製品を管理する者と直訳されるプロダクトマネージャー
プロダクトマネージャーは、どのような役割を持つ職種なのでしょうか。

また、プロダクトマネジメントの詳細やプロジェクトマネージャーとの違いを詳しく知りたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、プロダクトマネージャーの概要や役割から必要なスキルまでを解説します。

プロダクトマネージャーとは?

プロダクトとは、製品や生産物の意味から、企業または個人が顧客に販売する製品を示す言葉です。
また、プロダクトマネージャーの職務は製品にまつわる開発や、生産のプロセスから製品のマーケティング戦略まで多岐に渡ります。

本項では、プロダクトマネージャーの概要について、プロダクトマネジメントに必要な要素およびプロジェクトマネージャーの違いから解説します。

合わせて読みたい

プロジェクトマネージャーとは?仕事内容から役立つ資格まで解説

プロジェクトマネージャーとは?仕事内容から役立つ資格まで解説

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの責任者のことです。 プロジェクトを引っ張る立場として、計画立案から進行管理、顧客との各種交渉など、さまざまなタスクを.....

プロダクトマネジメントには何が必要?

プロダクトマネージャーは、文字通りプロダクトマネジメントを行う者を指します。
ひいては、プロダクトマネジメントに必要な要素を理解することがプロダクトマネージャーを知る第一歩といえるでしょう。

さて、プロダクトマネジメントは製品にまつわる様々な事柄をプロデュースすることを指します。
ついては、製品における開発や生産の範囲に留まらず、製品がなぜ必要でどのように販売すべきかというマーケティングの視点が必要です。

上記では、ユーザーエクスペリエンス、つまり、ユーザーが製品やサービスを用いて得られる体験を考慮し、技術やビジネスと掛け合わせる視点が重要となります。
したがって、プロダクトマネジメントはユーザーのニーズを正確に把握・分析し、技術的アプローチで解決に導き、ビジネスへと昇華する役割が求められるといえます。

また、ユーザーエクスペリエンス・技術・ビジネスの融合には、社内外を問わず多くの人々の協力により成功に至るケースがほとんどです。

以上より、プロダクトマネジメントには製品に関する技術的な知識に基づく把握・分析、および社内外へのコミュニケーション力が必要だといえるでしょう。

プロジェクトマネージャーとはどのような違いがある?

プロダクトマネージャーと混同しやすい役割にプロジェクトマネージャーがあります。

プロダクトマネージャーは、市場のニーズに基づいて製品を開発する理由を考察し、どのような製品が必要かを検討する役割を持ちます。

一方、プロジェクトマネージャーは決められた期間の職務を全うできるように管理する役割です。
具体的には、製造業やシステム開発における製品の生産に対して、品質・コスト・スケジュールのような、より現実的に製品の管理を担当する役割があります。

そのため、プロダクトマネージャーは市場の調査に基づいて製品を企画する役割に重きを置いているのに対し、プロジェクトマネージャーは製品の完成などの任務の完遂に重きを置いている点が違いといえるでしょう。

プロダクトマネージャーの役割とは?

前項では、プロダクトマネージャーを、プロダクトマネジメントに求められる事柄や、プロジェクトマネージャーとの違いから解説しました。

プロダクトマネジメントは、マーケティング戦略から製品と関わる役職です。
では、プロダクトマネージャーは具体的にどのような役割を果たすのでしょうか。

本項では、プロダクトマネージャーの役割をニーズ分析・製品の企画・ビジネス展開の観点から解説します。

合わせて読みたい

システム開発で大切なプロジェクト管理とは?

システム開発で大切なプロジェクト管理とは?

システム開発を行う際、さまざまな人が協力してプロジェクトを進めます。 特に大きな企業で開発を行う場合は、多くの人がチームを組んで開発を行うことが普通です。 シス.....

