説明します。

顧客ニーズへの柔軟な対応

アジャイル型プロジェクトマネジメントは、定期的なスプリントレビューやデイリースクラムにより柔軟性が高く、変化に対応しやすいという特徴があります。

顧客ニーズの変更があった場合も、スプリントごとに優先順位を再評価し、柔軟に対応できます。

クライアント要望に対する適応性は、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

早期のプロダクトリリースとフィードバックの獲得

アジャイルではプロジェクトを小さなスプリントに分割し、スプリントごとに成果物をリリースします。
このため、プロジェクトの早い段階から価値を実現できます。

リリースごとのフィードバックを受けて、改善や修正を行いながら進めることで、プロダクトの品質と適応性を向上させることが可能です。

開発チームのやる気と生産性の向上

アジャイルプロジェクトマネジメントでは、チームが自己組織化され、個人の主体性が求められます。

チームはタスクの割り当てや進捗管理を自ら行い、自身の責任を持ってプロジェクトを推進します。

このような自己組織化の環境は、チームメンバーのモチベーションを高めるでしょう。
創造性やイノベーション、生産性の向上が期待できます。

アジャイル型プロジェクトマネジメントを導入して効率的なプロジェクト運営を目指そう

アジャイル型プロジェクトマネジメントは、従来のウォーターフォール開発に比べて柔軟性と迅速性に重点を置いたアプローチです。

この手法では、顧客のフィードバックを頻繁に取り入れながら、短い期間で反復的な開発を行います。

アジャイルのフレームワークとしては、スクラム、カンバン、エクストリームプログラミング(XP)などがあります。

アジャイルはツールを使うことで効率的に導入でき、中でもタスク管理やカンバンなど、プロジェクトマネジメントに欠かせない機能が豊富なLychee Redmineがおすすめです。

プロダクトの価値向上を図るためにも、ツールも駆使しながらアジャイル型プロジェクトマネジメントの導入を進めてみましょう。

合わせて読みたい

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

「仕事やプロジェクトが多くて管理が大変」 「管理が苦手で効率良く仕事ができない」 このような悩みでお困りではありませんか? 仕事やプロジェクトは納期が設定されて.....

このエントリーをはてなブックマークに追加