プロジェクトをスムーズに進めるためには、適切なプロジェクト管理ツールの活用が不可欠です。プロジェクト管理ツールはタスク管理、コラボレーション、進捗トラッキングなどの基本的な機能を提供し、プロジェクトの成功に寄与します。

本記事では、2024年におすすめの無料ツールを10選ご紹介します。使いやすさや拡張性、日本語対応など、様々な観点から選出されたツールを詳しく紹介します。プロジェクトを効率的に推進したい方は必見の内容です。

無料でも使える!プロジェクト管理ツールとは?

無料のプロジェクト管理ツールは、プロジェクトの計画・実行・監視を効果的に支援します。

具体的には、タスクのリストやカンバンボードを提供し、プロジェクト全体や各タスク進捗の視覚的な追跡を可能にします。また、共同作業やコミュニケーションを強化するための機能も備えており、リアルタイムで情報共有が可能です。

基本的な機能は無料で提供され、柔軟で使いやすいインターフェースが特徴です。ただし、プロジェクトの成長に伴い、必要とする機能が変化し、有料プランが必要になることがあります。

合わせて読みたい

無料プロジェクト管理ツールを比較!導入メリットと選び方を解説

無料プロジェクト管理ツールを比較!導入メリットと選び方を解説

無料で使えるプロジェクト管理ツールをお探しの方も多いでしょう。本記事では、7つの無料プロジェクト管理ツールを紹介し、導入メリットと選び方をお伝えします。導入する.....

無料のプロジェクト管理ツールを選ぶときのポイント

ここでは、無料のプロジェクト管理ツールを選ぶときのポイントを紹介します。

メンバー数

ツールの無料プランでは、メンバー数の上限や制限が存在するケースがあります。ツールの無料プランで利用可能なメンバー数を確認しましょう。

例えば、20人のチームなのに無料版では10人しか使えないツールだと、使い勝手に影響が出ます。加えて、チームが将来的に拡大する可能性がある場合、登録可能なメンバー数に余裕があるツールを選びましょう。

データ容量

プロジェクトに関連するデータ(ファイル、ドキュメントなど)の容量制限があるか確認します。大量のデータを取り扱う場合は、十分なストレージ容量が必要です。

ファイルのアップロードや共有がスムーズに行えるかどうかも重要です。データの取り込みやダウンロードが容易であるか確認しましょう。無料のプランの場合、データ容量が少なく設定されているケースもあります。足りなくなった際に有料版に移行できるかも含めて検討しましょう。

機能性

タスク管理、プロジェクト進捗の把握、カレンダーなどの基本的な機能が備わっているかは重要です。プロジェクトの要件に基づいて、必要な基本機能を備えているか確認しましょう。

柔軟にカスタマイズ可能なツールであれば、チームのワークフローに合わせて調整できる場合もあります。プラグインや統合機能も考慮すると尚良いでしょう。また、チーム内でのコミュニケーションや共同作業を円滑に行うために、コメント・通知・リアルタイム更新機能などが含まれていると有用です。

日本語対応

ツールの管理画面や操作は、日本語で提供されているものが便利です。ユーザーはストレスなく操作でき、トラブル時にも日本語サポートがあれば素早く解決できます。

アプリ対応

プロジェクト管理ツールがモバイルアプリを提供しているか確認しましょう。アプリが利用可能であれば、移動中やオフライン時にもプロジェクト情報にアクセスできるからです。

例えば、電車内で立ちながらでもスマートフォンでツール内の情報が確認可能です。営業などで外に出ているメンバーが多いチームには、特にアプリ対応は重要といえます。

導入形態(クラウド型・オンプレミス型)

基本的には、スモールスタートが可能で、インターネット環境があればどこでも使えるクラウド型のツールがおすすめです。

クラウド型のツールはインターネット経由でアクセスが可能です。また、データのバックアップやセキュリティなどが提供されることが一般的です。

一方でオンプレミス型のツールは自社のサーバーに導入されるため、データの管理やセキュリティを企業内でコントロールできます。ただし、導入とメンテナンスには一定の負担がかかります。

有料プランの有無

ツールが無料で提供されている場合、その制約や機能制限を理解しましょう。プロジェクトの規模が大きくなると、有料プランが必要になることがあります。

有料プランがある場合、その価格体系や提供される機能を検討しましょう。必要な機能やメンバー数に対してコストが適切であるか吟味すべきです。

合わせて読みたい

【2024年】プロジェクト管理が無料でできるおすすめツール10選

【2024年】プロジェクト管理が無料でできるおすすめツール10選

プロジェクトの作業効率を上げられるツールを探してはいないでしょうか。当記事では、無料で使えるプロジェクト管理ツールの選び方からおすすめツールを紹介します。費用を.....

無料のプロジェクト管理ツールを利用するメリット

無料のプロジェクト管理ツールは、小規模プロジェクトや個人利用においてメリットがあります。なぜなら、コストをかけなくても基本的な機能を利用できるからです。

ただし、無料版には利用制限や機能制約があるため、大規模プロジェクトや高度な機能を求める場合は有料プランへの移行が必要です。

また、無料版はセキュリティ面に注意が必要です。セキュリティ対策やデータの保護策は、無料ツールでは不十分な場合があります。やむを得ず無料版を使う場合も、ツールの提供元やサポート体制を確認し、信頼性の高いツールを選択しましょう。

無料で使えるプロジェクト管理ツールおすすめ10選

ここからは、無料でも有用なプロジェクト管理ツールを10個紹介します。

Lychee Redmine(ライチレッドマイン)

Lychee Redmine

Lychee Redmine(ライチレッドマイン)は、ガントチャートや工数管理など、豊富な機能を揃えたプロジェクト管理ツールです。

プロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」を使ってみる。(30日間無料・自動課金なし)

