「タスク管理してもいつもうまくいかない」

「いつも仕事に追われタスクの整理や管理する暇もない」

このような悩みは、職場でたびたび耳にする話です。

日々仕事をする中で発生する業務のタスク管理に困った経験はありませんか。

もしかすると、チケット管理を導入することでその悩みが解決されるかもしれません。

今回は、チケット管理ツールとその中でもおすすめのLychee Redmineについて解説します。

この記事を参考にしていただき、チケット管理についての理解を深めましょう。

チケット管理とは

    引用元:Lychee Redmine

チケット管理とは、実施すべきタスクをチケットとして管理する方法です。

チケット管理では全タスクの作業内容や緊急度、期日といった詳細を細かく管理するので、問題が起きても時系列でたどっていけばすぐに気づきます。

チケット管理はエンジニアでの開発現場で頻繁に使用される手法ですが、エンジニアに限らずプロジェクト管理全般で使用できる考え方です。

チケット管理では、まずはタスクを漏れなくチケット化することから始めましょう。

チケット管理ツールを使用するメリット3点

ここでは、チケット管理ツールを使用するメリットを紹介します。

①タスクを共有しやすくなる

チケット管理ツールを使用することでタスクが可視化されるため、メンバー同士のタスクが共有されやすくなります。

PM(プロジェクトマネージャー)がチケットの消化状況を確認すれば、プロジェクト全体の残タスク量が把握ができ、全体的な進捗度合いも確認できます。

もし共有の漏れが原因で、多くの無駄な業務やミスが発生していた職場であれば、チケット管理ツールの導入で共有の漏れを防ぐことが可能でしょう。

チケット管理で、作業の進捗や残作業の把握がとても簡単になります。

②ログが残るため、次に生かせやすい

チケット管理ツールを使用することで、過去のログを確認できます。

チケット管理では、タスクごとに詳細な内容や作業の変更があった際、その都度、時系列で記録されます。

そのため、もし過去にさかのぼってトラブルの原因を突き止めたい時や、次に同じようなミスが起きないように振り返りたいという時でも、手軽に使えるのが特徴的です。

タスクのログが残ることで過去を生かす、振り返る、応用するなどのアクションが可能になるので、次々と業務改善がなされるチームになるでしょう。

③業務が効率化される

チケット管理ツールにより業務が分業化されると、業務の効率化が促されます。

PMはチケットを発行し、役割やメンバーの得意不得意に応じて作業を分割し、結果として組織的に効率的な仕事を進めることができます。

例えば、プログラマーはプログラム関係のタスクのみに集中させ、比較的誰でもできる業務で発生する事務作業はアルバイトに任せるということも可能です。

このようにチケット管理ツールにより分業化が容易になり、業務の効率化が進みます。

チケット管理ができるツールを5つご紹介!

ここからチケットでタスクの管理ができるおすすめのツールを5つご紹介します。

以下記事でもタスク管理におすすめのツールを紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

関連記事はこちら>> タスク管理はクラウドの時代!選び方やおすすめツールをご紹介

①Lychee Redmine(ライチレッドマイン)

引用元:Lychee Redmine

Lychee Redmine(ライチレッドマイン)はチケット管理だけでなくガントチャートやカンバンなど、プロジェクトの管理に必要なあらゆるタスク管理ツールが備えられています。

以下はチケット管理やガントチャート、カンバン以外のLychee Redmineで使用できる機能例です。

  • タイムマネジメント
  • プロジェクトレポート
  • CCPM
  • EVM(出来高管理)
  • 機械管理

このように機能が充実しているので、カスタマイズ性に優れます。

またUIが充実しており、使い勝手は非常にシンプル、操作は直感的に可能です。
そのため上級者だけでなく初心者でも、幅広く使えるチケット管理ツールです。

Lychee Redmineの料金体系について、以下で表にまとめました。

プラン 月額料金 ユーザー数 チケット数 機能
フリー 0円 無制限 5,000件 タスク管理
カンバン
ファイル共有
スタンダード 800円 無制限 無制限 タスク管理
ガントチャート
カンバン
ファイル共有
プレミアム 1,200円 無制限 無制限 スタンダード+
工数リソース管理
EVM
コスト管理
CCPM
エンタープライズ 要問合せ 無制限 無制限