ニーズを分析する

プロダクトマネージャーは、製品を開発するにあたって市場や利用者のニーズを的確に分析し、問題の解決に至るアプローチを提案する役割を担っています。

新しい製品を企画するためには、市場のニーズや人々の悩みに答える品物を考える必要があります。
なぜならば、どれだけ多機能な製品を開発しても求める人がいなければ、製品としての価値が上がらないからです。

例えば、携帯電話とスマートフォンの関係があげられます。
日本におけるスマートフォンは、2010年では約10%の普及率であったにもかかわらず、2021年には約90%にまで伸び、現在では携帯電話の販売が縮小をたどる結果となりました。

理由は、ユーザーが国内向けのワンセグやお財布ケータイの機能を持つ携帯電話よりも、全世界をターゲットとしてパソコンとほぼ同等のWebサービスを実現したスマートフォンを選んだからだと言われています。
上記は、スマートフォンが携帯電話よりもユーザーのニーズをとらえていたことに他なりません。

このように、ユーザーのニーズは売上や事業そのものの行方を左右する重要な要素だとわかります。

そこで、重要な役割を果たす役職がプロダクトマネージャーです。
プロダクトマネージャーは、市場のニーズを分析して、求められる製品を企画する重大な役割を持ちます。

以上より、プロダクトマネージャーは製品を開発するにあたって欠かせない役割を持つといえるでしょう。

製品の企画および目的を明確にする

プロダクトマネージャーには、明確な目的を持って製品を企画する役割があります。

製品の開発には、技術的なアプローチの模索や、コストや納期の制約など様々な角度からの検討や選択が必要です。
製品を作る目的に曖昧さがあると、開発における多くの検討や選択を繰り返す中、市場やユーザーのニーズが離れていく可能性を否定できません。
そのため、製品の開発には明確な目的を把握し、指揮・監督する役職、つまりプロダクトマネージャーの存在が必要となります。

以上より、プロダクトマネージャーは製品を開発する目的を十分に理解し、技術的な可否や現実的な計画およびプロセスを監督する役割も含んでいるといえるでしょう。

製品のビジネス展開を画策する

プロダクトマネージャーの役割には、製品をビジネス展開に向けて計画を立てることも含まれます。

製品のビジネス展開には、ニーズを技術的アプローチで解決するため、ユーザーエクスペリエンス・技術・ビジネスにおけるそれぞれの視点を融合させ最善となる戦略の立案が必要です。

そこで、プロダクトマネージャーは上記を実現すべく、ユーザーのニーズを開発者および製作者と共有し、アイデアを収集します。
そして、ニーズに基づいた目的への忠実さ・価値・実現の可能性を評価および順位付けし、具体的な発売日や計画に応じた開発や改良の道筋を決定します。

また、プロダクトマネージャーは画策した戦略における成果の分析も重要な責務です。
したがって、実際に開発がスタートしてからも進捗の状況や関係者の貢献度を把握し、必要に応じて調整しながらニーズに近づけていく必要があります。

以上より、プロダクトマネージャーは開発の思想から携わり、ユーザーの声を聴くことで更なる商品の開発につなげる役割を担うといえるのではないでしょうか。

プロダクトマネージャーに必要なスキルは3つ!

前項では、プロダクトマネージャーの役割を、ニーズ分析・製品の企画・ビジネス展開の観点から解説しました。
では、プロダクトマネージャーの役割を全うするためには具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか。

本項では、プロダクトマネージャーに必要なスキルを3つ紹介します。

合わせて読みたい

ステークホルダーマネジメントはプロジェクトに重要!概要やコツを説明

ステークホルダーマネジメントはプロジェクトに重要!概要やコツを説明

「プロジェクトにいつも横やりが入る」 「いつも何らかの衝突がプロジェクトで起きている」 このような思いを持ちながら、プロジェクトに取り組んでいませんか? プロジ.....