カスタマイズ性に富んでおり、小規模から大規模なチームまで幅広い組織に有用です。セキュリティ面でも、情報セキュリティ・マネジメントシステム ISO27001 認証を取得しており安心できます。

フリープランは基本機能(ワークフロー・通知設定・ファイル共有・Wiki)とカンバン機能の限定された機能しか利用できませんが、有料プランはガントチャートをはじめすべての機能が利用できます。

有料プランは30日間の無料トライアル期間を提供しています。無料期間終了後も自動課金されることもないためリスクなく始められ、その価値を実感できるはずです。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム[★一番人気] 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

ClickUp(クリックアップ)

引用:ClickUp

ClickUp(クリックアップ)は、多機能かつ柔軟なプロジェクト管理ツールです。

タスク管理、ドキュメント共有、チームコラボレーション、カレンダー表示、ガントチャートなど、様々な機能が統合されています。ユーザーは自分のワークフローに合わせてカスタマイズでき、視覚的にプロジェクトを把握できることが特徴です。

有料版の上位プランでは、より高度な機能が利用できます。

Taskworld(タスクワールド)

引用:Taskworld

Taskworld(タスクワールド)は、タスク管理、プロジェクト計画、コミュニケーションを一元化するプロジェクト管理ツールです。

視覚的なボードとリストビューでタスクを整理し、迅速な状況把握が可能です。コラボレーション機能としては、コメント、ファイル共有、チームメンバーとのリアルタイムコミュニケーションなどがあります。

無料トライアルが提供されていますが、プランによって利用可能な機能が異なります。

Bitrix24(ビトリックス24)

引用:Bitrix24

Bitrix24(ビトリックス24)は、プロジェクト管理、コラボレーション、コミュニケーションなどを統合したオールインワンのビジネスプラットフォームです。

タスク管理、カレンダー、ドキュメント共有、チャット、ビデオ通話などが一元的に提供され、ビジネスプロセス全体をサポートします。

クラウド型とオンプレミス型の両方の導入形態があり、無料プランも提供されています。

Freedcamp(フリードキャンプ)

引用:Freedcamp

Freedcamp(フリードキャンプ)は、プロジェクト管理、タスクトラッキング、ファイル共有、カレンダー、チームコラボレーションなどを統合したプロジェクト管理ツールです。

直感的なインターフェースと使いやすい機能が特徴で、無料プランにも基本的な機能が含まれています。

プロジェクトの規模に応じて有料プランも提供されています。

Jira Software(ジラソフトウェア)

引用:Jira Software

Jira Software(ジラソフトウェア)は、アトラシアン社が提供する強力なプロジェクト管理ツールで、特にソフトウェア開発プロジェクトに向いています。

AgileやScrum、Kanbanなどのアジャイル開発手法をサポートする機能として、課題トラッキング・スプリント計画・リリース管理などが備わっています。Jiraは拡張性が高く、多くのプラグインや統合が可能です。

Wrike(ライク)

引用:Wrike

Wrike(ライク)は、柔軟で直感的なインターフェースを備えたクラウド型のプロジェクト管理ツールです。

タスク管理、プロジェクト計画、リアルタイムコラボレーション、リソース管理などが統合されています。Ganttチャートやリソース管理機能を利用すれば、プロジェクトの進捗やチームの負荷を可視化できます。

誰でも使える無料プランが提供されています。

Airtable(エアテーブル)

引用:Airtable

Airtable(エアテーブル)は、データベースとスプレッドシートを組み合わせたプロジェクト管理ツールで、柔軟さと使いやすさに特徴があります。カスタマイズ可能なビュー、タスクの追跡、ファイルの添付、カレンダーの利用など、プロジェクトデータを直感的に管理可能です。

個人利用や小規模なプロジェクトに向いており、無料プランが提供されています。

Taiga(タイガ)

引用:Taiga

Taiga(タイガ)は、オープンソースで提供されているアジャイルプロジェクト管理ツールで、スクラムやかんばんなどのアジャイル開発手法をサポートしています。

タスク管理、ユーザーストーリー、バックログ管理などが統合され、プロジェクト全体の進捗を視覚的に把握できます。無料プランがあり、柔軟なカスタマイズも可能です。

Hive(ハイブ)

引用:Hive

Hiveは、プロジェクト管理、タスクトラッキング、コミュニケーションを効率的に統合するプロジェクト管理ツールです。直感的なユーザーインターフェースとシンプルなデザインが特徴で、チームで協力してプロジェクトを進める上で適しています。

Ganttチャート、カレンダー、リソースプランニングなど、プロジェクトの進捗を視覚的に把握できる機能が充実しています。また、リアルタイムでのコラボレーションやチャット機能も利用できます。

合わせて読みたい

【2024年】無料のおすすめプロジェクト管理ツール10選

【2024年】無料のおすすめプロジェクト管理ツール10選

プロジェクト管理ツールには、優秀な機能を無料で使えるものが多くあります。そこで今回は、コストをおさえたうえで業務効率を改善したい方に向けて、無料で使えるプロジェ.....

無料のプロジェクト管理ツールで不十分な場合は有料版も検討しよう

無料のプロジェクト管理ツールは現場で役に立つものですが、プロジェクトが成長すると機能の不足を感じることがあります。有料版では、より高度な機能や利用者数の拡張が可能で、効率的なプロジェクト管理が期待できます。

プロジェクトの要件や規模に応じて、無料版の制約を感じたら有料版へのアップグレードを検討しましょう。Lychee Redmineは30日間の無料トライアルができるので、ぜひお試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加