全ての機能

Lychee Redmineについて詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事はこちら>>【Lychee Redmine】リソース管理ツールの詳細を解説

関連記事はこちら>> Lychee Redmineとは?機能やメリットについて詳しくご紹介

②Asana(アサナ)

   引用元:Asana

Asana(アサナ)は、世界的に導入が進んでいるプロジェクト管理ツールです。

軽快な動作と直感的な画面操作により、どのような人でも簡単に扱えるのが特徴になります。
チケット管理も可能です。

例えば、タスク管理ツールをまだ使用したことのなメンバーの多い場合でもAsanaであれば比較的楽に導入できます。

Asanaはこの優れた操作性とUIにより、人気のあるツールです。

プラン 料金(月額) 無料お試し期間 機能
Basic 0円  – タスクや個人的なTo-Doを管理するための機能
Premium 1,200円 30日 Basicよりさらに充実した機能がプラス
・タイムライン
・無制限のダッシュボード
・カスタムフィールド
など
Business 2,700円 30日 Premiumよりさらに充実した機能がプラス
・ポートフォリオ
・承認リクエスト
・校正
など

③Backlog(バックログ)

   引用元:Backlog

Backlog(バックログ)は、チームメンバーの担当作業と進捗を見える化できるタスク管理ツールです。

プロジェクトの業務で発生するタスクなどの進捗状況を一括して管理が可能です。
他にもGitリポジトリとして利用しソースコードの管理もできます。

主にエンジニア向けのツールなので、エンジニアではない方が利用する場合用語が分からず使いづらく感じる可能性も。

またコミュニケーションに関する機能はないので、メッセージのやり取りは他のツールを使う必要があります。

有料ですが、全てのプランが30日間無料で使用することが可能。
まずは気軽に使ってみてはいかがでしょうか。

プラン 料金(月額) ユーザー数 プロジェクト数 容量
プラチナ 55,000円 無制限 無制限 2GB
プレミアム 21,780円 無制限 無制限 5GB〜
スタンダード 12,980円 無制限 100件 5GB/1ユーザー
スターター 2,640円 30ユーザー 5件 10GB/1ユーザー

④Trello(トレロ)

   引用元:Trello

Trello(トレロ)は、かんばん方式のチケット管理ツールです。

直感的な操作ができ、タスクの管理が非常にしやすいのが特徴的で、初心者でも難なく使いこなせるでしょう。

Backlogと同様、コミュニケーションに関する機能はありません。

そのため、別のツールも一緒に使う必要があります。

無料のフリープランでも比較的使える機能は豊富なので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

プラン 料金(月額) ボード数 機能 容量
フリー 0円 10 自動コマンドの実行 50 回/月
無制限のアクティビティ ログ
担当者と期限
iOS および Android モバイル アプリ
2 要素認証
10MB/1ファイル
ビジネスクラス 1,370円 無制限 フリー+
高度なカスタマイズ機能
250MB/1ファイル
エンタープライズ 要問合せ 無制限 全ての機能 250MB/1ファイル

⑤Redmine(レッドマイン)

   引用元:Redmine

Redmine(レッドマイン)では「チケット」という名称でタスクを管理します。

Redmineはオープンソースのプロジェクト管理・課題管理ソフトウェアなので、無償で入手し使用できます。

ですが使用には自社サーバーへのインストールなど、少々専門的な知識も必要です。

そのため経験者向けのチケット管理ツールといえます。

Lychee Redmineでチケット管理をしてみよう!

今回は、チケット管理とそのツールについて紹介しました。

チケット管理は、エンジニアのチームや大規模なプロジェクトを取りまとめるのに向いている管理手法です。

適切に実行することで、タスクの共有や分業化が進み業務が効率よく進みます。

またチケット管理にはツールの使用が欠かせませんが、ツールの中でもLychee Redmineは初心者でも使いやすい操作性が売りで非常におすすめです。

無料お試しも可能なので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

すべての機能を無料で
30日間お試し

シンプルなUIで大規模な案件も一気に見える化
タスクの漏れを防いでプロジェクトを前に進めます

Pocket

このエントリーをはてなブックマークに追加