調査する力

プロダクトマネージャーに必要なスキルには、調査する力があります。

新製品を企画するためには、市場の動向やユーザーのニーズに対する調査が必要です。
上記を最適な形で行うには、ターゲットとする市場の規模に応じて、政治的・経済的な状況や年代別のトレンドなど幅広い知識を要求されます。
そして、自社における技術力やコストおよび人的リソースを考慮して、実現の可能性を含めて分析する必要があります。

したがって、プロダクトマネージャーには豊富な知識に基づく分析や調査力が求められるといえるでしょう。

状況を把握する力

プロダクトマネージャーには、状況を把握する力を求められます。

市場のニーズを調査・分析を行うには、市場やユーザーの動向を正確に把握することが大前提です。
仮に、状況の把握が不正確であれば、完成にたどり着いた新製品が市場のニーズとマッチせず、売上が芳しくない状況に陥る可能性もあります。

また、プロダクトマネージャーは開発中の製品にも目を光らせる必要があります。
なぜならば、プロダクトマネージャーの責務には開発の方向性にズレがないかを監督する役割も含まれているからです。

ついては、プロダクトマネージャーは製品の企画から実現までに渡って、市場の動向や開発プロセスの状況を正確に把握する力が必要だといえるでしょう。

コミュニケーション力

プロダクトマネージャーには、コミュニケーション力も必須のスキルです。

製品の開発にあたってユーザーエクスペリエンス・技術・ビジネスをつなげるには、ユーザーとの対話により本質的なニーズをつかんだり、開発・製作・販売など業務に関わるスタッフに目的を説明したりする必要があります。
また、上記は相手にただ情報を伝えるだけではなく、伝える相手の理解や納得を得ることで開発の成功を加速させることにもなりえます。

以上より、プロダクトマネージャーはユーザーから本質的なニーズを引き出したり、社内の様々な部署を調整するなどのコミュニケーション力が必要だといえるでしょう。

プロダクトマネージャーにはLychee Redmineがおすすめ!

Lychee Redmine

前項では、プロダクトマネージャーに必要なスキルとして状況を把握する力を紹介しました。
状況の把握は業務上の多くの場面で必要となるスキルです。

特に、プロダクトマネージャーは製品に携わる範囲が広く、多くの情報から的確な判断が求められます。
そのような場において、開発プロセスの可視化や製品計画のシミュレーションが可能なツールは、よりスムーズな状況把握や、最適な計画の立案につながります。

そこで、おすすめするツールがLychee Redmineのプロジェクト管理ツールです。

Lychee Redmineは、シミュレーションモードおよびガントチャートによる進捗の可視化を実現できるプロジェクト管理の専門ツールです。
また、Lychee Redmine は7,000社以上に導入され、ガントチャートの満足度はNo.1を誇る実績を持ちます。

さらにLychee Redmineの有料プランは、30日間の無料トライアル期間も設けているので、リスクを最小限にして試すことができます。

この機会に、アジャイル開発のプロジェクト管理にLychee Redmineを使ってみてはいかがでしょうか。

プラン 月額料金 利用機能
フリー 無料
  1. 基本機能
  2. カンバン
スタンダード 900円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
プレミアム[★一番人気] 1,400円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8.  CCPM
ビジネス 2,100円
  1. 基本機能
  2. ガントチャート
  3. カンバン
  4. ダッシュボード
  5. 工数リソース管理
  6. EVM
  7. コスト管理
  8. CCPM
  9. プロジェクトレポート
  10. カスタムフィールド
  11. チケット関連図
  12. グループの階層化機能

Lychee Redmineでプロダクトマネジメントを進めよう!

プロダクトマネージャーは、製品の開発にマーケティングから携わり、ユーザーの声を聴くことで、さらなる商品の開発につなげる役割を担います。

また、プロダクトマネジメントには市場の調査や分析から開発プロセスの指揮・監督も責務に含まれます。

そこで、スムーズに開発の状況を把握し、最適な計画を立案するためにLychee Redmineのプロジェクト管理ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

30日間の無料トライアル期間も設けているので、ぜひお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加