すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

「アジャイル開発とウォーターフォール開発はどんな違いがあるのだろう?」

「アジャイル開発を成功させる方法を知りたい」

上記のようなお悩みを抱える方も多いでしょう。

本記事では、アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを比較します。

後半では、アジャイル開発の成功に効果的なプロジェクト管理ツールを紹介します。

自社における開発プロジェクトの変革を目指す方はぜひ参考にしてください。

アジャイル開発とウォーターフォール開発の違い

最近耳にする機会が増えたアジャイル開発と、以前から活用されていたウォーターフォール開発には、どのような違いがあるのでしょうか。

本章では、両開発手法の違いを解説します。

ウォーターフォーム開発とは?

ウォーターフォール開発とは、あらかじめ実装する機能や仕様を決定し、システムを開発する手法です。
設計・コーディング・ユーザーテスト・リリースなど、各工程を確実に完了し、すべてのプロセスが終了するとシステムが完成するといったイメージです。

システム企画〜詳細設計などの上流工程から、コーディング〜ユーザーテストなどの下流工程までを一連の流れで進めるため、滝を意味する「ウォーターフォール」と呼ばれます。

ウォーターフォール開発の歴史は長く、日本国内でも1970年代から利用されている最もポピュラーな開発手法です。
IPAの調査によると、日本の開発プロジェクトの内97.4%でウォーターフォール開発が採用されています。

あらかじめシステムの要件や仕様、開発計画を設定するため、プロジェクトの進捗・コスト・リソースを管理しやすい点が魅力です。

ただ、原則的に前工程への手戻りが想定されていないため、計画外の仕様変更やトラブルが発生した場合、柔軟に対処できない点はデメリットといえるでしょう。

合わせて読みたい

ウォーターフォール開発とは?アジャイル開発との違いや特徴を解説!

ウォーターフォール開発とは?アジャイル開発との違いや特徴を解説!

「開発現場が忙しすぎる」 「いつも開発の納期に間に合わない」 このような悩みをお持ちではありませんか? 開発は目の前のタスクをこなしていくだけでは無駄が多く、き.....

アジャイル開発とは?

アジャイル開発とは、小さな開発サイクルを何度も繰り返す手法です。

開発の基本的な工程は以下のようになります。

  1. 設計
  2. コーディング
  3. テスト
  4. リリース

アジャイル開発では、開発の工程において一部の機能ごとに開発サイクルを構築します。

例えば、基本機能を開発する場合、設計からリリースまでの工程を完了したのち、オプション機能の設計〜リリースまでの工程を進めるなどです。

アジャイル開発の一番の特徴は、短期間でシステムをリリースできる点です。

仮にシステムのすべてが完成していない場合でも、基本機能さえ構築すればリリースできるため、短期間でシステムを構築できます。

アジャイル開発はこれまで耳にする機会の少ない手法でしたが、システムを素早く市場投入できるとして、注目されています。

また、開発工程が細かなサイクルに細分化されているため、急な仕様変更や修正に対応しやすい点も魅力です。
一方、開発工程が細分化されるため、スケジュールや進捗の管理が難しい点はデメリットといえます。

合わせて読みたい

アジャイル開発ツールのおすすめ5選!導入メリットや料金を解説

アジャイル開発ツールのおすすめ5選!導入メリットや料金を解説

受け入れテスト工程で発生する顧客との認識齟齬の発覚や、顧客要望の取り込み等で、想定よりも大幅に工数増が発生する事態は多くの現場で発生しているものではないでしょう.....

アジャイル開発とウォーターフォール開発の相違点

アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いは、開発工程の進め方です。

アジャイル開発は、システム開発という大きなプロジェクトを細分化し、サイクルを繰り返す手法です。

一方で設計などの川上からコーディングなどの川下へ作業を進める手法が、ウォーターフォール開発です。

このほかにも、アジャイル開発とウォーターフォール開発には以下の違いがあります。

  アジャイル開発 ウォーターフォール開発
開発期間 短期間 長期間
マネジメント 難しい 簡単
柔軟性 高い 低い
進捗状況 難しい 簡単
プロセスの改善効果 高い 低い
開発のクオリティ 状況によっては落ちる 一定水準に保てる
テスト頻度 多い 少ない
開発者の作業範囲 全工程を対応 工程ごとに対応

アジャイル開発とウォーターフォール開発は、それぞれにメリット・デメリットがあります。

双方の特徴を十分に把握し、プロジェクトの特性に合わせて使い分けることが大切です。

アジャイル開発とウォーターフォール開発のメリットを比較

アジャイル開発とウォーターフォール開発にはそれぞれ以下のメリットがあります。

  アジャイル開発 ウォーターフォール開発
メリット
  • 開発〜リリースまでのリードタイムが短い
  • 急な仕様変更にも対応できる
  • 顧客のニーズを反映させやすい
  • 開発計画を策定しやすい
  • 成果物の品質を保ちやすい
  • さまざまなプロジェクトに転用できる

本章では、アジャイル開発とウォーターフォール開発、それぞれのメリットを解説します。

アジャイル開発のメリット

アジャイル開発のメリットは、以下の3つです。

  1. 開発〜リリースまでのリードタイムが短い
  2. 急な仕様変更にも柔軟に対応できる
  3. 顧客のニーズを反映させやすい

順に見ていきましょう

開発〜リリースまでのリードタイムが短い

1つ目のメリットは、開発〜リリースまでのリードタイムが短いことです。

アジャイル開発は機能・サービスごとに開発を進め、優先度が高いものからその都度リリースする手法です。

そのため、システムの全域を完成させてからリリースするウォーターフォールよりも、リードタイムを短縮できます。

開発工程で手戻りや修正が生じた場合でも即座に対処でき、プロジェクト全体への影響が少ない点もメリットです。

開発工程の時間ロスを最小限にとどめられるため、システムを短期間で開発できます。

急な仕様変更にも柔軟に対応できる

2つ目のメリットは、急な仕様変更にも柔軟に対応できる点です。

アジャイル開発では、機能ごとに設計からリリースまでの工程を繰り返し、システムの完成を目指します。

そのため急な仕様変更があっても、次回の開発サイクルに改善点を盛り込むなど、柔軟に対処できるのです。

顧客のニーズを反映させやすい

3つ目のメリットは、顧客のニーズをシステムに反映させやすいことです。

前述のとおり、仕様変更に柔軟に対応できることで、ユーザーの要望をシステムに反映しやすくなります。

例えば、市場トレンドの影響を受けやすいSNSやECサイト、スマホアプリなどでは、その都度ニーズに合った機能・サービス開発が求められます。

このような案件では、迅速かつ柔軟性のあるアジャイル開発が大きなアドバンテージとなるでしょう。

合わせて読みたい

アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを比較!

アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを比較!

「アジャイル開発とウォーターフォール開発はどんな違いがあるのだろう?」 「アジャイル開発を成功させる方法を知りたい」 上記のようなお悩みを抱える方も多いでしょう.....

ウォーターフォール開発のメリット

一方、ウォーターフォール開発のメリットは、以下の3つがあげられます。

  1. 開発計画を策定しやすい
  2. 成果物の品質を保ちやすい
  3. さまざまなプロジェクトに転用できる

上記3つのメリットを順に紹介します。

開発計画を策定しやすい

1つ目のメリットは、開発計画を策定しやすいことです。

ウォーターフォール開発は最初にシステムの完成までに必要な機能や工程を洗い出し、緻密な計画を立てた上で作業に着手します。

開発計画にある工程を1つずつこなすことで、システムが完成するため、スケジュールや予算を事前に把握しやすいです。

成果物の品質を保ちやすい

2つ目のメリットは、成果物の品質を保ちやすいことです。

原則的にウォーターフォール開発では、1つの工程を完了しなければ次の工程に着手しません。

各工程で成果物の品質を確認し、万が一不具合がある場合は都度修正されるため、最終的な成果物の品質が高くなりやすいです。

また、ウォーターフォール開発のプロジェクトは、計画通りに遂行されるため、振り返りや効果の検証をしやすい点が特徴です。

よい点を次回のプロジェクトへ活かし、問題点を修正するといった改善サイクルを踏みやすいため、成果物の品質を向上させやすい手法といえます。

さまざまなプロジェクトに転用できる

3つ目のメリットはさまざまなプロジェクトに転用できることです。

ウォーターフォール開発は、開発工程を上流から下流へ順番に進めていくシンプルな開発手法です。

経験が少ないプロジェクトマネージャーでも管理がしやすく、大小さまざまなプロジェクトに転用できるのは、ウォーターフォール開発ならではの魅力といえます。

ただし、開発計画の策定者によって成果物の品質が変動する点に注意が必要です。

アジャイル開発とウォーターフォール開発の使い分け

アジャイル開発が適している開発プロジェクトは、短納期もしくは仕様変更が想定されるプロジェクトです。

小さな開発サイクルを繰り替えすアジャイル開発は、まさにスピード重視の開発手法といえます。

しかし、管理者の能力によって成果物の品質が大きく左右される点に注意が必要です。

一方、ウォーターフォール開発は仕様変更が少なく、リリース時に一定の品質が求められるプロジェクトに適しています。

ウォーターフォール開発は計画段階で作業工程の全域を設定するため、仕様変更の多いプロジェクトとは相性が悪い手法です。

ただ、計画段階で成果物の品質をある程度予測できるため、クライアント・ユーザーを確実に納得させたい場合には効果的な手法といえます。

アジャイル開発を成功させるならLychee Redmineがおすすめ

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Lychee Redmineは、6,000社以上の導入実績を持つプロジェクト管理ツールです。

カンバン機能をはじめ、ガントチャートやタイムマネジメントなど、アジャイル開発に役立つ機能が多く備わっています。

本章では、Lychee Redmineのアジャイル開発に役立つ4つの機能を解説します。

合わせて読みたい

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

【解説】Lychee Redmineの詳細や料金を紹介

タスクやメンバーなどさまざまなプロジェクト管理ができるツール「Lychee Redmine」。 大手企業をはじめ中小企業まで約4,000社以上から導入されている.....

1. ガントチャート

ガントチャートはプロジェクトの進捗管理に適した手法です。

Lychee Redmineではガントバー作成やタスクの追加など、日頃よく使われる操作をドラッグ&ドロップで操作できます。

カンバンとの連携機能もあり、入力したデータが即座に反映されます。

アジャイル開発でガントチャートを用いる場合は、プロジェクトではなく開発サイクル単位での管理がおすすめです。

合わせて読みたい

Redmineのガントチャートとは?特徴と基本操作を紹介

Redmineのガントチャートとは?特徴と基本操作を紹介

「どのタスクをいつまでに終えるべきなのか、わからなくなってしまう」 「進捗の遅れを放置してしまい、大きな問題になりがち」 こうした悩みをお持ちではないでしょうか.....

2. タイムマネジメント

タイムマネジメントを適切に実施するためには、正確なデータが必要不可欠です。

正確なデータを得るためには、開発メンバーから日々正確な工数を入力してもらう必要があります。
開発メンバーの負担を減らしつつ、より正確に入力してもらうためにも、プロジェクト管理ツールの操作性は重要な判断基準です。

Lychee Redmineの工数入力は、ドラッグ&ドロップだけで可能です。
また開発メンバーの予定や実績を直感的に把握でき、ミーティングなどの予定も容易に立てられます

3. リソースマネジメント

Lychee Redmineのリソースマネジメント機能は、目標時間に対する現状をリアルタイムに把握できます。

プロジェクトやバージョンなどの項目ごとに確認もできるため、さまざまな角度から柔軟な集計・分析が可能です。

メンバーの空き状況やタスクの偏りなどもすぐにわかるように設計されているため、リソースの再配分も容易にできます。

4. コスト分析

コスト分析は、作業工数に基づいた費用を算出できる機能です。
工数に対して支払ったコストから生み出される収支をリアルタイムで可視化できます。

Lychee Redmineのコスト分析機能は、プロジェクトごとに予算を設定することで分析可能です。

各グループで作業メンバーを割り当てることもできるため、単価と作業時間から費用を算出できます。

交通費や外注費といった経費も登録できるので、コスト全体をまとめて管理できます。

アジャイル開発とウォーターフォール開発を使い分けプロジェクトを推進しよう

本記事では、アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを比較しました。

アジャイル開発は、小さな開発サイクルを繰り返しシステムを構築する手法です。

一方のウォーターフォール開発は、あらかじめ実装する機能や仕様を決定し、システムを開発する手法です。

それぞれの手法にはメリット・デメリットが存在するため、プロジェクトの特性に合わせて使い分けることが大切でしょう。

アジャイル開発に着手し自社における開発プロジェクトの変革を目指す方には、Lychee Redmineがおすすめです。

今ならスタンダードプランを30日間無料でお試しいただけます

実際に利用し、さまざまな機能を試ししたい方は、お気軽にご利用ください。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加